付き合って3ヶ月・・・正直冷めたかも。冷めてしまう理由はこれだけしかない

2020年8月6日

 

 

 

今回は「付き合って3ヶ月・・・正直冷めたかも。冷めてしまう理由はこれだけしかない」

というテーマでお届けしていきます。

 

良く言われるのが「付き合って3か月になると慣れてきて飽きる、冷める」

という「魔の3か月」。しかしこの魔の3か月が起こる理由はこの記事で紹介するものしかないと思っていいです。

 

この記事をきちんと読みとることにより、「付き合って3か月で冷める」現象

について把握する事ができ、恐怖し無くなる事に気が付くでしょう。

 

ユウジ
ユウジ
この記事を読んだあなたはラッキーだったという事。

ぜひ最後まで目を通して、しっかりと自身の状況と照らし合わせてみてください。

 

 

付き合って3ヶ月・・・正直冷めたかも。冷めてしまう理由

 

①慣れ

 

冷めてしまう理由①はずばり「慣れ」です。

 

カップルにとって「慣れ」というのはかなり根本的な理由になります。

お互い一緒に過ごす時間が増えると必然的に相手に対して「慣れ」「安心感」を抱くようになります。

 

これはいわゆる「マンネリ」の状態に近いですが、一方でこの「マンネリ」期を乗り越える事

ができればさらに深いつながりを持つことができるようになります。

 

「マンネリ」を乗り越えた先にはお互いの理想が待っている事を知っておきましょう。

要するに「飽きた」と思ってしまってもそれは悪いことではなく、「受け入れている状態」という事です。

 

ユウジ
ユウジ
マンネリこそがカップルの絆をより深くする大切な期間だという事なんだ。
「身体や精神が相手になれようとしている」という証拠。
「落ち着いて関わることができるようになっている」と思えば悪いことではないと分かるはずだ。

 

もし「慣れ」が嫌だと思っているのであれば、距離を置いてみたり、別の

異性と関わる時間を増やしてみると良いです。

 

恋愛が上手くいかない時はどうすればいい?

恋愛が上手くいかない時はどうすればいい?

 

②そもそも好きでない

 

そもそも好きでない」という理由も実は考えられる可能性です。

 

付き合う時、「なんとなく付き合う」という人はそこそこいるもの。

実際3か月くらい過ぎたあたりから「なんかどうでもいいかも」と思い始め、別れます。

 

結局のところ「本当に相手が好き」というのであれば付き合いをやめる事は

ほとんどありませんし、なんだかんだいって別れても復縁するもの。

 

あなたがこのパターンなのかどうかは「自分にとって相手がどんな存在か

という事を考えてみると良いでしょう。

 

ユウジ
ユウジ
「なんとなく付き合った」「なんだか押しが強くて付き合った」という場合はこのパターンに当てはまる可能性が高い。
この場合はさっさと別れたほうがいい。時間の無駄だ。
自分の直感や感情に素直に従うことが大切なんですね。
マナミ
マナミ

 

③悪い所も見えるようになった

 

冷めてしまう理由③は悪い所も見えるようになったという事。

 

付き合って間もないときはお互いの良いところしか見えないですし、お互い

かっこつけて「綺麗な部分」しか見せないようにするのがカップルというもの。

 

しかし付き合っているうちに「悪い所も見えるようになってきた」という事はよくある事です。

比較的、お互いが関わる時間が長くなると「素の部分」がお互い見えるようになってくるもの。

 

交際初期の「かっこいい姿、綺麗な姿(着飾った姿)」と「素の状態」のギャップに

思わず打ちのめされてしまうという事なんですね。

 

ユウジ
ユウジ
初対面の時の印象が良ければ良いほど、素の状態とのギャップに思わず打ちのめされてしまう。
うんこはするわ、屁は臭いわ、よく見るとそんなにかっこよくなかったり。
それがカップルだ。

