愛情表現ないと冷める・・・こんな時にどうすればいいの?

この記事は約4分で読めます。

今回は「愛情表現ないと冷める・・・こんな時にどうすればいいの?」というテーマでお届けしたいと思います。

 

結論から言うと、「愛情表現がない」のは非常に危険なサイン。

 

男の目線から男の心理を解説し、対処法をあなたに伝えます。

 

 

 

愛情表現がない理由

「愛情表現がない」理由について説明していきたいと思います。

下記の内容をしっかりと把握して、自分の生活に落としこんでみてください。

 

→5カ月放置され続けたけど○○しただけで彼の気持ちを取り戻せたワケ

①あなたに飽きた

まず考えられるのは「あなたに飽きた」という事。

やはり飽きてしまった場合、「愛情表現」は少なくなってしまうでしょう。

男性の場合、「関心のない人に対して興味を持たない」もの。

愛情表現はまさに「あなたに関する関心度」のバロメータといえるでしょう。

あなたが飽きられてしまった場合、何かしらの兆候は必ずあります。

そういった「兆候」を見逃さないように心がけ、客観的に物事を考えるようにすること。

もしあなたと彼氏の関係がかなり長いものであるのなら、「彼氏はあなたに飽きてしまっている」可能性が十分にあると考えていいでしょう。

とはいえ、「飽きた」としても、そこから「再び熱愛」に向か合わせることはできない事ではありません。

むしろそういった「マンネリ期」を乗り越えたカップルこそ、強い絆で結ばれるような関係を築く事ができるのです。

「カップル間のマンネリ」は決して悪いものではありません。

したがって「常に前向きに捉える」気持ちが大切です。

 

 

→5カ月放置され続けたけど○○しただけで彼の気持ちを取り戻せたワケ

②あなたの勘違い

次の理由としては「あなたの勘違い」に可能性があるという事。

実は全然相手はあなたに対して何も思っておらず、なんともなかった可能性です。

「あなたの考える理想の愛情表現」と「相手の考える愛情表現」に大きな差異があったという事。

この場合、特段あなたは意識する事は必要ありません。

とにかく「相手の考える愛情表現」を認識する事。

「どれくらいの頻度なのか」「どういった形の愛情表現なのか」を考える事がベストだといえるでしょう。

お互いがお互いのベストな愛情表現の頻度を相談しあう事から始めてください。

③あなたに伝わっていないだけ

相手が「実は愛情表現をしているつもりだったけれどあなたに伝わってなかった」という事も考えられます。

あなたが想定する「愛情表現」を相手がしていないだけで、実はしっかりと相手は愛情表現をしていたつもりだった事はよくあることです。

したがって、あなたがまず行うべき事は「相手の理解」であると言えるでしょう。

「実際は何らかの表現をしているのではないか」と疑ってかかる事がちょうどいいです。

愛情表現がないと感じた時にすべきポイント

さっそく「愛情表現がないと感じたときにすべきポイント」について考えてみましょう。

ここで重要な事は「常に相手の事を考えてあげる」事。

相手目線がないと物事はどうしてもうまくいきません。

恋愛は「相手にどれだけよりそってあげられたのか」が重要。

「相手への気遣い」を失ってしまったら、どうあがいても良い関係は望めません。

具体的な行動例としては下記です。

相手への気遣いを忘れない

まず一番重要なのは「相手への気遣いを忘れない」という事。

相手への気遣いを忘れてしまった人間はどうしてもうまくいきません。

相手が「俺の事を気にかけてくれているんだな」と思ってもらえるくらいの気遣いを見せてあげることが大切です。

ふとしたときであったり。感謝の言葉を相手に投げかける癖をつけましょう。

「他人の態度はあなたが相手に与える態度」であるという事を意識すると上手くいきやすいです。

あなたが優しくされないのはあなたが他人に優しくしていないから。

逆に言うと、「いつも周りに優しくしてもらえる人」は「いつも他人に優しい人」という事です。

まとめ

今回も記事を読んでくれてありがとうございました。

また、この記事では「5カ月放置され続けたけど○○しただけで彼の気持ちを取り戻せたワケ」を紹介しています。

→5カ月放置され続けたけど○○しただけで彼の気持ちを取り戻せたワケ

タイトルとURLをコピーしました