一緒にいて楽しくないって別れのサイン?

2021年9月16日

 

 

 

今回は「一緒にいて楽しくないって別れのサイン?」というテーマでお届けしたいと思います。

 

彼氏と一緒にいるにも関わらず「楽しくない」「なんだか退屈」だと感じてしまう事ってありますよね。

 

せっかくカップルでいるにも関わらず「相手と一緒にいて楽しくない」なんて感じてしまったら残念な気持ちになってしまいます。

 

「一緒にいても楽しくない」なんて思ってしまったら付き合っている意味も薄れてしまいますよね。

 

今回はそんな悩みを持っているあなたに「ぜひ持っていておくべきマインド」と「具体的な対応策」を紹介します。

 

→[実体験]彼の気持ちが分からない・・・そんな私が本当の彼の気持ちに気が付けた裏技

 

 

一緒にいて楽しくないと感じる理由

 

まずはあなたが相手と一緒にいても「楽しくない」と感じてしまう理由について考えてみましょう。

 

これから紹介する内容をしっかりと把握し、「いかにして自分は楽しくないと感じてしまうのか」ということを抑えてくださいね。

 

基本的にカップルにおいて「楽しくない」という感情は好ましいものではなく、避けるべき感情だと心がけましょう。

 

しかし「一緒にいて楽しくないという感情」実は大きな転機の合図でもあります。

 

メリットもデメリットも存在するので、まずは下記の内容を参考にしてみてください。

 

理由①相手を好きでなくなってしまった

 

理由のひとつ目は「相手を好きではなくなってしまった」ということなんですね。

 

「相手を好きでなくなってしまった」にであれば、好きではない人と一緒にいるということになりますし、そうなると当然「一緒にいて楽しくない」と感じてしまうことでしょう。

 

なんらかのきっかけが原因で相手に冷めてしまう事はいつだってありえる事ですし、好きでなくなってしまった人と「一緒にいる」事を楽しくないと感じてしまうのも無理はありません。

 

最近彼氏との関係に悩んでいるのであれば、あなたと彼氏のやり取りを振り返ってみる事をおすすめします。

 

「相手を好きでい続ける事ができているか」「相手をそもそも好きか」を考えましょう。

 

そもそもなぜあなたとあなたの彼氏が付き合うこととなったのか思い出してみてください。

 

「本当にこの人しかいない」「この人とどうしても付き合いたい」と心の底から思うことはできましたか?

 

もしそうでないのなら、その恋愛は正しいものではなかったといえるかもしれません。

 

あなたが心の奥底でどこか妥協してしまっていたり、どこかでなんとなく付き合っていたということはありませんか。

 

「浅い恋愛」というのは長続きはしません。

 

理由②相手を尊敬できなくなってしまった

 

「相手を尊敬できなくなってしまった」場合も「一緒にいて楽しくない」と感じてしまう要因の一つです。

 

カップルの関係において特に重要なのは「好き」という感情よりも「尊敬している感情」です。

 

「好き」という感情は一時的なのですが、「尊敬」という感情はとても大切。

 

「リスペクト」のあるカップルはトラブルになる可能性も低く、関係が長期にわたって続きます。

 

リスペクトがなくなってしまったカップルは「一緒にいて楽しくない」と感じてしまうのですね。

 

そもそもなぜ、「相手に対してのリスペクトを失ってしまったのか」を考えてみると良いでしょう。

 

尊敬できなくなってしまった理由

特に付き合いたてのカップルに多いのが、「相手の汚い部分を見てしまった」「相手の見たくない部分を見てしまった」ということなんです。

 

付き合いたてのカップルというものは「相手に対する期待値が高い」ために、少しでも相手の汚いところを見てしまうと一気に冷めてしまう事が多いのですね。

 

原因は「あなた自身が相手に期待しすぎていないか」ということであり、「相手の汚い部分をどこまで許せるか」にあるといえるでしょう。

 

「完璧な人間」なんてこの世には存在しません。

 

カップルというものは「お互いに長い時間を過ごす相棒」のようなもの。

 

だからこそ「どれだけ相手の生活に自分自身を合わせてあげる事ができるか」という点に集中しないといけません。

 

