復縁をするべきか悩むときに絶対にすべきこと

2021年8月5日

 

 

今回は「復縁をするべきか悩むときに絶対にすべきこと」というテーマでお届けしたいと思います。

 

「復縁をしたい」「復縁するにはどうすればいいのだろう」このように考える人は少なくありません。

 

今回は、そういった悩みを抱えるあなたに向けた内容となっています。

 

復縁するための方法論を知りたいと感じているあなたはぜひ参考にしてみてほしい内容となっています。

 

これから紹介する内容をきちんと把握しておくことで、「理想的な復縁」を実現することが簡単に感じるはずです。

 

復縁をするべきか悩むときに絶対にすべきことを押さえておいてくださいね。

 

復縁をするべきか悩むときに絶対にすべきことって?

 

復縁するべきか悩むときにするべきことは意外と多いのですが、冷静に物事を把握してみるとそれほど難しいことではありません。

 

下記の選択肢をはっきりと把握し、「自分がいま何をするべきなのか」ということを念頭に考える癖を身につけましょう。

 

細かいところにも気を付けることで、きっと新しいものが見えてくるはずです。

 

「何をするべきなのか」「何を意識するべきなのか」ということを強く意識しておくことで必ず道は開けるはずですよ。

 

諦めず、へこたれずに積極的に行動を積み重ねていきましょうね。

 

すべきこと①復縁した後を考えてみる

 

まず最初にするべきことは「相手と復縁した後を考えてみる」ということです。

 

復縁には様々なきっかけがあるものです。

 

だからこそ「復縁」をどのようにしていくべきなのかをきちんと考える事が重要なんですね。

 

復縁というものに関して「悪いイメージ」を持っていない事も大事ですし、「ポジティブなイメージ」をいかに持てているかも重要です。

 

きちんとしたセルフイメージを保つ事さえできれば大きく失敗することはありません。

 

ユウジ
ユウジ
「そもそもなぜ別れてしまったのか」という側面についてきちんと把握していることが重要。

復縁が失敗する人に限って「きちんと別れた理由」を理解していない事が多数。

「どういった点が良くなかったのか」をきちんと理解することにまずは時間を使ってほしい。

 

なるべく良いイメージを考える事がなによりも大切

復縁を考えるにあたって、「イメージトレーニング」は非常に重要な要因です。

 

その中でも「良いイメージ」を常に持ち続ける事ができるか、「良いイメージ」を復縁に抱けるかどうかが結果を左右します。

 

いくらイメージトレーニングの回数を増やしたところで、「悪いイメージ」ばかりを想像してしまうと良くない結果をもたらします。

 

人間は「想像したこと」を現実にしてしまう生き物です。

 

「悪いイメージ」を引き寄せてしまうと「本当に悪い結果」をもたらす生き物なんですね。

 

したがっていかに「良いイメージ」だけを考えるかどうかが重要なのですが、その際にコツがあります。

 

まずは「復縁に成功している人達で周囲を固める」「復縁に成功した話だけを聞く」ように心がけましょう。

 

「復縁とは良いものなのだ」「復縁はきっと成功するに違いない」といったモチベーションをあなたが持つことで、実際に成功する確率も上げる事が可能です。

 

「自分が想定している通りに物事は決まる」ということを常に意識しましょう。

 

味方を増やす

「復縁に対して前向きであり続ける事」こそが「復縁成功の第一歩」であることは間違いありません。

 

一方で「味方を増やす」ことも非常に重要なポイントの一つ。

 

具体的に言うと、「あなたの復縁を応援してくれる応援団」を徹底的に周囲に囲む事。

 

「復縁に対して前向きであり続ける」には、「あなたの復縁を応援してくれる味方」を周囲に置き、常にあなたをバックアップしてくれるような環境を整える事。

 

周囲の人間が常にあなたの復縁に対して応援してくれるのであれば「復縁したいな」と思うはずですよね。

 

復縁に対しても前向きになりますし、積極的にもなれるのが大きなポイント。

 

すべきこと②復縁したいのかどうかを考える

 

また、「そもそも復縁したいのかどうか」という点についてもきちんと把握しておくと良いでしょう。

 

復縁したい気持ちがあるかないかは非常に重要なポイントとなってきます。

 

