距離を置くことの気持ちの変化って?

この記事は約4分で読めます。

今回は「距離を置くことの気持ちの変化って?」というテーマでお届けしたいと思います。

「距離を置くことによる気持ちの変化」は距離を置くことを考えている人にとっては必須といっても良いくらいに意識しておくべきポイントです。

もしあなたが「距離をおきたい」と感じているのであれば、「距離を置くことによる実際の気持ちの変化」について意識しておくべきでしょう。

距離を置くことで間違いなくお互いの気持ちに変化が訪れるのですが、まずはこの「気持ちの変化」について押さえておきましょう。

 

この記事を書いた人

距離を置く際に考えておくべきこと

「距離を置く際に考えておくべき事」もあなたは常に意識しておく必要があるといえます。

「距離を置く際、何も考えずに距離だけを置いてしまう」のは要注意。

しっかりと「距離を置くことで何が起きるのか」「どういった結果になるのか」を意識しておきましょうね。

緊張感を持ち「距離を置くことで何がどうなるのか」という因果関係をしっかりと押さえておいてください。

具体的には下記で紹介している内容をしっかりと把握してください。

なんのために距離を置くか意識する

 

ずばり「目的意識」が非常に重要になってきます。

「なんのために距離を置くのか」「なぜ私たちは距離を置かなくてはならないのか」という部分を意識しましょう。

「目的のない距離置き」ほど無駄なことはないといえるでしょう。

「距離を置くことでお互いの関係を見直す」「少し自分の時間が欲しい」など、必ず距離をおく理由を意識しておくこと。

あなただけでなく、相手も「距離をおく理由」について意識していればなおさら良いでしょう。

期間ごとに変わっていくお互いの気持ちの変化

それでは早速、具体的な「期間ごとに変わっていくお互いの気持ちの変化」について説明してきます。

多くの場合、これから紹介する期間の実情と合致する場合が多いのでその部分を意識しましょう。

「どれくらいの期間、距離置きをしようか」悩んでいる方はぜひ下記の内容を参考にしつつ実践してみてください。

1か月の距離置き

 

一番手軽でなおかつ効果的なのは「1ヵ月の距離置き」という手段です。

距離を置くことはリスクもありますが、期間が1か月程度であれば我慢できる人も多いのです。

1か月距離を空ける事で、お互いの関係を考えるきっかけになりますし1か月程度の距離置きであれば我慢できる人は多いものなんです。

1か月距離を置いた後、自分たちの関係がどういったものだったのかを再考してみましょうね。

3か月の距離置き

 

「3か月の距離置き」はかなり効果的でなおかつそこそこ多いパターンです。

3か月の距離置きはお互いがそこそこ我慢できる期間でもあり、バランスのとれた期間だといえるでしょう。

多くのカップルにおいて「距離置きの期間」というとだいたい1か月から3か月の間で決まることが多いのですね。

3か月であればちょうど「近くもなく遠くもない」距離感にすることができるのがポイント。

お互いの関係についてしっかりと考え直すこともできますし、距離置きには適切な期間だといえます。

半年の距離置き

 

半年の距離置きはかなりハードルが高く、この間に別れてしまうカップルも存在します。

このレベルの期間の距離置きになるとかなり難しい期間で、半年以上の距離置きを選択する人は限られます。

お互いが非常に忙しかったり、お互いが心の底から信頼していないと下手すると別れてしまうレベル。

半年以上の距離置きを選択するのであればまずは「本当に後悔がないか」をしっかりと話し合いましょう。

半年も距離置きをしてしまうと多くの場合別れてしまうリスクが増大することは理解しておいてくださいね。

まとめ:距離を置くことによる気持ちの変化を意識

 

今回も記事を読んでくれてありがとうございました。

また、この記事では「分からなかった彼の気持ちに気が付けた方法」について実体験に基づいた話を紹介しています。

「彼の気持ちがなんだか分からない」「なんだかあの人とすれ違ってしまう」と悩んでいるあなたはぜひ参考にしてほしい内容となっています。

「なんだか彼の気持ちが分からない」「なんだかモヤモヤしてしまう」と少しでも思っているのであればぜひ一読してみてくださいね。

→気が付けなかった彼の気持ちに気が付くことができた秘訣はこちら

タイトルとURLをコピーしました