キープされて仕返ししたい時の後悔しない方法

2020年10月10日

 

 

今回は「キープされて仕返ししたい時の後悔しない方法」というテーマでお届けしたいと思います。

 

「キープされてムカつく」「キープにされてたと知って仕返ししたい・・」こんな風に思ったことはありませんか?

 

こっちはそれなりに思っていたのに、実はキープにされていたと聞くと本当に腹が立ちますよね。

 

そんなあなたにぜひおすすめしたい「キープされた時の後悔しない方法」について説明していきたいと思います。

 

ユウジ
ユウジ
キープにされたと知ったときは本当に腹が立つだろう。そんなときに知っておくべき「後悔しない方法」を伝授する。

 

キープにされやすい女性の特徴

 

 

キープされてむかついたときに行うべき方法論に入る前に、「キープにされやすい女性の特徴」について説明していきたいと思います。

 

そもそもあなたは「キープにされやすい女性」と「キープにされにくい女性」の2通りが存在する事をご存じでしょうか。

 

「キープにされやすい女性の特徴」を押さえておくことで、きっとあなたは「キープにされてしまう」ことを減らすことができます。

 

例えば「彼氏を好きなのにうまくいかない」と感じたり、「配慮が足らない」「すぐ愛してるといってくる男性」などの存在に心当たりはありますか?

 

「キープにされる女性」には共通の特徴が存在するという事なんですね。

 

ユウジ
ユウジ
「キープにされやすい」傾向をつかんでおく事で、「キープにされにくく」するのが狙いだ。
さっそく確認していこう。

 

キープにされやすい特徴を押さえ、もし当てはまる部分があるのであればその当てはまった部分を改善するように努めてください。

 

特徴①自信がない

まずキープにされやすい特徴の1つは「自信がない」という事です。

自分に自信のない女性というのはやはりどうしても都合の良い女扱いされがち。

 

自信がない女性は消極的で、男性に対して従順な傾向があるため、男性が「つけあがる」のですね。

 

ユウジ
ユウジ
自分に自信を持つこと。人の意見に振り回されるのではなく、自分の意見をもって自発的に行動することが大切だよ。

 

結果的に自信を持っている女性は異性関係でも友好的な関係を築きやすいですし、理想的な交際を行いやすいです。

 

自分に自信のない女性は暴力的だったり、あるいは自分勝手な男性に振り回されやすく、そして振り回される経験がさらにその人の自信をそぐ悪循環が回ってしまうのです。

 

自信のない女性は標的にしやすいのですね。
ポン太
ポン太

 

[本気で恋愛を上手くいかせたいならこの記事↓]

上手くいかない恋愛から脱却し、理想の恋愛を手に入れる方法

 

特徴②NOといえない

 

NOといえない女性も男性にとっては格好の獲物。

自分がどう思うかではなく、相手の判断にすべてを任せきりなので起こる現象です。

 

NOといえない女性というのは男性にとって都合の良い特徴の一つ。

 

とくに浮気癖のある男性には「キープ」にもってこいの特徴なんですね。

 

したがってまずは「NO」を言える女性になる事を心がけましょう。

「NO」と言って嫌われるのであれば、そこまでの人間だったという事なので悩まなくていいです。

 

ユウジ
ユウジ
自分の彼女が「嫌」だと言っていることを強要するのはもはや彼氏ではない。「NO」を突き付けて嫌われてしまうような相手であれば最初から関わる必要はない。

 

自分の感情を押し殺してはいけないという事ですよね。
マナミ
マナミ

仕返ししたい時の後悔しない方法

 

実践的な「後悔しない方法」について説明していきたいと思います。

 

あなた自身が「キープにされてムカつく」という気持ちを強く持つほどにより効果を発揮しやすい方法となっています。

 

下記で紹介する内容を一つ一つ行っていくことで確実にあなたは相手を「見返す」ことが可能になるはずです。

 

必ずしっかりと読み込み、あなたのものにするように心がけましょう。

ぜひ積極的に実行するようにしてください。

 

ユウジ
ユウジ
変な恨みを買う事だけは避けてほしい。
それ以外は何したっていい。

①こちらもキープを作る

 

仕返しの方法として、こちらもキープを作ってしまいましょう。

あるいは相手をキープにするのもありです。

 

相手も同じように、「自分ががキープされていた」と知ったらかなり驚くはず。

「やられたらやり返す」で同じ方法でやり返してあげましょう。

 

ユウジ
ユウジ
情けはいらない。徹底的に仕返ししてやることが大切だ。

 

複数の異性と付き合っておく事が大切です。複数の異性と付き合う事で

気持ちに余裕ができますし、一人の男に振り回されることもないのでリスクもありません。

 

あなた自身がキープをつくっておくことにより、一人の男性に固執する事はなく、

どんな状況でもひたむきであり続けることが可能です。

 

「キープ」を持つことの大きなメリットはここです。

あなた自身もキープを作り、積極的にいろいろな関係を広げましょう。

 

男性は独占欲が強く、女性を複数作りたいと思う反面で、「自分がキープにされている」のを非常に嫌がります。

 

したがってこちらもキープを作ってしまう事で相手の男性の嫉妬心を刺激する事が簡単にできるはずです。

 

男ってホント身勝手ですね!
マナミ
マナミ

 

②友人と相談し悪い噂を流す

 

こちらはややリスクがあるものの、かなり効果的なやり返し方法です。

友人に協力してもらい、相手の悪い噂を流すように心がけましょう。

 