それはあなた自身に「復縁したい気持ちがあるかどうか」ということもそうですし、「相手に復縁したい気持ちがあるか」ろいうことも同じことが言えます。

 

復縁は「あなただけが復縁をしたい」と思っていても叶うものではありません。

 

なぜならば復縁は「お互いがお互いを必要としている」ことによってはじめて成り立つものだからです。

 

片方が猛烈に「復縁したい」と思っていても、片方が全く「復縁したくない」と思っていても意味がないのですね。

 

だからこそあなたはもし復縁したいと感じたら「相手にも復縁したい」と思わせる必要が出てきます。

 

すべきこと③第三者に相談する

 

困ったときには第三者に迷わず相談しましょう。

 

復縁を失敗しがちな人の特徴のひとつに「あまりにも主観的すぎる」「周囲の意見を聞けず、客観的に物事を判断できない」ということがあげられます。

 

復縁を成功する人に「他人の意見を聞かない人」はいません。

 

復縁という難易度の高いゲームを攻略するためには「客観的に状況を判断する能力」が必要不可欠なのです。

 

ユウジ
ユウジ
「復縁」は戦場だと思っていい。相手のライバルはたくさんいるかもしれないし、準備はしすぎるにこしたことはない。

 

そもそも「復縁」というものは「一度別れたカップルがよりを戻す事」ですよね。

 

つまり場合によっては「同じ失敗を繰り返してしまう」可能性が高いということ。

 

冷静になり、「過去の恋愛から学んだことを新しく利用する」「何が失敗だったのかを冷静に判断する」ために客観的な視点が何よりも必要です。

 

そのためには第三者の相談は避けて通れないといえるでしょう。

 

恋愛のプロに聞く

ここでおすすめなのが「電話占い」です。

 

プロの占い師による占いは当たると評判で、占いによって人生に大きな転機をもたらした人達が大勢います。

 

気になる方は「電話占いランキング」をまとめたのでこちらを参照してみてください。

 

恋愛のプロに相談することにより、「自分がどういった状況にいるのか」という状況把握を的確に行うことが可能です。

 

また、占いを駆使して「いまあなたが何をするべきか」「相手がどういった感情を抱いているのか」といった深いことまで聞くことが可能です。

 

友人や家族に相談

 

事情を知っている友人や家族に相談してみることもおすすめな方法です。

 

友人や家族であれば近い関係なのであなたの思考や行動パターンが手に取るようにわかるはず。

 

したがって、復縁する前の失敗も理解してくれる場合が多く助かる助言を貰える可能性が高いです。

 

注意点としては「相手側の友人や家族などともコンタクトを取っておくようにする」ことを心がける事。

 

自分に近い人だけの意見だけではやはり偏りが出てしまい、相手側の友人などともコンタクトをとることでバランスを取りましょう。

 

あなたが元カレと復縁したほうが良い場合

 

「元カレと復縁したほうがいいのか」「復縁しないほうがいいのか」と悩んだときには、すぐ行動する前に立ち止まって考えてみましょう。

 

これから紹介するパターンを抑え、「どういう場合であれば復縁したほうが良いのか」ということをきっちりと把握しましょう。

 

自分の状態と照らし合わせ、何をするべきなのかを意識してください。

 

感情的になりすぎるのはNG。客観的に物事を判断するように心がけてくださいね。

 

復縁したほうが良い場合:お互い好きなまま別れてしまった場合

復縁したほうが良い場合のまずひとつめは「お互い好きなまま別れてしまった場合」です。

 

仕事の都合やなんらかのトラブル、行き違いなどでどうしても「すれ違ってしまう」ことはあること。

 

「お互い好きだったけど、別れてしまったカップル」というのはたくさん存在します。

 

「どうしようもない出来事」「どうしようもできないこと」によって引き離されてしまった場合、別れるのは仕方ありません。

 

「復縁できるのであればしてみたい」「もう一度彼と付き合いたい」、そのようにあなたが思うのであれば復縁する価値はありです。

 

今一度過去の出来事を振り返ってみて「復縁したほうがいいのか」「なぜ別れてしまったのか」ということについて考えましょう。

 

復縁したほうが良い場合:お互い復縁を考えている場合

お互い復縁したほうがいい、ともしも思っているのであればぜひ復縁すべきでしょう。

 

