復縁がどうでもよくなったと感じた時に絶対すべきポイント

この記事は約15分で読めます。

今回は「復縁がどうでもよくなったと感じた時に絶対すべきポイント」というテーマでお届けしたいと思います。

あなたは「復縁がどうでもよくなってきた」と感じたことはありませんか?

復縁がどうでもいいと思うことは誰にでもあることですし、悪いことではありません。

しかし「復縁がどうでもよくなってきた」ことの意味をきちんと知ったうえで行うべき対策をしなければ、もしかしたらあなたは損してしまうことかもしれません。

この記事を書いた人

そもそも、復縁ってどんなものなの・・・?

復縁に対して後ろ向きになってしまったり、どこか前向きになれない、モヤモヤしてしまう事ってありますよね。

多くの場合、「復縁が初めて」という人に起こる現象です。

そもそもあなた自身が復縁がどういうものなのかをはっきりと理解しにくいために、復縁がどうでもいい、復縁に関心がないと発想してしまうのですね。

復縁というものは実際、難しい行いだといえるでしょう。

なぜかといえば、一度別れた者同士が再び付き合うとなるということは一般的ではないためです。

仕方なく別れてしまったのであれば別ですが、普通に別れてしまった相手同士で付き合うのは難しいですよね。

タイミングもありますし、なにより「再びあの人と付き合いたい」と思う動機を持ちにくいのです。

「執着心がなくなった」といえばわかりやすいでしょうか。

そのうえで、復縁するカップルがいくつも存在することも事実。

復縁する一連のパターンを紹介するのでぜひ知っておいてください。

距離を置くことで改めて相手に対する感情が沸き上がる

意外と多いパターンが「距離を置くことで相手に対する感情が沸き上がる」ということ。

いったん別れてしまった後、別れた後の喪失感や物足りなさ、ほかの人と付き合ったけどやっぱり元彼が良かったなどと思う事があるのですね。

別れたことでいわゆる冷却期間を置いたような状態になり、むしろもう一度付き合いたいと感じてしまうのです。

付き合った期間が長いカップルにありがちな事であり、相手に対する信頼が高い場合に起こります。

タイミングが合った

年齢によって復縁する意味合いがかなり異なってきます。

例えば年齢が結婚適齢期のカップルのの場合は復縁に関して積極的になりやすいです。

これは相手を好きだからだとかそういった恋愛的な事よりも、一度付き合った相手であれば安心して結婚できるという理由なんですね。

関係の浅い人と結婚するよりも、ある程度相手のことを知っているほうが安心できますからね。

結婚を見据えた年齢になってくると、恋愛感情というものは遠いものになるのです。

復縁がどうでもいいと思ってしまう原因

まずはあなた自身が「なぜ復縁がどうでもいいと感じてしまうのか」というポイントについて理解していることが大切です。

「復縁」には様々なメリットもあり、復縁から再度恋愛に発展する場合は多々ある事なんですね。

復縁がどうでもいいと感じてしまうことは時としてよくない事だといえるかもしれないのです。

下記の内容を参考にしてみて、自分がなぜ復縁をどうでもいいと感じてしまうのかを考えるように心がけてください。

復縁がどうでもいいと思ってしまう原因①ひどい別れ方をした

ひどい別れ方をした場合は「復縁がどうでもいい」と思ってしまう原因の一つです。

復縁とは「別れた人ともう一度付き合う」という行為ですよね。

したがって、復縁を嫌だと思ってしまうのは「ひどい別れ方をしたから」だといえるでしょう。

「もう復縁したくない」「もう二度と付き合いたくない」そのように思ってしまえば終わりです。

別れた方がどのようなものだったのかを考えてみると良いでしょう。

もしあなたと相手がお互いに「嫌な別れ方」をしてしまっているのであれば、再度復縁するのはかなり難しいのです。

仮に心当たりがあるならば下記の方法を試してみるのがおすすめです。

自分たちに何が足りなかったかを考える

ひどい別れ方をしたカップルが復縁を果たすには「自分たちに何が足りなかったかを考える」ことを行わない事は考えられません。

まず「自分たちがどういったところでつまづいたか」をはっきりと明らかにしておきましょう。

逆にいえば「なぜうまくいかなかったのか」という部分が明確になればそのあとにうまくいかせる事は可能です。

お互いのラインの履歴などを見返し、「こじれた時」を思い出すようにしましょう。

「言い過ぎてしまった」「あまりにも態度が悪かった」「あの一言が余計だった」などと思える部分が必ずあるはず。

自分が悪かったと思える部分を洗い出し、悪い部分を修正することだけを思い浮かべてください。

過去の自分と決別したことを相手にわからせる