結局、人間だって動物だという事。相手は「綺麗でかっこいいパートナー」ではなく、

「人間」であり、「動物」であるという事を常に頭のどこかに入れておきましょう。

 

「相手が完璧だ」と思っていても、おならだってしますしね。どこかで「綺麗なもの」だと思って「汚い部分を見ない」ようにしているのかもしれません。
ポン太
ポン太

 

 

④関わりが少なすぎる

 

接触頻度が少なすぎる」場合も、相手に対して「冷めた」と思う要因の一つ。

 

お互いが忙しすぎて「接触する頻度」が少ないなんてことになれば当然

「相手に対して思う心」「思う気持ち」が減ってきてしまいます。

 

それは仕方がない事。「お互いが会う時間がない」「お互いあまり話せない」

「遠距離で付き合っている」という場合はこのパターンが当てはまる場合が大きいのですね。

 

したがって行うべき事は「接触する回数を増やす事」に他なりません。

隙間時間にこまめにlineをしてあげたり、電話をするように心がけましょう。

 

ユウジ
ユウジ
「接触する回数」「接触する頻度」はとても大切だ。
「会う回数が多すぎても飽きる」が、「会う回数が少なすぎても飽きる」のがポイント。
忙しすぎてかかわりが少ないっていうのは残念ですね。
ポン太
ポン太

 

大切なことは「あなたが現実とどのように向き合うか」

 

ここまで、「冷めてしまう理由」について解説してきました。

この理由を踏まえたうえで伝えたいのが「あなたはどうしますか?」という事。

 

あなたが今付き合っている人は付き合う価値があるのですか?

あるいは、10年後も付き合っているビジョンが見えますか?

 

もしそうでないのであれば、今一度「パートナーとの関係」について

考え直すべきです。なぜならばあなたの時間は限られていて、すぐに年を取るからです。

 

ユウジ
ユウジ
あなたの貴重な時間を「非生産的な事」に費やすべきではない。
さっさと別れて「あなたが本当に好きになれる人」と付き合うようにするべきではないか?

とはいえ、そこまで極端になる必要もありません。というのもマンネリ期は

どんなカップルにも訪れるものだからです。

 

マンネリ化を感じたとしても、いずれにせよ治るものではあるので

「このままのカップル関係」をどうするかという良い機会なんです。

 

下記の具体策を試してみてください。

 

友人に相談してみる

「マンネリ化」している現状を友人や知人に相談してみるといいです。

 

同じような悩みを持っている人は必ず存在するのが「マンネリ」なので、

どこかに必ずあなたの現状を理解してくれる人がいます。

 

他にも「マンネリ」で悩んだ経験のある人と積極的に関わり、

意見交換やアドバイスを貰うようにすることを心がけましょう。

 

基本的に悩みは「一人で考えても答えが出ない」もの。

必ず誰かと共有する事が大切です。

 

相手に素直に伝えてみる

 

相手に「マンネリを感じている事」を伝えてしまうのも一つ。

もしかしたら相手も同じ気持ちを抱いているかもしれません。

 

お互いがお互い「マンネリ」を感じているという事であれば、

「これからどうするか」という事について当事者間で話し合う事は建設的でしょう。

 

 

2人にしかわからない事をお互いが共有する事で、お互いのコミュニケーションの

質が劇的に高まります。

 

まとめ

今回は「付き合って3ヶ月・・・正直冷めたかも。冷めてしまう理由はこれだけしかない」

というテーマでお届けしました。

 

付き合って3か月で冷めてしまう事はよくある事であり、

悪いことではありません。

 

「冷めてしまう理由」についてきちんと把握しておくことができれば

納得もできますし、「物事には理由がある」事を知っておけば気持ちを和らぐはず。

 

ぜひ「前向き」に捉えてみてください。あなたは悪くありません。

 

ユウジ
ユウジ
「冷めてしまってなんだか申し訳ない」なんて自分を
責める必要などは全くない。
カップルであればだれでも経験する事だからだ。