その男性からの好意、勘違いかも?勘違いしがちな好意サイン

今回は「その男性からの好意、勘違いかも?勘違いしがちな好意サイン

というテーマでお届けします。

 

「男性からの好意を感じるけど、これって勘違いかも」って思った

事はありませんか?

 

今回は「実は勘違いしがちなサイン」というテーマでお届けします。

この記事では「勘違いしがちな男性のサイン」について説明していきます。

 

ここで紹介している内容をしっかりと把握する事により、あなたは

「勘違いしがちなサイン」や「好意サイン」を見極めることが可能になります。

 

ユウジ
ユウジ
ある男性の好意が勘違いである可能性は常にあると思ったほうがいい。
この記事を読む事で「一歩引いた視点」を持つことが可能になるはずだ。

 

勘違いしてしまったいけないですよね。
ポン太
ポン太

 

勘違いしがちな好意サイン

 

勘違いしがちな好意サインについてさっそく説明していきます。

下記の内容を良く読み、「勘違いしがちなサインの傾向」を押さえてください。

 

好意サインというのはやはり人によって感じ方が異なるもの。

自分が好意サインだと思っていても、実は行為ではなかったという事が多々あります。

 

ユウジ
ユウジ
「勘違いしがちなサイン」の傾向を知っておく事で、あなたが損する確率を大きく下げる事ができる。

 

①優しい

勘違いしがちなサインの一つとしては「優しい」

という事が挙げられます。

 

優しい男性がいるとついつい「私に好意があるのかも」と

勘違いしがちですよね。

 

しかし、実際は勘違いである場合も多いです。

「優しい」というのは男性の場合、「下心」からくる可能性もあるためです。

 

あなたに好意があって優しくしているというよりかは

「下心」からあなたに対してそのように接しているだけである可能性も。

 

ユウジ
ユウジ
「みんなに対して優しい」のか「あなただけに優しい」のかという視点も重要。
あなただけに優しいのであればまだ可能性はある。

「相手がどのようなタイプの人間なのか」という事を考える事が大切です。

 

「遊んでいる」タイプなのか「真面目」タイプなのかといったことを考えましょう。

 

②笑顔である

「笑顔である」ことも勘違いしがちなサインです。

人間、やはり笑顔で話しかけられると好意的な印象を持ちますよね。

 

「私の事すきなのかも」「私に関心があるのかも」そんな風に

思ってしまいがちなサインの一つだと言えます。

 

しかし「笑顔である事」は「好きだから」というよりかは

社交的なだけ」かもしれない可能性も考えられます。

 

ユウジ
ユウジ
笑顔で話しかけられると気持ちの良いものだ。しかし、そこには落とし穴がある。それはあなたに好意があるかどうかは関係がなく、ただ単に「愛想がいいだけ」の可能性もあるという事。

 

笑顔でいるって事はなんだかそれだけで好意のサインに思われますよね。
ポン太
ポン太

 

③いつも褒めてくれる

「いつも褒めてくれる」という事もポイントの一つ。

ここは判断が難しいのですが、「褒めてくれる」からといって必ずしも好意があるわけでもありません。

 

基本的に「褒める」という行為は確かにあなたに対して悪い思いを持っていないという事ではあります。

しかし、だからといって「あなたを好きである」とは言い切れません。

 

なぜならば、「お世辞」であったり「処世術」の一つとして相手を

褒めるという事があるためです。

 

何か気持ちを込めて褒めているというよりかは「褒める事でやり過ごしたい

という思いもある事は否定できません。

 

ユウジ
ユウジ
本当に気持ちがこもっているのかどうかを見る事。
「言葉」はなんとでもなる。

 

④近くに寄ってくる

 

近くに寄ってくるというのも好意サインの特徴です。

人間は好きな人や気になる人の近くになるべくいたいと思うもの。

 

したがって、もし相手があなたの近くに寄ってくるようであればそれは好意の一つ。

特に二人きりで一緒に居たいと思っていたり、積極的に食事に誘ってきたりするなどですね。

 

ユウジ
ユウジ
「一緒に食事に行きたい」「二人でどこか行きたい」こういった事であればおそらく相手はあなたに対して好意を持っている可能性が高い。
相手の感情をきちんと的確に見極めることが大切だ。

「相手があなたとどのような距離感をとりたいと思っているのか」

という観点から関係性を考えてみましょう。

 

積極的にグイグイとあなたに近づいてくるのであれば好意の証拠。

 

勘違いサインをさらに深く理解するためには

 

勘違いサインを深く理解するためのポイントを教えます。

先ほど紹介した内容を踏まえて、これから紹介する内容を実践してください。

 

これから紹介する勘違いサインを把握しておく事で、あなたはきっと高い確率で

勘違いしないで済むようになるはずです。

 

ユウジ
ユウジ
確認するのは「一つのポイント」だけ。

 

行動が伴っているかどうか

 

確認するべきは「行動が伴っているかどうか」という点です。

あなたの関心のある人が言葉だけでなく、「行動」も伴ってあなたに好意を示しているかどうか。

 

いくら優しい言葉をかけたとしても、いくらあなたを思っているように振る舞っていても、

「行動」が伴っていないとそれは「口だけ」の人間であるという事に過ぎません。

 

裏を返せば「言行一致」(言ってることと行動が伴っていること)しているので

あれば、おそらくそれは好意のサインといえます。

 

ユウジ
ユウジ
口だけならなんとでもいえる。
「相手の行動」にだけ注意していればいい。

 

口先だけだったらなんとでもいえますものね。
ポン太
ポン太

 

特に相手が男性の場合、「好意がない」時は行動に現れます。

とにかく何の関心も示さず、何もしてくれようとはしません。

 

男性は口ではなんとでもいいますが、実際に「行動」に移すかどうかが

一番のカギといってもいいでしょう。

 

口だけで何も行動してくれないとしたらそれはきっとあなたの事を

どうでもいいと心の中では感じているはずです。

 

行動と発言が一致しているかどうかは大切なポイントですよね。
マナミ
マナミ

逆に言うと、「行動と言動が一致している」という事であれば「あなたに好意がある」

と考えても問題はありません。基本的には相手の関心は行動に現れるものだからです。

 

あなたの優先度が高いか

 

相手にとって「あなたの優先度が高いかどうか」

という項目も要チェック項目です。

 

「相手があなたのスケジュールに合わせてくれるか」、「相手があなたを優先して

接してくれているか」という点について考えてみると良いです。

 

人間は自分の関心のないことや物に時間を使いたがりません。

したがって、相手があなたに対してどれだけ優先順位を高く思っているかを考えること。

 

自分の優先順位がいったいどのような所にあるのか、どうしたら

自分をさらに優先順位を高くすることができるかを考えること。

 

ユウジ
ユウジ
「時間」というのはその人の「人生」。自分の時間を使ってまであなたに対して何かしてあげようというのはそれだけあなたを大切に思っているという事。

 

 

 

まとめ

今回は「その男性からの好意、勘違いかも?勘違いしがちな好意サイン

というテーマでお届けしました。

 

勘違いしがちな好意サインを把握しておくことにより、

誤った認識を脱却する事が可能です。

 

自分の振る舞いや行動と照らし合わせて考えてみる事が大切です。