人を変える事はできませんが、「自分を変える事」はできます。

尊敬できないのは致命的

「相手を尊敬できない」ということはまず非常に致命的な事だといえます。

 

長続きするカップルは「根底に相手に対しての尊敬の念」があるということなんですね。

 

相手に対する尊敬を持つことができないのは非常にまずいので、何とかしなければなりません。

 

理由③相手と共通する話題がない、共感できない

 

 

「相手と共通の話題がない、あるいは共感ができない」ということも考えられます。

 

やはりカップルの話題においては「話題」というのは非常に重要なポイントなんですね。

 

話題が合わない、考えに共感できていないカップルはどうしても「一緒にいて楽しくない」と感じるものです。

 

付き合いたてのカップルの場合、お互いにまだ知らないことばかりで「相手の話を聞き出そうとする」「自分の関心を共有しようとする」ため話題のストックが切れにくいのですね。

 

しかし付き合ってある程度時間が経ってくると「なんだか話す話題もなくなってしまった」「沈黙が耐えられない」などということに。

 

恋愛経験が浅いと「自分の汚い部分を見せることができない」などと思ってなかなか素の部分を相手に見せることができません。

 

「一緒にいて楽しくない」と感じた時に行うべき対策

 

それでは「一緒にいて楽しくない」と感じた時に行うべき対策について考えていきましょう。

 

「楽しくないな」と思ったのであれば「なぜ楽しくないのか」ということを考えたうえで「いかにして対策をとるか」が重要です。

 

「楽しくない」という感情をそのままにしていても何も始まりませんしもしもあなたが相手との関係を良好なものにしたいのであれば「いかにして対策を行うか」が重要になってきます。

 

「どのようにして相手との関係を構築するのか」「相手との理想の関係性をどのようにして構築するか」を第一に考えてみましょうね。

 

行うべき対策①相手がどういった価値観を大事にしているか考える

 

一度立ち止まって「相手がどのような価値観を大事にしているのか」をきちんと理解してみると発見があるはずです。

 

まず安心してほしいのは、最初からうまくいくカップルなんてそもそもほとんど存在しません。

 

相手のことを最初から理解しあっているカップルなんていないし、相手を理解しようとするからこそ恋愛は奥深いのですね。

 

友人や知人などに協力してもらいつつ、あなたの彼氏がどのような価値観を大事にしているかということや、彼氏の家族がどのような家庭環境だったのかなどを把握してみると理解が深まるはずです。

 

注目するべきは彼氏の両親がどのような人物なのかということ。

 

親は子供の鏡です。

 

相手の思考を大事にしてあげる

相手の思考を大事にしてあげることはカップルにおいて非常に効果的な事。

 

人間は「思考する生き物」であり、根底には「価値観」というものが必ずあります。

 

相手の根底に存在する価値観を肯定してあげること、そして理解してあげる姿勢を示すことは相手の好感度を高める要因になるのは間違いありません。

 

常日頃から相手はどのような考えを持っていて、どのような価値観を大事にしているのかを理解する事。

 

そしてさらに大事なのは相手に対して「相手の考えを理解しようと試みている姿勢を伝える」ということです。

 

あなたがいかに心の中で相手に対する理解を示そうと思っていても、言葉にしたり行動に示さないと相手に伝わりません。

 

特に男性は人の気持ちを理解する能力が女性よりも高くないので、言葉や行動で積極的に伝えていきましょうね。

 

行うべき対策②読書をする、人に会う

 

 

人と一緒にいて「この人といても楽しくないな」と感じてしまうのは①あなた自身に原因がある②相手に原因がある、この②つに必ず限られます。

 

この②つの問題を解決できる唯一の方法は「自分自身が変わること」です。

 

残念なことに人は人を変えることはできません。

 

だからこそ、人間関係を変えるためには「自分自身が変わるしかない」のです。

 

具体的には「自分自身が相手を受け入れることのできる器」「知識や会話のパターンを身につける」ことが近道なんですね。

 

相手に期待しない事を学び、あなた自身の人間力を身につけることで様々な視野が手に入ります。

 