両者とも復縁するべきだと思っているならば、復縁してしまう越したことはありません。

 

重要なことは「相手が本当に復縁したいと思っているかどうか」を確かめるということでしょう。

 

「相手が本当にあなたと復縁したいと思っている」のであれば、ぜひとも積極的に復縁を提案したいところ。

 

具体的には、相手の友人とコンタクトを取り「元カレの気持ち」をしっかりと探るようにしたり、元カレと直接連絡を行い意思疎通を図るのです。

 

「元カレは私と復縁したいと思っていたけれど勘違いだった」なんてことにならないように気をつけましょうね。

 

復縁したほうが良い場合:周囲の人から復縁したほうが良いと言われる

 

復縁したほうが良い場合の3つ目の理由は「周囲の人達から復縁したほうが良い」と言われるかどうかです。

 

周囲の人たちがあなたとあなたの元カレとの関係を良好なものだと思っている場合、やはりカップルとして適切だったと言えるのです。

 

案外、第三者からの意見や視点というのはあたっていることが少なくありません。

 

友人や知人に声をかけ、「あなたとあなたの元カレの関係はどういうふうに写っていたか」を聞いてみると良いでしょう。

 

その際に「すごっくお似合いのカップルだと思っていた」「とても似合っていた」などという意見がお世辞ではなく聞こえてくるなら復縁の価値はあります。

 

ヒアリングする際は「本音」を話してくれる友人を選ぶと良いでしょう。

 

あなたに変な気を使ってしまい、結局本当の意見を聞けない、なんてことだけは必ず避けるようにしないといけません。

 

続いては「復縁しないほうが良い場合」について教えます。

 

復縁しないほうが良い場合

 

「復縁すべきか迷っていて、なおかつ復縁したほうが良い場合にも当てはまらなさそう。どうすれば」と思っていませんか?

 

そんなときはぜひこちらで紹介する「復縁してはだめな場合」について目を通して頂き、きっちりと考えるようにしましょう。

 

復縁してはだめな場合は「復縁したほうが良い場合」よりも精度が高いです。

 

なぜならば、人はポジティブなことやものよりもネガティブなものやことに引っ張られるからです。

 

どうしても悩んでしまう人はまず「ネガティブな理由」にフォーカスして考えるべきでしょうね。

 

復縁した後の未来が描けない

 

よくある理由の一つに「復縁した後の未来が描けない」ということが挙げられます。

 

この理由は一見抽象的なのですが、非常に重要なケースなんですね。

 

人間は「理性」と「本能」の生き物です。

 

「理性」だけでは判断でしきれないとき、直感という「本能」を利用してみてください。

 

あなたが直感的に「この人とは将来を描けない」「この人とはなんとなく一緒にいるイメージが浮かばない」ということであれば、その感覚を大事にしましょう。

 

人間の直感というのは案外当たるものであり、「この人違うな」と思った感覚は大事にすべきものなんですね。

 

あなたも今までなんとなく第一印象が良くなかった人と最終的に仲良くなったり、今でも交際が続いている人はいないか、少ないはずです。

 

復縁も一緒であり、結局は人間関係の一つに過ぎないのです。

 

そのことを念頭に置きつつ、しっかりと相手との関係を見極めることが何よりも重要になってきます。

 

 

身体の相性が良くない、価値観が合わない

身体の相性が良くない、あるいは根底の部分で価値観が合わないということであればこちらも絶対に復縁は見送るべきです。

 

カップルにおいてセックスというのは非常に重要なコミュニケーションの一つ。

 

単なる性欲の発散ではなく、お互いの精神をギュッと結びつけてくれる重要な役割を担っています。

 

したがって、まず「このひとと身体の相性が合わない」「なんだか身体の相性が悪い」「触りたいと思えない」のであれば復縁は控えるべきです。

 

先程もお伝えしたとおり、人間は「本能と理性」の生き物なんです。

 

セックスはお互いの本能の部分を強くし、だからこそ精神的に揺るぎない関係を築くことができる行為なのですね。

 

逆にいうと、身体の相性が良いカップルというのは高い確率でうまく関係が続きますし、身体の相性が良いということは生まれてくる子供も遺伝子的に強い傾向があります。

 

「元カレの体臭が好きだった」という人はいませんか?

