付き合って2ヶ月だけど不安な時の教科書

この記事は約6分で読めます。

付き合って2カ月だけど不安な時の教科書

今回は「付き合って2ヶ月だけど不安な時の教科書」というテーマでお届けしたいと思います。

「付き合って2カ月なんだけど、不安を感じている」「彼との関係に満足しているけど不安」そんな風に悩んでいる女性は少なくありません。

この記事では付き合って2カ月だけど不安に感じているあなたにむけて作成しました。

紹介している内容をあなたが読み込むことにより、「なぜ不安に感じているのか」「具体的にどんなところに気をつければいいのか」という事が分かるはずです。

付き合ってまだ時間がたっていないとしても不安を感じることはよくある事。

大事なことは「いかにして現実と向き合うか」という事なんですね。

この記事を書いた人

付き合って2ヶ月だけど不安な理由

付き合って2カ月だけど不安に思っている理由について説明していきます。

あなたがなぜ、「不安に感じているのか」という事は下記を見れば理解できます。

付き合っているうちに不安に思う事というのはたくさんあるはずです。

大事な事は「漠然と不安を抱えたままにする事」なく「どういった点に不安を抱いているのか」を考えることです。

2か月という期間は短く、まだお互いに本当の自分を打ち明けられていない場合が多いのが現実。

まだまだ相手の悪いところもわからないし、こちらの悪いところも相手に伝わっていないでしょう。

だからこそ不安を感じてしまいますよね。

けれど大丈夫。しっかりと相手との関係を考え抜いてキッチリと向き合う事が出来れば問題ありません。

さっそく具体例を見ていきたいと思います。下記を参考にしてどれに当てはまるか考えましょう。

好きでなくなった

よくある不安の原因は「好きでなくなってしまった」という事です。

カップルにおいて「相手を好きでなくなってしまう」という事は往々にして起こります。

そういったときに考えるべきことは「どうしたら相手を好きになれるか」を考えることです。

「なぜ好きでなくなってしまったのか」「どうして相手に関心をなくしてしまったのか」という部分を徹底的に考え、そして行動していくことが大切です。

主な理由としては下記が考えられるでしょう。また、併せて対策も紹介しておきますね。

付き合い始めた時の熱意が無くなった

「付き合い始めた時はあれだけ好きだったのに今では全然好きでない」というのは「熱しやすく冷めやすい」情熱型に多いタイプ。

付き合いたてのころに好きであれば好きであるほど、その後の関係が冷え込む度合いが強いのですね。

人間はずっと同じ状態で好きで居続けることはできません。したがって、ピークを過ぎると冷めてしまうという事。

いかにして冷めてしまった後の関係修復を行うのかという点について考える必要があります。

あるいは、付き合いたての時になぜ自分があれだけ熱心に彼の事を好きでいられたのかを考える事。

可能であればもう一度と「彼にどうやったら熱意を持てるか」考えるといいでしょう。

考えたうえで、思いついた熱意をどうやったらもう一度再燃できるかきちんと考えることです。

実はそこまで好きではなかった、ほかに気になる人ができてしまった

よくあるのが「実はそこまで好きではなかったけれどなんとなく雰囲気とノリで付き合ってしまった」という事。

2か月という短い期間の間では相手の良いところや本当に悪いところなども見れていないので、まずはじっくり向き合ってみるとよいでしょう。

そのうえでやはりどうしても合わないと感じるのであれば別れてしまうのもベスト。

関心のない人と過ごす時間ほど無駄なものはありません。

本当につらいときは第三者に相談しよう

あなたがもし心当たりがあり、とってもつらい気持ちでいるのであれば第三者に相談することをお勧めします。

人間、一人ではどうしてもなんともできない事が起こるものです。

そんな時には頼れる第三者に相談することから初めて見て下さい。

おすすめなのが「電話占い」の先生に相談することです。

何人もの恋愛相談を受けてきたまさしくプロの占い師の先生があなたに

