一週間連絡なしの彼氏はどうすればいい?

2021年2月28日

 

今回は「一週間連絡なしの彼氏はどうすればいい?」というテーマでお届けしたいと思います。

 

彼氏が一週間も連絡がなく、どうすればいいのか、どういう気持ちで相手と向き合えばよいのか悩む人は少なくありません。

 

こんな時に行うべきことや相手との向き合い方を考えるためのヒントを紹介したいと思います。

 

一週間連絡なしの彼氏の心理

 

さて、「一週間連絡なしの彼氏の心理」についてさっそく考えてみましょう。

 

一週間連絡がないということで焦る女性はたくさんいるはず。

 

「自分は何か悪いことを言ってしまったのか」「嫌われてしまったのか」などと不安になってしまいますよね。

 

下記で紹介している項目のどれかに当てはまらないか、しっかりと把握してください。

 

①あなたと距離を置きたいと思っている

 

まずは「あなたと距離を置きたいと思っている」ということがあげられます。

 

一週間という期間連絡を取らないというのはなかなか考えにくいことですし、まず普通に考えて起こりにくい事です。

 

すなわち「意図的にあなたとの連絡を取らないようにしている」ということであり、「あなたと距離を置きたい」というメッセージに他なりません。

 

この場合は「あなたが何か相手に嫌なことを言ってしまった」「悪い印象を相手に与えてしまった」可能性が考えられます。

 

今までの彼氏とのかかわりを振り返ってみて「どういったところにミスがあったのか」「何が悪かったのか」を考え直してみてください。

 

 

第三者に相談する

困ったときには第三者に迷わず相談しましょう。

 

ここでおすすめなのが「電話占い」です。

 

プロの占い師による占いは当たると評判で、占いによって人生に大きな転機をもたらした人達が大勢います。

 

気になる方は「電話占いランキング」をまとめたのでこちらを参照してみてください。

 

数々の恋愛相談を受けているプロに気軽に相談できるチャンスを逃さないで。

 

過去のラインの履歴などを見る(何が原因だったのか調べる)

過去のラインの履歴を見るようにし、「何が悪かったのか」「どこに問題があったのか」などについて考えてみましょう。

 

ラインのこのやり取りはまずかった、この発言が相手を不快にさせてしまったのかもしれないなどと考察する事。

 

「相手がどう思っているのか」をまずは第一に考え、「いかにして相手の気持ちを推し量るか」に注力しましょう。

 

過去のラインの履歴を確認しても「なにが問題だったのかわからない」ということであれば友人などに協力してもらい、相手の意見を聞きましょう。

 

「何が原因でこういった結果になってしまっているのかわからない」というのが一番危険なパターンです。

 

「原因がわかれば対策をとれる」「具体的な原因をまずはつきとめる」ことを意識することから初めて見てください。

 

実際、よくよく原因を調べてみると「なんだ、こんなことだったのか」と思うことも多いもの。

 

実はたいした原因ではなく、対策も簡単にできることだったのに「漠然と不安に思っている」のではもったいない。

 

勇気を振り絞って「原因を振り返る」ことを意識してみてくださいね。

 

前向きな距離置きもある

 

「距離置き」と聞くとついついネガティブなイメージを持ってしまうもの。

 

「距離をおいてしまったら別れるかも」「距離を置いたら嫌われるかも」などと感じてしまうものですよね。

 

しかし「距離置き」といっても一概に悪い事ではないのです。

 

「カップル間において距離を置く」ということは様々なメリットがあるのですね。

 

例えば距離を置くことでお互いの関係を見つめなおしたり、あえて遠くにおくことで逆に相手の大切さを知ることができます。

 

距離を置くという行為は少しテクニックが必要ではあるのですが、「相手を想い、相手のためになること」を選択する事により結果的に大きなメリットをあなたと相手にもたらすはずです。

 

「距離を置く」ということ自体はなんにも悪いことはなく、「使い方次第」であると心得ておきましょう。

 

喧嘩などをしたはらいせ

 

カップル間において喧嘩はつきもの。

 

喧嘩などをした腹いせとして相手に対して攻撃的な態度をとったりするものです。

 

「距離を置く」というのもそうした態度の表れの一つだと思っていいでしょう。

 

喧嘩をしたので「少し距離を置き、お互い頭を冷ましたい」と思っているのです。

 

感情的になるよりは距離を置いたほうが合理的であるため、悪くないパターンだといえます。

 