基本的には多くの人間があなたに同情し、味方になってくれるはず。

「都合の良いように扱われた」と周囲に話すことで相手の評価を下げましょう。

 

注意点としてはやりすぎない事。下手に誇張して噂を広めてしまうと

名誉棄損的な事になりかねませんし、恨みを買う可能性も。

 

あくまでも常識の範囲内で友人や知人に協力してもらい、噂を広めてもらいましょう。

 

ユウジ
ユウジ
徹底的に「悪口を言いふらす」「悪評を広める」ことだけに集中する事。それ以外のことはしなくていい。
遊ばれてたなんて噂がたったらなかなか過ごしにくいものがありますよね。
マナミ
マナミ

あくまでも恨みを買わない程度にしつつ、適度に相手の評価を下げるように心がけましょう。

 

恨みを買ってしまう危険性のほかに、「あなた自身の評判を下げる」危険性もある事を認識する事。

あまりにも行き過ぎてしまうと相手だけでなくあなた自身もダメージを追う事になってしまいます。

 

③相手の本命彼女に仕掛ける

 

あなたがキープにされているという事は、相手には本命の女性がいるはず。

したがって、「相手の本命彼女」を味方につける事が大切です。

 

相手の本命彼女と仲良くなり、キープしてくる相手の批判を展開する事。

そもそもあなたがキープにされていると知ったら多くの女性は怒るはず。

 

「あなたの彼氏はこんなに軽い男なんですよ」というように誘導し、

相手の本命彼女の気を惹くことを心がけましょう。

 

ユウジ
ユウジ
相手の本命彼女に働きかけるのはかなり効果的。
相手はさすがに自分の本命彼女に対してチクられたらたまったものではない。
男性は本命に対しては本当に甘いし、弱い。
弱みを握るなら「相手の本命彼女」を狙うべき。

 

「いかにしてキープしてくる男とその本命彼女」の間に亀裂を入れてやるかを考える事が大切。

 

とにかく相手の弱点を徹底的に刺激しましょう。「相手がされて嫌な事」をピンポイントで行うことが成功の秘訣です。

 

とはいえやりすぎると大きな恨みを買う事になります。適度なちょっかいをどうか心がけてください。

 

ユウジ
ユウジ
男にとって、「本命彼女」の存在は非常に大きいものなんだ。
だからこそ相手に対して適度なバランスを心がけることが大切。あまりに過激すぎると相手の恨みを買う事につながる。

 

{※彼をあなたに夢中にさせたい方へ}

→彼とうまくいかないのは嫌!彼の気持ちを理解するために行った事

 

大事なことは見返してやりたいという気持ちばかりで動かない事

 

ここまでは「キープされて仕返ししたときの方法論」などについて具体的にお話してきました。

 

もう一個、あなたに伝えたい事があります。

それは「見返してやりたい」という気持ちだけで動かない事。

 

ついつい「見返してやりたい」という気持ちが先行してしまい、相手に対して復讐心を抱くことは当たり前の事。

 

ただ一方では「復讐心」を冷静に見ることのできる自分ももっておいて欲しいのです。

ただただ復讐心に身を任せて「仕返ししてやりたい」とあなたが思う事は危険なことなんですね。

 

なぜかというと、結局人間は「復讐したい」という負の感情にとらわれると「負の結果」を招いてしまうからです。

 

「仕返ししてやりたい」「復讐してやりたい」という感情は負の感情であり、そういった負の感情にとらわれてしまうのは危険なんです。

 

ユウジ
ユウジ
良い出来事は良い感情を持った人にしか来ない。
「仕返ししてやりたい」と思う気持ちはよくわかる。ただ心のどこかで自分を冷静に客観視できる余裕も持ってほしい。

 

たしかに、「仕返ししてやりたい」って考えている人間はどこか魅力に欠けますよね。余裕がないというか。
ポン太
ポン太

 

あなたに考えてほしいことは、たとて相手がどれだけ憎くとも心のどこかで許してあげられる部分を持ってほしいという事なんです。

 

仕返しができたのであれば、さっさと忘れて次の人と付き合うなりすることを心がけましょうね。

 

まとめ

今回は「キープされて仕返ししたい時の後悔しない方法」というテーマでお届けしました。

 

本当にムカつくキープ扱いには徹底的に向き合う必要があります。

あなたが「どのように向き合うのか」という事が結果を左右するのです。

 

現実に直面して「もういやだ」と思う事もあるはず。

しかしそんなときでもあきらめずに行動すれば結果はついてきます。

 

ユウジ
ユウジ
「悔しい」と思えた時がチャンス。逆境を味方にしてぜひ乗り越えていこう。あなたなら大丈夫。きっとうまくいくさ。

 

ぜひ気を抜かずに積極的に現実と向き合っていってください。

 

また、「相手を憎み過ぎない」ことも非常に大切。適度な怒りを相手にぶつけましょう。

 

今回も記事を読んでくれてありがとうございました。

 

また、この記事では、「絶対に付き合えないと思っていた男性と付き合えるようになった経緯」を告白しています。

 

好きで気になっていたけれど、どうすればいいのかわからない、どうやったら付き合えるのかという事を悩んでいました。

心の中では絶対に付き合いたいと思っていたけれど、付き合えるようになった秘訣についてぜひ読んでみてください。

 

絶対に付き合えないと思っていた好きな人と付き合えた秘訣はこちら