読書をすることで考え方を広くする

読書を通じてあなた自身の考えや思考を広げ、相手に対して与える事ができる人間になるのが大事です。

 

思考のパターンが多い人は柔軟に物事を考える事ができますし、自分と異なる考えに対しても否定することがなくなります。

 

思考のパターンが増えれば相手を否定することがなくなり、相手の考えに対して理解を示してあげる事ができます。

 

これはつまり、「カップルのトラブル」を避ける事につながるのですね。

 

行うべき対策③相手の良いところを探す

 

人間力を高めることができればどんなことに対しても寛容に振る舞えます。

 

相手の良いところを見つけ出し、「何がベストなのか」を考えられる人間になれるといいですね。

 

常日頃から「相手のこういう部分は尊敬できるな」ということを彼氏に限らず探してみるべきです。

 

「他人のあらさがし」なんかしたところであなたにメリットは一つもありません。

 

人間は悪い事や良くない事を考えれば考えるほど、その人に悪いことや良くないことが降りかかるようになっています。

 

日ごとから明るく様々な人に付き合って居る人には「良い出来事」が訪れるようになります。

 

「他人からもらってばかりの人間」になるのではなく、「他人に対して与えられる人間になること」こそが実は一番の近道になるのですね。

 

普段から他人に対して穏やかで与得る事ができるようになると、自然と人に恵まれますし「良い出会い」「良い発見」ができるようになっていくはずです。

 

行うべき対策④一旦、距離を置く

 

簡単にできてかなり効果のあるおすすめの対策が「一旦距離を置く」という方法です。

 

一度距離をおいてお互いの関係を見直してみると実は意外な発見があるものなんですね。

 

距離を置くためにはいろいろなやり方があります。

 

「バイトが忙しい」「学業が忙しい」などといって連絡頻度をあえて減らしてみるといいです。

 

距離をおくことの一番のメリットとしては、「男性の本能をくすぐることができる」ということ。

 

「彼と一緒にいても楽しさを感じない」というのはつまり「マンネリ化」してしまっているといえるでしょう。

 

一緒にいて楽しくなくても大丈夫

 

ここまで「一緒にいるのに楽しくない事」に対する対処法などを説明してきましたが、まずあなたが押さえておくべき事は「相手と一緒にいて楽しくないと感じても大丈夫」だということ。

 

「一緒にいて楽しくない」と感じるというカップルは大勢いますし、何も悪い事はありません。

 

言い換えれば「相手に慣れてきた」「関係が落ち着いてきた」といえる事ですし、これはつまりあなたと相手との関係が「より親密になってきた」ということなんです。

 

長く続くカップルは多かれ少なかれ、基本的に相手に対して「飽き」「慣れ」を感じています。

 

これは悪い事でもなんでもなく、あなたが不安に思う必要はないということなんですよね。

 

「相手に対して慣れや飽きを感じてしまった」ともしも思っても、それは「別れ」を意味するものではないのです。

 

「カップルの安定期に入った」と考える事もできるのです。

 

 

 

まとめ

 

今回は「一緒にいて楽しくないのはなぜ?こんなときどうすれば?」というテーマでお届けしました。

 

せっかく付き合って居るにもかかわらず「一緒にいて楽しくない」なんて感じてしまったらとっても残念な気分になりますよね。

 

そんなときにぜひ行ってほしいことを紹介した内容となっています。

 

不安になったり、お互いの関係性を考え直す人もいるかもしれませんね。

 

少しでも心当たりのある方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

「理論」を抑えつつ、「実践」を怠らないようにしましょう。

 

少しでも参考になれば幸いです。

 

今回も記事を読んでくれてありがとうございました。

 

また、この記事では「分からなかった彼の気持ちに気が付けた方法」について実体験に基づいた話を紹介しています。

 

「彼の気持ちがなんだか分からない」「なんだかあの人とすれ違ってしまう」と悩んでいるあなたはぜひ参考にしてほしい内容となっています。

 

「なんだか彼の気持ちが分からない」「なんだかモヤモヤしてしまう」と少しでも思っているのであればぜひ一読してみてくださいね。

 

→気が付けなかった彼の気持ちに気が付くことができた秘訣はこちら