上記の事と同じ事ではあるのですが、「徹底的に過去の自分と決別する」ということを意識してみると良いでしょう。

そのうえで「もう過去の私ではない」ということをあなたが復縁したい相手に強烈にアピールすること。

「あなたが変わっただけ」では正直言ってまだ足りません。

「あなたが変わった」うえで、「相手に対して強烈にアピールする」「相手にあなたが変わったことを理解してもらう」ことが大前提。

「もう過去のあなたではない」とわかれば相手にとっても復縁しやすいですし、復縁のハードルは大幅に下がります。

「自己変革」と「相手へのアピール」を常に意識することを心がけましょう。

復縁がどうでもいいと思ってしまう原因②復縁を難しいと考えている

復縁がどうでもいいと思ってしまう原因の②は復縁を難しいと考えているということなんですね。

復縁をしたことがないような人にとっては「復縁のやり方がわからない」「復縁はどのように行えばいいのかわからない」と感じてしまうこともありがちです。

やはり大切になってくるのは「復縁をどのようにとらえているか」ということ。

どれだけ復縁を難しく考えすぎないかが重要になってきます。

復縁に成功した人の話を聞くように心がける

まず行うと効果的なのは「復縁に成功した人の話を聞くように心がける」という方法です。

復縁に成功したことがない、復縁をどうすればいいのかわからないという人にとっては復縁は難しいものだと感じやすいです。

しかし「復縁に成功した人の意見を聞きまくる」と復縁が近いものに感じられるだけでなく、実際に復縁してみようと考えるようになります。

とにかくまずは「復縁に成功した人の話を聞く」「復縁成功談に目を通しまくる」ことを意識してみましょう。

「復縁に失敗した人」「復縁失敗談」は全く聞かなくて大丈夫です。

そんな話聞いたところであなたにはなんの関係もありませんから。

復縁をどうでもいいと思うことデメリットと対処法

「復縁をどうでもいいと感じてしまうデメリットと対処法」について考えてみましょう。

復縁をどうでもいいと感じてしまうというデメリットをきちんとおさえておくことで、どういったことがだめなのかを理解することができるはずです。

どうでもいいと思うことであなたがこうむる実害を認識しておけば、実際に復縁をどうでもいいと思った時の助けになるはずです。

復縁をどうでもいいと感じてしまうデメリット①出会いの幅が狭まる

復縁をどうでもいいと感じてしまうデメリット①は出会いの選択肢が狭まってしまうということなんですね。

恋愛には様々な選択肢があり、出会いの選択肢を自分から少なくしてしまうのはかなりマイナスな事。

せっかくのチャンスも無駄になってしまう可能性が高いといえるでしょう。

だからこそ考えるべきことは、「自分で出会いの選択肢を狭めてしまっていることに気が付く」ということなんですね。

「復縁なんてどうでもいい」と感じてしまうことには大きなデメリットがあることを知っておくと良いでしょう。

復縁も立派な選択肢の一つであり、復縁から始まることもたくさんあるのは事実。

だからこそ自分自身で「選択肢」を潰してしまうのはもったいないんです。

自分から選択肢を狭めるのではなく、積極的に選択肢を増やしていきましょう。

復縁をどうでもいいと感じてしまうデメリット②別れるたびに辛くなる

「復縁をどうでもいいと感じてしまうデメリット」としてあげられるのは「別れるたびに辛くなってしまう」ということでしょう。

「復縁なんて考えられない」と思ってしまう人が犯すミスとしては「復縁」という恋愛の選択肢がないために、別れると辛くなってしまうということなんですね。

別れるたびに辛いと感じてしまうようであれば、正直いってかなり恋愛の幅が狭まってしまいます。

なぜかといえば「復縁スキル」があればどんな恋愛でも「もう一度やり直せる」チャンスがあるからですね。

しかし復縁スキルがないということはそれだけで恋愛のチャンネルを狭めてしまうことになるのです。

自ら恋愛のチャンスを失ってしまっているということに気が付けば、「復縁スキル」を身に着けたいと考える人も少なくないはずですよね。

復縁をどうでもいいと感じてしまうデメリット③恋愛に飽きる

復縁をどうでもいいと感じてしまうデメリットの3つめは恋愛に飽きてしまうということがあるのですね。

復縁をするという選択肢がないため、恋愛が単調なものになってしまい「なんだか恋愛に飽きてしまう」ということは考えられます。

「一度別れた相手ともう一度付き合うなんて考えられない」というマインドになってしまうと、「復縁恋愛」の楽しさを知らないまま日々を過ごしてしまうだけでなく、新たな恋愛の機会を失ってしまう可能性も考えられます。

