彼氏の適切な放置期間と絶対に押さえておくべきポイント

この記事は約10分で読めます。

今回は「彼氏の適切な放置期間と絶対に押さえておくべきポイント」というテーマでお届けしたいと思います。

「彼氏を放置しているけど適切な放置期間を知りたい」と思う人は少なくありません。

放置期間を間違えてしまうと思わぬ失敗をしてしまう可能性があるため、この記事では「適切な放置期間」について解説していきます。

加えて「絶対に押さえておくべきポイント」も紹介します。

心当たりのある方はぜひ参考にすることをおすすめしたいと思います。

この記事を書いた人

彼氏の放置はどれくらいがいいの?

「彼氏の放置期間ってどれくらいがいいのか分からない」と考えている女性は少なくありません。

まずこの章では「彼氏との適切な放置期間」のヒントになるような内容で届けたいと思います。

2週間放置

まずやってほしいのは「2週間放置」というやり方です。

この2週間という期間が絶妙で、とてもやりやすい期間なんですね。

「まずは2週間の放置を行ってみる」ということを意識しつつ、放置慣れをすることから始めてみるといいでしょう。

いきなり1か月、2か月と放置してしまうとさすがに相手の不満を買ってしまう恐れがあるので2週間放置して相手の様子を観察することから始めるといいですよ。

1ヶ月放置

2週間放置を経た後でお勧めなのは「1か月放置」というポイントです。

2週間放置ではあまり放置の効果が得られなかった、2週間放置だとちょっと短いかもと思った場合はおすすめ。

1か月間の放置はお互いにとってかなり大きな事なので、相手の動向をきちんとチェックすることを意識しましょう。

1か月間全く連絡や接触をしないということではなく、頻度を減らしてみるのもおすすめです。

2か月放置

2か月放置は正直かなり上級者向けのやり方になります。

2か月間の放置期間というのは正直非常に難易度が高く、失敗してしまう可能性もあります。

もしも2週間、1か月放置で満足できなかった場合にのみ行うように心がけてください。

2か月間全く連絡を取らないのではなく、連絡する頻度や接触する頻度を少なくする

「2か月間全く相手と連絡を取らない」というのはリスクも高く、可能なら避けるべきでしょう。

したがって2か月間の間「連絡頻度を少なくする」という方法で相手と向き合うといいです。

いきなり相手との連絡頻度をゼロにするのではなく、最低限の連絡頻度にすることからやってみるとうまくいきますよ。

男は放置が一番な理由

実は「男に対しては放置が一番」ということを知っていましたか?

男性は「女性を追う生き物」ということは知っている人は多いはず。

しかしあなたが思っている以上に「男に対しては放置が一番効く」ということは知っておいてほしいのです。

この章では「男に対しては放置が効く」ということについて深く紹介していきたいと思います。

「放置なんか絶対だめ」なんてことはないので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

急に連絡をやめる効果

まずおすすめなのは急に連絡をやめるという事。

これはかなり効果的で、男性の「追いたい欲」というものを非常に刺激することができます。

男性の本能を刺激する事ができる手段であり、周期的にこの方法を行うことでカップルの間の「新鮮さ」を保つ事ができるはずです。

男性からすると「今まで連絡してきてくれていたのに、急に連絡がこなくなった」ということで非常に不安になります。

そうした不安からあなたを追いかけよう、関心をもう一度向けさせようとしてくるのですね。

あえてこちらからの連絡を絞り、あまり連絡をしないように心がけてみてください。

そうすればかなり高い確率であなたに対して向こうからアプローチしてくるようになるはずです。

ポイントは「たくさん連絡した後に連絡頻度をなくす」

このやり方にはコツがあって、「連絡頻度をなくす」前に少しだけあなたから相手に連絡する頻度を増やすということ。

相手からすると「たくさん連絡がきてたのに、なんだか連絡頻度がいきなり減ってしまった」という印象を与える事ができます。

こうした印象を相手に与えることこそが非常に効果的であり、「男性の本能」を刺激することができるのですね。

男性の本能を刺激することにより、あなたを追いかけたい、あなたに対して追いかけないといけないという意識にさせることが可能です。

「あえて不安にさせる」ということが何よりも重要になってきます。

しばらく連絡しないことの効果

「いきなり連絡をやめる」のと同様に、「しばらく連絡をしない」という方法も考えられます。

「しばらく連絡をしない」ということにより、相手の関心や興味を一気にひきつけることが可能です。

カップルにおいては「しばらく連絡をしない」ことにより、冷却期間を置くことができ、お互いの関係を冷静に考え直すことができるのですね。

しばらく連絡をしない間にあなたのことを考えさせ、あなたに対して考える時間を意図的に作り出すことで相手はあなたのことばかりを考えるようになるはずでしょう。

しばらく連絡をしないことの注意点

「しばらく連絡をしない」ことの注意点もしっかりと押さえておかないといけません。

というのは「しばらく連絡をしない」ことであなたに対する関心や興味をなくしてしまう危険性もあるということなんですね。

しばらく連絡をしないということは、相手があなた以外の事で頭がいっぱいになる危険性もあるのです。

人間は繰り返し接触する人に好意を抱く生き物。

したがって、接触する回数が減ってしまうと必然的に忘れられてしまう可能性も増えるということなんですね。

単純接触効果(たんじゅんせっしょくこうか、mere exposure effect)は、(閾下であっても)繰り返し接すると好意度や印象が高まるという効果。(Wikipedia)

相手の状況にもよりますが、いかにして接触する回数を減らしつつ「相手にあなたのことを考えさせることができるか」ということが大事になってきます。

この方法を使うのであれば、あなた自身に「強力なブランド価値」がないと成り立たない方法であるということを認識しておいてくださいね。

忙しい彼氏は放置するのがベスト?