プロの占い師による占いは当たると評判で、占いによって人生に大きな転機をもたらした人達が大勢います。

知人や友人に相談してみるのも悪くはないのですが、それよりも何百人と相談を受けてきた先生に相談するほうがスッキリするはずです。

気になる方は「電話占いランキング」をまとめたのでこちらを参照してみてください。

相手の嫌な所が目に付くようになった

「相手の嫌なところが目に付くようになった」というのも大きなサインの一つ。

付き合った初めのころは相手が一番で最高の彼氏だと思っていたけれど、「なんかここは許せない」「えっこんなこと言うの」なんて相手にがっかりする事も。

2カ月程度付き合ってくると、もうお互いがお互いにそれなりに慣れた関係で接しあえるようになるため、隠していた本性がバレます。

その結果、相手の思わぬ発言や最初のころのイメージとは異なる裏の顔を見てしまい、思わず驚いてしまうのですね。

付き合い立てカップルの最初の難関といえるでしょう。ここを突破しなければ「お互いが本心を見せ合えるカップル」にはなれません。

「本当の恋愛」とは「相手の嫌なところも受け入れることができる事」だといえるでしょう。

「相手の嫌なところも含めてあなたが許容できるかどうか」でそのあとにが決まってくることを常に意識しておいてくださいね。

相手が冷たくなった

「相手が冷たくなった」と感じるとき、多くの女性が不安に思う事は間違いありません。

付き合って2カ月ほどすると、お互いに多少は打ち解けて自分たちの本心を徐々にさらします。

しかしそれがゆえに相手に対して不安感を抱いてしまう事もあるのです。

具体的に言うと「本心を見せた事で相手が冷たくなったように感じる」もの。

付き合った最初のほうは相手に対して「気を使ったり」、「優しく」したりするもの。

なぜかというと、やはり付き合って間もない時には相手に対して普段よりも過剰に接するからです。

ある程度関係に慣れてきてお互いが本性を見せ合うようになると、今まで「作っていた態度」がはがれ「本当の自分」を見せるようになります。

「付き合いたての態度」と「付き合って慣れてきた時の態度」に差があると感じてしまうためにどうしても相手に対して「なんだか冷たい」とあなたは感じてしまうのですね。

ここで重要なことは、もしあなたが相手を「冷たい」と思ったとしても、相手にとっては実は「冷たくしている気がない」可能性があるということ。

あなたにとっては冷たいと感じてしまうことも、相手にとっては実は冷たくなんてしていないかもしれません。

だからこそ注意してほしいのは「相手にそっけなくふるまう」「相手に対して過剰に反応する」ことはやめましょう。

相手は全然悪気がないのにも関わらず、あなたが相手に対して嫌な態度をとってしまうとそれが引き金になって険悪なムードにつながる危険があります。

冷静沈着に、相手の立場に立ってみて考える事を忘れないようにしてくださいね。

まとめ

今回は「付き合って2ヶ月だけど不安な時の教科書」というテーマでお届けしました。

「付き合って2カ月で不安になる」という事自体は悪いことではありません。

付き合って2カ月というのはちょうど相手との関係にも慣れてくるタイミング。

相手の良くないところや自分の良くないところが相手に知られるタイミングでしょう。

したがって2カ月目で関係に少し揺らぎが出てしまったり、お互いにすれ違いや喧嘩なども起こる事はよくある事です。

不安に思ったときに重要なのは「冷静さ」と「ポジティブさ」です。

常に前を向いて、お互いがお互いに高めあえるような良好な関係を考えましょう。

今回も記事を読んでくれてありがとうございました。

また、この記事では「分からなかった彼の気持ちに気が付けた方法」について実体験に基づいた話を紹介しています。

「彼の気持ちがなんだか分からない」「なんだかあの人とすれ違ってしまう」と悩んでいるあなたはぜひ参考にしてほしい内容となっています。

「なんだか彼の気持ちが分からない」「なんだかモヤモヤしてしまう」と少しでも思っているのであればぜひ一読してみてくださいね。

→気が付けなかった彼の気持ちに気が付くことができた秘訣はこちら

タイトルとURLをコピーしました