いかにして恋愛をうまく楽しむかというマインドにもっていくことこそが重要なポイントになることは間違いありません。

復縁をどうでもいいと感じた時の対策①第三者に相談する

復縁をどうでもいいと感じた時の対策①は、第三者に相談するということなんですね。

ここでおすすめなのが「電話占い」です。

プロの占い師による占いは当たると評判で、占いによって人生に大きな転機をもたらした人達が大勢います。

気になる方は「電話占いランキング」をまとめたのでこちらを参照してみてください。

経験豊富なプロの先生に導いてもらうことにより、安心してあなたの「すべきこと」が理解できるようになるはずです。

復縁をどうでもいいと感じた時の対策②復縁を成功した人の話を聞く

復縁をどうでもいいと感じた時の対策②は「復縁を成功した人の話を聞く」ということ。

復縁を前向きにとらえるには「復縁を成功した人の話を積極的に聞く」という心がけを行う事でしょう。

復縁というものは成功する確率は決して高くなく、いかに「ポジティブに捉えるか」が重要です。

人間には「引き寄せの法則」というものが存在し、「できると思ったこと」を可能にする潜在能力があります。

この能力は悪い方向にも良い方向にも作用するので、「いかにプラスに、ポジティブに物事を処理するか」が重要なんですね。

あなた自身のエネルギーが負の方向に向かってしまっているのでは結果も良いものにはなりません。

周囲の「復縁に成功した人」たちからリアルな成功談、経験談を耳にするように心がけ、血肉化にするように意識しましょうね。

復縁をどうでもいいと感じたときの対策③「なぜどうでもいい」とかんじるのか徹底的に考える

「復縁をどうでもいい」と感じてしまうようになっているあなたはそもそもなぜ「復縁がどうでもいい」と感じるのかを考えてください。

人間があることに対して関心を抱けなくなるのは必ず理由があり、解決できることなんです。

ましてや「恋愛」という人間の根源的な活動において「どうでもいい」と思ってしまうのは重大なことです。

だからこそ「なぜ自分が復縁に対して後ろ向きなのか」「なぜ復縁に積極的になれないか」を考えることは大切なんですね。

忙しいなど、理由がある

恋愛には多くのエネルギーを必要としますから、たいていの場合、「忙しい」からであったり「疲れている」といったあなた自身のリソース不足に原因があると思っていいでしょう。

