復縁するには半年待ったほうが良い?復縁に適した期間とは

2021年2月27日

 

 

今回は「復縁するには半年待ったほうが良い?復縁に適した期間とは」というテーマでお届けしたいと思います。

 

あなたは「復縁に適切な期間ってどれくらいなのだろう」と考えたことはありますか?

 

良く復縁には「半年」空けたほうがいいといわれていますが、今回は「復縁に適した期間」について詳細に説明していきます。

 

復縁においては「期間」という要素は非常に重要なもの。

 

だからこそ失敗しないためにもしっかりと「どの程度の期間を空けるべきなのか」という部分については押さえておきたいですよね。

 

もしもあなたが復縁を考えており、「どれくらいの期間を空けたほうが良いのか」気になるのであればぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

 

復縁において適切な冷却期間

 

まず大前提として、「復縁において適切な冷却期間」というものは存在します。

 

一度別れてしまったあと、すぐに復縁するケースはほとんどありません。

 

なぜならば「別れる」という行為はお互いに一度「心が離れてしまっている状態」だからです。

 

復縁において冷却期間を必要とする理由は「心が離れてしまっている状態(冷めている状態)」から時間を置くことでこの感覚を弱まらせるためにあるのです。

 

冷却期間が長すぎれば相手に対する興味をなくしてしまいますし、短すぎれば逆効果。

 

なのでこれから紹介するテクニックを丁寧に使っていき、「どれくらいの期間が適切なのか」を見極めるようにしましょう。

 

相手の心情を把握する

 

まず一番に大切なことは「相手の心情を把握すること」にほかなりません。

 

相手があなたに対してどのような心情を抱いているのか、相手がどのような関係をあなたに望んでいるのかを理解しましょう。

 

復縁にかける適切な期間は「相手がどのくらいあなたに対して失望しているか、いやだと感じているか」によります。

 

もしも相手が「絶対にあなたと関わりたくない」と思っているようであれば復縁の期間を長くするべきですし、相手の心情には一段と気をつけましょう。

 

下記で紹介している方法を用いて相手の心理や心情を読み解くことを心がけてください。

 

第三者に相談してみる

困ったときには第三者に迷わず相談しましょう。

 

ここでおすすめなのが「電話占い」です。

 

プロの占い師による占いは当たると評判で、占いによって人生に大きな転機をもたらした人達が大勢います。

 

気になる方は「電話占いランキング」をまとめたのでこちらを参照してみてください。

 

数々のj恋愛相談を受けているプロの先生に手軽に相談できる機会を見逃さずに、積極的に利用してみると良いでしょう。

 

相手の友人を味方につける

相手の友人を味方につけ、常に情報を仕入れることを心がけてください。

 

基本的にあなたと相手との直接のやりとりは基本的に避けるようにし、間に友人を挟む事で情報を仕入れるようにしましょう。

 

相手の友人を味方につける事で、「常に最新の情報を仕入れる事ができる」のです。

 

友人を選ぶことで、相手があなたにどのような感情を抱いているかといったプライベートな情報を盗む事ができるのですね。

 

味方につける友人を選ぶ際は「信頼できる人」「口の堅い人」などを選びましょう。

 

期間を空け、「そろそろ彼女が欲しい」「復縁したいかも」などという情報を得る事ができればあなたから復縁を切り出してみるとうまくいくはずです。

 

そもそもなぜ一度別れてしまったのか考えてみる事

 

「そもそもなぜ別れてしまったのか」についてはよくよく考えるように心がけてください。

 

「復縁する」にあたって大事なことは「同じ失敗を繰り返さない」「お互いが復縁したいと望んでいる」この二つが特に大事になってきます。

 

「なぜ一度別れてしまったのか」を究極に突き詰め、「復縁後また別れてしまう」ということのないように注意してください。

 

過去のやりとりを第三者と見直してみる

「過去のやり取りを第三者と見直す」ことは「なぜ一度別れてしまったのか」を考えるうえで非常に有意義かつ効果的な事なんです。

 

やはり人間は「自分一人で考えた事」ではかなり偏りが出てしまいますし、客観性に欠けてしまうもの。

 

しかし第三者と一緒に「過去のやり取り」を考えてみる事で客観的に物事を判断することが可能です。

 

友人や家族、そしてできればあまり親しくない人にあなたと彼とのやり取りを見てもらい「どういった部分に問題があったか」を判断してもらいましょう。

 