喧嘩した後に距離を置き、お互いが頭を冷ました後にきちんと和解できれば何の問題もありません。

 

むしろ喧嘩をした際は「距離を置く」ということで平和に仲直りできる可能性が高まります。

 

ネガティブになる必要は全くありません。

 

ただし、下記の点に注意しておきましょう。

距離置き中、横取りされる可能性がある

 

距離を置いている最中に相手に横取りされてしまう可能性があることを意識しておきましょう。

 

喧嘩をしているということはお互いの関心が薄れてしまっているということ。

 

そんなときに距離を置いているとなるとなおさら「他の異性」に気がいってしまう可能性があります。

 

距離を置いている最中に奪われないように注意しましょうね。

 

②あなたを試している

 

あなたを試しているという可能性も少なくありません。

 

「一週間連絡をしない」ことで相手の関心を惹き、あえて「距離置き」を行っている可能性もあります。

 

「一週間連絡しないであなたの気持ちを試してみたい」「あなたを試してメンタルを揺れ動かしたい」という魂胆がある可能性があります。

 

一週間という期間を置いたことであなたの気持ちをグラグラと揺れ動かし、「あなたをコントロールしたい」のですね。

 

もしあなたが「彼氏から連絡がこない」「連絡がこないので不安」と思ってしまうのであれば相手の策略に乗ってしまうのであれば要注意。

 

遊びなれている男性ほど使うので要注意。

「あなたを試している」場合のパターンは遊びなれている男性ほどよく使うパターンだといえるでしょう。

 

自分の彼氏が「遊びなれているタイプなのかどうか」「プラトニックな恋愛を好むタイプなのかどうか」をよく考えてみる事。

 

また、「あなたを試している」ということは「あなたを試さなければならない理由がある」ということ。

 

「相手に疑われるようなことをしていないか」「試さないといけないと思われる行いをしていないか」振り返ってみると良いでしょう。

 

自分の無意識な振る舞いが相手に不安を与えてしまっていることもあるかもしれません。

 

 

③他人との関係をシャットアウトしている

 

少なからずあることの一つとしては「他人との関係をシャットアウトしている」ということ。

 

何か仕事で大きなミスをしてしまったり、好きな人が亡くなってしまったなど、心理的に大きな負担がかかってしまっている場合です。

 

簡単に言うと「うつ状態」になっている可能性があります。

 

うつ状態になると「他人と関わりたくなくなる」「一人になりたいと思う」「誰ともかかわりたくない」と思ってしまうことが多いもの。

 

彼氏の様子がどのようなものなのか、彼氏のメンタルがどういったものなのかをよく観察するようにしてあげてください。

 

そのうえで「寄り添ってあげる事」「相手の立場に立って物事を考える癖」を身につけましょう。

 

相手のメンタルを気にかけてあげつつ、負のオーラに巻き込まれないように注意すること。

 

干渉しすぎるのはNG

「一人になりたい」と思っている人に対して干渉しすぎることはまずNGだといえるでしょう。

 

遠くから見守ってあげることを意識しつつ、「あなたの味方だよ」と相手に伝わるような態度やふるまいを意識すること。

 

「自分は一人ではないんだ」という意識を相手が持つことが大事なんです。

 

そのうえで相手の「負のオーラ」に巻き込まれないようにする事を注意してくださいね。

 

応援してあげる

「何かに打ち込んでいて、今はこのことに集中したい」と思っているのであれば他人との関係をシャットアウトしたいと思っているかもしれません。

 

「資格勉強」や「出世競争」などの出来事はかなりエネルギーを必要とするもの。

 

一人で集中して「他の事は後回しにしないと」成功できないのですね。

 

そんな時こそ「応援してくれる人」は印象に残りますし、好印象です。

 

関係をシャットアウトすると多くの人は去っていきますが、その中でも相手を尊重し応援し続けてあげられる存在は相手にとって好印象の存在なんですね。

 

 

まとめ

 

今回は「一週間連絡なしの彼氏はどうすればいい?」というテーマでお届けしました。

 

「一週間連絡ない彼氏」は非常に寂しいですし、かなり焦る事ですよね。

 

しかしお互いの関係をきちんと把握することは非常に重要なことですし、「カップルの危機」をいかに乗り越えるかが試されているとも言えます。

 

カップルにとってトラブルはつきものですし、だからこそ常に前向きで相手と向き合う癖や思考を大事にしていきましょう。