復縁に対して後ろ向きになってしまうのは非常に勿体ないことですが、「なぜ後ろ向きになってしまうのか」を思考できることは一生役に立つスキルです。

どうでもいいと思う理由は様々ですが、ここでは主な原因に対する対応方法を紹介しましょう。

まず「忙しい」という原因についての対処法ですが、この場合は「忙しさ」から抜け出すことが第一になります。

人間は忙しいとものを考えることができず、様々なことに対して思考をすることができなくなってしまう生き物です。

「暇があること」こそが人間を人間たらしめる重要なポイントなんですね。

だからこそ大事なことは「いかにして暇を作るか」ということであり、自分を見つめ直す時間を作ることなんですね。

たとえ時間が作れなくともスキマ時間を使って「何もしない時間」を作り、脳を休ませて上げましょう。

10分あれば仮眠をとったり、目をつぶるだけでも脳の疲労は回復します。

スマホもいじらず「何もしない時間」を作るよう心がけてください。

また、「一人になれる時間」もきちんと作るようにしましょう。

相手に関心がもてない

次に考えたいのが「そもそも相手に関心を持てなくなった」ということです。

この場合はかなり重症というか、治すのが難しい原因に当たります。

「相手に関心を持てなくなったから復縁がどうでもいい」ということであれば、心の奥底では「復縁を望んでいない」ということですよね。

しかし本当に「心のそこから復縁を望んでいない」と思っているのであればこの記事を読んではいないはずです。

つまりあなたは「復縁をどうでもいい」と思いつつ、心の奥底ではどこか期待してしまっているということなんです。

まずはこうした「あなた自身の本当の声」に耳を傾けることから始めてみてください。

そのうえで「相手をどうでもいいので復縁がどうでもいい」と感じているのであれば、逆の発想をしましょう。

「相手のことを考える時間を増やす」というのがかなり効果的なやり方になってきます。

人間は「頭に何回も思い浮かぶもの」を重要なものだと捉える生き物です。

したがって、まずは「相手を何度も何度も思い浮かべる」「相手のことを重要な人間だと妄想する」ことから始めましょう。

ある種「自己洗脳」に近いといって良いでしょう。

なんども刷り込みを行う必要があります。

その際に注意してほしいのが、必ず「良いイメージを加える」ことを忘れないようにしましょう。

「良いイメージ+相手のことを想像する」ことにより、抜群の効果を発揮するのですね。

復縁をどうでもいいと感じたときの対策④相手の友人に相談してみる

「復縁しするかもしれない相手の友人」とコミュニケーションを積極的に取るように心がけてください。

相手の友人とコミュニケーションを取り、客観的かつ「相手に近い人の意見」を取り入れることで効果的に相手の好感度を上げることが可能です。

相手が「本当に求めていること」を把握することで、合理的かつスムーズに相手との距離を縮める事ができます。

ついつい恋愛のことになると「自分主体で物事を考えてしまう」「客観的ではなく主観的に物事を考えてしまう」傾向にあります。

しかし相手の友人としっかり連携をとり「客観的な意見」を冷静に取り入れる事により判断の精度が大幅に上がるのですね。

自分一人の価値観や判断に固執して「偏った考えや行動」に移してしまう事だけは避けないといけません。

別れた相手はどうでもいい、は危険?

「別れた相手をどうでもいい」と思ってしまう事ってありますよね。

もうどうせ別れた人なんだし、関わらなくていいじゃん。

別れたんだからもう関係ないってことでしょ

そんな風に思ってしまう人は少なくありませんし、そんな風に思ってしまうことって人間なのでありますよね。

けれど「別れた相手だからどうでもいいや」と思ってしまう事は実は危険な事なんです。

もしもあなたが「別れた相手だしどうでもいい」と少しでも思ってしまうのであれば、下記の内容を参考にしてみてください。

「知らない間に思わぬ損」をしてしまっているかもしれませんよ。

「別れた相手に対して冷たい人間だ」と周囲に思われる

まず一番危険な事はあなたが別れた相手に対して「どうでもいい」という態度や姿勢を示したことであなた自身の評価が下がるということ。

あなたの相手に対するリスペクトのなさがあなた自身を苦しめてしまうことにつながりかねないという事を意識してください。

人間は「自分を尊敬してくれない人間」のことを認識できますし、意識する生き物。

だからこそ「付き合っていたときと明らかにあなたの態度が違う」「なんだかリスペクトを感じない」ということであれば、相手からの評価はかなり下がるでしょう。

相手からの評価が下がるだけならまだいいです。

このパターンで危ないのは「あなた自身のブランドを下げるかもしれない」ということなんですね。

相手があなたの態度やかかわり方に対して「嫌な気持ち」になってしまったら、あなたの態度について周囲に言いふらしたりするかもしれません。

そうなってしまうとあなたの評判は下がってしまい、新しい出会いや良い運が遠ざかってしまいます。

相手のひんしゅくを買う

もう一つ気を付けたいのは「相手のひんしゅくを買う」ということです。

「もう別れたしどうでもいいや」と少しでも思ってしまう意識は必ず相手にも伝わるもの。

相手の立場や気持ちを少しでも思いやってあげる姿勢を見せる事が何よりも重要になってくるのです。

どのように別れてしまったのかも大事なことなのですが、何よりも相手を思いやる心と姿勢があれば大きな問題になることはありません。

いかに相手を認めてあげるか

別れた相手に対して「どうでもいいや」と思うことは正直よくあること。

むしろ「よくも私と別れたな」と考えてしまうことだってありますよね。

男女の別れというものはそれほど強い力を持っています。

しかしここであえて「相手を認めてあげる」「相手の感情にもある程度の同調してあげる」ということを意識すると良いでしょう。

負の感情につられるのではなく、「どうやったら相手を認めてあげられるか」「別れてしまったけれど元気でね」と言ってあげられるかが大事です。

まとめ:いかに自分のメンタルをコントロールするか

今回も記事を読んでくれてありがとうございました。

また、この記事では「分からなかった彼の気持ちに気が付けた方法」について実体験に基づいた話を紹介しています。

「彼の気持ちがなんだか分からない」「なんだかあの人とすれ違ってしまう」と悩んでいるあなたはぜひ参考にしてほしい内容となっています。

「なんだか彼の気持ちが分からない」「なんだかモヤモヤしてしまう」と少しでも思っているのであればぜひ一読してみてくださいね。

→気が付けなかった彼の気持ちに気が付くことができた秘訣はこちら

タイトルとURLをコピーしました