なるべく「客観的な意見を取り入れる」ことを常に意識するように心がけてくださいね。

 

彼氏自身に「なにが問題だったのか」を聞いてみる

一番確実なのは「当事者」である彼氏に対して「私のどこに問題があったのか」を聞いてしまうということです。

 

本人がどう思っているのかは「本人に直接聞いてみてしまう」のが一番ベスト。

 

とにかく「相手が何を悩んでいるのか」を常に意識してみるように心がけてください。

 

「どういうときが問題だったのか」「自分のどこを直せばよかったのか」などを相手に細かくヒアリングし、「次に生かす」ということが何よりも大切です。

 

このやり方の良いところは「自分では問題だと思っていなかった事が実は問題だったということ気が付ける」ということ。

 

人間というもの、やはり「自分一人だと客観的に物事を判断することは難しい」といえるでしょう。

 

「誰かの話を聞いてみる」「他者の視点に立って考えてみる」ことを意識してくださいね。

 

冷却期間を決める際は相手が第一ということ

 

「冷却期間の設定」は「相手主体」で決める事が何よりも大事なんですね。

 

先ほども紹介した通り、「復縁はお互いが望んでいて初めて成立するもの」なので「冷却期間」の設定もまずは相手の気持ちを優先しましょう。

 

「相手が復縁したい、あるいは復縁しても良いかも」と思えるくらいに冷却期間を置くこと。

 

やってはいけない事は「自分主体で冷却期間を設定してしまうこと」なんですね。

 

「自分がこれくらいの冷却期間を設定したい」ではなく「相手がどれくらいの冷却期間を置きたいのか」を重視すること。

 

期間を間違えると大きく失敗するかも

 

復縁するまでの冷却期間の設定を間違えてしまうと大きな失敗を犯してしまうかもしれません。

 

もし期間設定を間違えてしまうと「冷却期間中に相手がほかの女性とつきあっていた」何ということも。

 

期間設定を長くしすぎてしまうと「冷めすぎてしまう」危険性があり、設定には注意をしなければなりません。

 

「冷めすぎないようにどするべきなのか」「どうしたら冷められないのか」ということに意識を向ける事が何よりも大事なんですね。

 

「冷めさせたくない」といって相手に対して媚びるような態度をとってはいけません。

 

しっかりと「対等な関係」を意識し、「相手になめられないように心がける」ことを意識してくださいね。

 

適度に最低限のかかわりを持っておこう

 

冷却期間を置いたとしても、期間中に適度にかかわりを持っておくことをお勧めします。

 

冷却期間中に適度に最低限のかかわりを持っておくことで「相手があなた以外の女性と付き合う可能性を低くできる」「最初から復縁を意識させやすい」ことがメリットです。

 

冷却期間中に一切連絡を取らなかったカップルが失敗してしまうのは「お互いの接点を一切断ち切ってしまうから」ということなんですね。

 

「相手のことを忘れてしまった」「他に好きな人ができた」「連絡を取らなさ過ぎて付き合い方を忘れてしまった」と嘆く人は少なくありません。

 

だからこそ「定期的かつ最低限のかかわり」は必要になってきます。

 

相手とあなたとの関係を考え、「どれくらいの頻度でかかわりを持っておくべきか」は二人の間で考えておきましょう。

 

 

 

まとめ

 

今回は「復縁するには半年待ったほうが良い?復縁に適した期間とは」というテーマでお届けしました。

 

復縁にベストな期間については様々な意見があり、「どうすればいいのかわからない」と感じて悩んでしまう人も多いもの。

 

しかし重要なことは「相手との関係性」をきちんと見極めたうえで「お互いにとってベストな期間」をいかに見極める事ができるかどうかが大事です。

 

あなたが相手のことを思いやり、「お互いにとって利益になるような心がけ」を押さえておけばまず大きく失敗することはありません。

 

復縁は「お互いがお互いに復縁を望んで初めて成立する」ということを最後まで忘れないようにしてくださいね。

 

今回も記事を読んでくれてありがとうございました。

 

また、この記事では、「絶対に付き合えないと思っていた男性と付き合えるようになった経緯」を告白しています。

 

好きで気になっていたけれど、どうすればいいのかわからない、どうやったら付き合えるのかという事を悩んでいました。

心の中では絶対に付き合いたいと思っていたけれど、付き合えるようになった秘訣についてぜひ読んでみてください。

 

絶対に付き合えないと思っていた好きな人と付き合えた秘訣はこちら