「忙しくしている彼氏」に対しては放置してしまうのがベストなのでしょうか?

この章では忙しくしている彼氏を放置すると起こることについてまとめた章となっています。

ぜひ心当たりのある方は参考にしてみてくださいね。

彼氏が忙しいので連絡を控えるべき?

彼氏が忙しいときには、相手の状況に応じて連絡を控えるのもおすすめです。

連絡する頻度を控える事で相手は仕事に集中できますし、連絡頻度をあえて少なくする事で相手の関心をひくこともできます。

また、あなたが忙しい彼氏に対してあえて連絡頻度を少なくしてあげることで「気を使ってくれている」と相手は思い、あなたに対する信頼度を高めてくれます。

きちんと相手のことを考えてあげて連絡頻度を少なくしてあげることはベストな方法だといえます。

彼氏を放置、正直冷めてきたら

彼氏を放置していると起こってしまうのが「正直冷めてきた」ということ。

意外と悩む女性が多く、放置したせいで相手に対しての関心をなくしてしまうのはよくあることなんですね。

そんなときに抑えておきたいポイントがいくつかあるので、ぜひ参考にしてみてください。

他の彼氏を作る

今の彼氏に冷めてしまったとき、ずばりおすすめなのは「彼氏を別に作る」という方法です。

冷めてしまった以上、もう一度彼氏としてやるのは厳しいと思うのであれば「新しい彼氏を作る」のがベスト。

彼氏をほかに作る事で「別れてもいい」と割り切れますし、振ったとしても後悔しないはず。

別れるまえにきちんと彼氏を見つけておくことをおすすめします。

なぜ冷めてきたのかをメモにまとめる

「別れるほどではない」とあなたが思うのであれば「なぜ自分が彼氏に対して冷めてしまったのか」ということをメモにすることがおすすめです。

カップルにおいて「常に相手を熱烈に愛している」ということはありえません。

どんなカップルも、相手に対してなんらかの「冷めるとき」「冷めたと感じるとき」はあるもの。

だからこそ、チャンスだと思って「なぜ自分が相手に対して冷めたと感じるのか」「具体的にどういった部分が冷めてしまったのか」ということを抑えるのがベスト。

メモなどに書き出してしっかりと自分の生活に落とし込むのがいいでしょう。

メモに書き出すことで自分が知らなかった事や、意識してなかったことに気が付く事でカップルの仲が深まる事ができるかも。

冷めたのではなく、慣れかも

「冷める」ことと「慣れる」ことは似ているのですが大きな違いがあります。

「冷める」ということは相手に対しての関心がなくなっただけでなく「付き合いたくない」というマイナスの感情。

対して「慣れる」ということは相手に対してある程度信頼を置いている状態であり、決して関心がなくなったわけではありません。

もしも「冷めた」と思っているのであればもう一度冷静に考えなおしてみてください。

自分に「相手に対して冷めた」という暗示をかけてしまうことで実は冷めてないのに「本当に冷めてしまう」ことにつながりかねません。

「冷める事」と「慣れ」を区別できるようになりましょうね。

彼氏と倦怠期・・・ほっとくのがいいの?

彼氏と「倦怠期」が来てしまったと悩んでいる女性は少なくありません。

カップルにおいて「倦怠期」は絶対に避けられないものの一つ。

また「倦怠期」は乗り越える事ができれば得られるものもかなり多いということは知っておいてくださいね。

倦怠期がきたからといって悩む必要はありません。

この章では倦怠期がきたと感じるあなたに向けた内容になっています。

倦怠期がめんどくさいと感じたら

倦怠期がめんどくさいと感じた時、あなたがすべきことや考えるべきことについてまとめました。

どれも効果的な事ですのでぜひ参考にしてみてくださいね。

放置期間を設ける

倦怠期がきたカップルがすべきこととしては「放置期間」「冷却期間」を設けるということなんです。

前提として倦怠期はどんなカップルにも起こる事ですし、悪い事ではないのです。

そんな時にするといいのは「放置期間を設ける」「冷却期間を設ける」ということなんですね。

こうした放置期間を設けたり冷却期間を設ける事で、冷静に相手との関係性を見直す事ができます。

「相手を意識しない期間を作る」ということで「相手と一緒にいることの価値」をもう一度発見することができるのですね。

「いなくなって初めてその人の大切さに気が付ける」という言葉にもあるように、相手を意識しない期間を大事にしてみると効果抜群です。

倦怠期=仲が深まっているということ

倦怠期において大事な事としては「カップルにおいて倦怠期ということはお互いの仲が深まっているということ」です。

この点をきちんと理解しておくだけであなたの意識をかなり効果的に変える事ができるはずです。

「倦怠期だからだめだ」のではなく、「倦怠期だから仲が良くなっている」と認識してください。

相手に対してある程度信頼し、ある程度相手を肯定できているからこそ「落ち着いて考える事ができる」ということ。

倦怠期というのは「相手に対しての慣れ」なんですね。

だからこそ「倦怠期は悪いもの」「倦怠期になってはいけない」と考える必要は全くないので安心してください。

まとめ:放置は超ベンリ

今回も記事を読んでくれてありがとうございました。

また、この記事では「分からなかった彼の気持ちに気が付けた方法」について実体験に基づいた話を紹介しています。

「彼の気持ちがなんだか分からない」「なんだかあの人とすれ違ってしまう」と悩んでいるあなたはぜひ参考にしてほしい内容となっています。

「なんだか彼の気持ちが分からない」「なんだかモヤモヤしてしまう」と少しでも思っているのであればぜひ一読してみてくださいね。

→気が付けなかった彼の気持ちに気が付くことができた秘訣はこちら

タイトルとURLをコピーしました