恋愛においては押して引く女が勝つ

この記事は約4分で読めます。

今回は「恋愛においては押して引く女が勝つ」というテーマでお届けしたいと思います。

「気になる男性を振り向かせたい」「楽にこちら優位に進めたい」と思うことはよくあること。

そんな風に思っているあなたにおすすめなのが「押して引く」というテクニックなんですね。

恋愛においては重要なテクの一つで、このテクニックを押さえるとかなり有利になります。

今回は「恋愛において押して引く女が勝つ」というテーマでお届けしたいと思います。

恋愛を有利に運びたいと思っているあなたは必見です。

 

\今だけ限定!無料登録で7大特典付き/

➡無料登録ではじめてみる

 

 

この記事を書いた人

 

押して引く具体的な方法

 

さっそく「押して引く具体的な方法」について説明します。

基本的に下記の流れを意識すれば失敗することはないでしょう。

 

・プロに相談してヒントを得る

・マッチングアプリでキープを見つけておく

・相談して得られた内容を行動に移す

 

プロに相談してヒントを得る

 

ごめんなさい。最初にあなたに厳しい事を言います。

 

一度間違った行いをすると「関係を修復」する事はできないと思ってください。

 

なぜなら男性は一度「ダメだなこいつ」と思ったら、露骨に態度に表れるから。

 

だからこそ、「行動に移す前にプロに相談する」事がめちゃくちゃ大事なんです。

 

失敗する人は「プロに相談していないで間違った行動をしている」から。

 

失敗しない相談先は「占い」がおすすめです。

 

断言します。「占い」を使えば、絶対あなたの思い通りの展開になります。

 

けれど昨今の状況を見るとあまり積極的に外出しにくいですよね。

 

なので今は電話占いがおすすめなんです。

 

そのなかでも「電話占いヴェルニ」会員数25万人の大手電話占いで、サービスのレベルが高いため一番おすすめできるのです。

 

 

 

今だけ限定で7大特典も付けてくれるので無料登録だけでも済ましておいてくださいね。

 

→電話占いヴェルニで先生に相談する

 

マッチングアプリでキープを見つけておく

 

「他に男がいる」と相手に思わせる事ができればたいていの男は連絡してこなくなります。

 

男の心理として「誰かのものの女に手を出すのは嫌」という心理があるからです。

 

マッチングアプリを使い、知り合いの男性をたくさん作っておくといいでしょう。

 

キープが複数いれば心の余裕につながりますし、「他に男がいる余裕」が男にモテるんです。男は追いかける生き物ですからね。

 

 

そんなとき、あなたが使わなければならないのはマッチングアプリです。

 

実はマッチングアプリってめちゃくちゃ「女性に有利」に作られているので、キープ作りに最適なんです。

 

変な人、きもい人は事前にブロックできるし、あなたのタイプの男性を見つけやすい。

 

現在では数えくれないくらいのマッチングアプリがありますが、信頼できるアプリの見分け方は「サクラがいないかどうか」。

 

現状、公式でも「サクラはいない」とアナウンスしているハッピーメールしかおすすめできないです。

 

ハッピーメールは大手ですし、安心できるので必ずチェックしましょう。

 

→ハッピーメールを見てみる

 

相談して得られた内容を行動に移す

 

あなたが「電話占いヴェルニ」相談して得られた内容を行動に移し、実行しましょう。

 

まず安心してほしいのは、「プロに相談して得られたアドバイス」に沿って行動すれば大きな失敗は絶対にしないということ。

 

失敗する人は「全然的外れ」な行動をしてしまい、相手の機嫌を損ねて嫌われます。

 

電話占いヴェルニでは恋愛相談の経験豊富な先生が多数在籍しているため、あらゆるパターンから適切なアドバイスを貰う事ができるのですね。

 

また、ハッピーメールを使う事でたくさんの男性と知り合っておき保険をかけておけば何も怖い事はありません。

 

自信をもって行動してください。

 

まとめ:駆け引きをうまく利用

 

 

今回も記事を読んでくれてありがとうございました。

また、この記事では「分からなかった彼の気持ちに気が付けた方法」について実体験に基づいた話を紹介しています。

「彼の気持ちがなんだか分からない」「なんだかあの人とすれ違ってしまう」と悩んでいるあなたはぜひ参考にしてほしい内容となっています。

「なんだか彼の気持ちが分からない」「なんだかモヤモヤしてしまう」と少しでも思っているのであればぜひ一読してみてくださいね。

→気が付けなかった彼の気持ちに気が付くことができた秘訣はこちら

タイトルとURLをコピーしました