 

相手の体臭が好き、というのは遺伝子が離れている証拠であり、遺伝子が離れているカップルから生まれた子供は優秀な遺伝子を持つ傾向にあります。

 

あなたが相手との関係をもう一度考えるのであれば、身体の相性は必須項目です。

 

また同じくらいに重要なのが「価値観の違い」です。

 

相手とあなたとの間に「価値観の違い」がどれくらい存在するのかということは非常に重要になってきます。

 

ここでいう価値観とは「根底にある物事の捉え方」といったほうがいいでしょう。

 

人間は最終的には「同じような価値観」を持っている人間とつるみたくなるものですし、安心します。

 

「どうしても譲れない価値観がある」ということであれば、しっかりと向き合う必要があるのです。

 

相手から学べることが少ない

 

少しでも「一緒にいてこの人から学べることが少ないな」と思ってしまったなら、復縁は控えたほうが良いかもしれません。

 

結局のところ、人は他人から学べる人を心の底では欲しているのです。

 

カップルであれば「お互いを高めあえる関係」であることが一番ベストだと言えるでしょう。

 

お互いに学びあい、向上心を持って日々を一緒に過ごせるかどうかでカップルの質は決まります。

 

学生の間ではまだ「楽しい」「好き」程度の関係でもカップルとして成立しますが、ある程度の年齢になれば「相手からどのような学びを得ることができるか」「相手のどういうところから学びを得られるか」が重要なんですね。

 

いつまでも学生気分のお遊びな恋愛は避けるようにし、「いかにして相手と学び、高め会える関係を作れるか」を意識しましょう。

 

 

復縁するべきかどうか悩んだときに絶対にしてはいけない事

 

今までは「絶対にするべきこと」についてお話してきましたが、同時に「絶対にしてはいけない事」についても知っておくと良いでしょう。

 

復縁に失敗してしまう多くの人が「絶対にするべき事」だけを重視してしまい「してはいけない事」を意識していないのです。

 

「すべきこと」「してはいけない事」の二つを押さえて失敗しない関係作りを行ってくださいね。

 

絶対にしてはいけない事①相手の批判、悪口

 

相手の批判や悪口を言ってしまう事は「絶対にしてはいけない事」の一つだといえるでしょう。

 

とくに別れた後の関係というのは非常に繊細なもので、丁寧に相手と向き合わないとかなりのダメージを受ける事になります。

 

「他人の批判」「他人の悪口」というネガティブな情報は非常に広まりやすく、思わぬところで相手の耳に入るものなんです。

 

「自分は大丈夫だろう」と思っていても、全然大丈夫ではない事はよくあるのです。

 

「相手がどういう気持ちなのか」「批判や悪口は必ず相手に伝わる」ということだけは押さえて注意するようにしましょう。

 

絶対にしてはいけない事②復縁する気がないのに気持ちを装う(その気がないのに思わせぶりな態度をとる)

 

「復縁する気がないのに気持ちを装う」ということも絶対にしてはいけません。

 

あなたに復縁する気がないにも関わらず思わせぶりな態度を相手に示すことは多くの場合、良くない結果を呼び込むといえるでしょう。

 

思わせぶりな態度を示したにも関わらず、「いざそういう雰囲気になった」時に実は復縁する気がないなんてことになれば大きなイメージダウンに。

 

相手からの評価が下がるだけでなく、「思わせぶりな態度をした」として大きな反感を買うだけでなく周囲のあなたに対する評価も大幅に下げることに。

 

「相手に対して真摯に向き合う」ということを常に意識してあげるようにだけしてくださいね。

 

 

まとめ

 

今回は「復縁をするべきか悩むときに絶対にすべきこと」というテーマでお届けしました。

 

誰もが一度は考える「復縁」というイベント。

 

復縁を経験する人は多いのですが、失敗してしまったり復縁を怖いものだと感じてしまっている人も少なくないのが現状です。

 

今回はそういった方のために少しでも「復縁」というものが近いものになれば幸いです。

 

「相手の立場にたって物事を考える癖」を身に着け、いかにして相手に気持ちよくなってもらえるかを意識するといいでしょう。

 

「相手のことを思いやる気持ち」は何よりも勝るものです。