好きな人を諦めた途端、道が開ける理由とは?

2020年9月27日

 

今回は「好きな人を諦めた途端、道が開ける理由とは?」というテーマでお届けします。

 

「好きな人をあきらめた途端、うまくいくようになった」「好きな人をあきらめると人生変わった」と実感している人は少なくありません。

 

 

今回は「なぜ、そういったことが起こるのか」という点について徹底的に紹介します。

この記事を読んだ後には「好きな人を諦めた途端に上手くいく理由」が分かるはずです。

 

ユウジ
ユウジ
「好きな人をあきらめた途端に上手くいってしまう」
「好きな人がどうでもよくなった瞬間、好きな人からアプローチを受けた」そんなことは良く聞く話だ。

今回はその理由について深堀りしていく。

 

たしかに、「好きな人をあきらめた途端に上手くいった」なんて事はありますよね。あれってなんででしょう。
マナミ
マナミ

 

好きな人を諦める理由

 

思わず「好きな人を諦めてしまう理由」についてまとめていきます。

 

あなたが好きな人を諦める理由は以下の中に必ずあります。

 

他に好きな人ができた

他に好きな人ができてしまい、諦めることになった」という事は良くある事であり、好きな人を好きでなくなる理由の一つです。

 

 

他に好きな人ができてしまい、好きだった人の優先順位が低くなってしまいます。

 

出会いが多い人や、異性にモテる人は「好きな人」がコロコロと変わるのが特徴的です。

 

 

ユウジ
ユウジ
「好きな人」は実はそこまで好きではなかったなんてこともある。
「この人しかいない」と本当に思える事こそが本当に好きな人だ。

 

自分が好きな人が「本当に好きな人」なのかを考えると良いでしょう。

 

相手が完全に自分に気がないと思った

 

「相手が自分に全く気がない」と思ってしまった場合も「好きな人が好きでなくなる瞬間」です。

 

「この人、自分に全く気がないな」と思ってしまったら「好きな人」もどうでも良くなるもの。

「好きな人」を好きで居続けられるのは「自分にもチャンスが回ってくる」のではないかと思えるから。

 

ユウジ
ユウジ
「好きだった人」が自分に全く関心がないと思ってしまうと「望みが全くない」と脳が判断し、「諦め」につながる。

 

好きな人の嫌な部分を見て冷めてしまった

 

好きな人の「とんでもない姿」を見てドン引きしてしまい、「好きでなくなってしまった」という経験をした事のある人はとても多いです。

 

 

好きだった人が浮気症だったり、好きだった人が実は暴力的であったりなど、好きだったときは気が付かなかった(気が付かないふりをしていた)けれど闇の一面を知ってしまった事のダメージは計り知れません。

 

 

相手を好きであればあるほど、相手に期待すればするほど、裏切られた時のダメージはとても大きいものだといえるでしょう。

 

 

ユウジ
ユウジ
一口に「好き」といっても、「相手の良い部分」だけしか見ていないで好きな場合が多い。
「相手の嫌な部分」もきちんと把握したうえで「好きになれるか」がとても重要になってくるといえるだろう。

 

好きな人にパートナーがいた

 

好きな人にパートナーがいた」場合も、とても悲しいですしショックですし、「自分には無理かな」と思い「好きな人」を諦めてしまう要因の一つ。

 

 

ましてや「好きな人のパートナーが容姿端麗、高スペック」であるならばその気持ちが強まってしまいます。

 

ユウジ
ユウジ
「好きな人にパートナーがいる」というだけで嫌な気持ちになるだろう。
まれに「奪ってやろう」と思うハングリーな人間もいるが。

 

好きな相手にパートナーがいるとしても、「むしろ奪い取ってやろう」と思えるくらいのメンタルが必要になってきます。

 

 

厳しいですね。
マナミ
マナミ

 

[↓恋愛を上手くいかせたいなら必見の記事↓]

恋愛が上手くいかない時はどうすればいい?

 

好きな人を諦めて上手くいってしまう理由

 

 

相手の関心をひくから

 

好きな人を諦めて上手くいってしまう理由①は「相手の関心をひくから」です。

 

「好きな人」に対して見せる振る舞いや行動、マインドや身なりなどは「相手の関心を引きつけよう」という振る舞いです。

 

当然のことながら、「好きな人」がいれば「好きな人をどのようにして関心を持ってもらうか」という事に行動が洗練されていくはず。

 

ユウジ
ユウジ
「好きな人を諦める」という事は「好きだった人を引き付ける」「好きな人の気を引く」という事をしなくなるという事。その結果・・・

 

「好きな人」を諦め、「好きでなくなり」、「気を引く事」をしなくなると「相手にとっては(あれ?)」と思われるようになります。

 

今までぐいぐい来てたアピールが急に来なくなった・・・「もしかして私の事好きでなくなったのかも」と思うわけです。

 

人は「自分を好きになってくれる人を好きになる」傾向があります。

あなたが好きな人に対して「好きアピール」を行う事により、相手があなたの好意に気が付きます。

 

しかしその「アピール」が無くなってしまったことにより、相手は「違和感」を感じるのです。

 

「最近好きアピールがない」「もしかして私の事好きにならなくなってしまったのかも」「他に好きな人ができたのかも」と相手の「焦燥感」を煽ることができます。

 

人間は「奪われた」と思うとそれを必死で取り戻そうとするもの。

「相手の焦燥感」を徹底的についてあげることでむしろ相手の関心を引くのですね。

 

 

「押してダメなら引いてみる」という作戦がとてもうまくいくパターンです。

 

確かに、「今まであれだけアピールしてた」人が急に落ち着いてたらなんだか違和感を感じますものね。
マナミ
マナミ

 

 

自然体でいれるから

 

好きな人を諦めて上手くいってしまう理由②は自然体でいれるからという事。

 

相手を意識しなくなってしまった後、当然その人に対しては今までの態度をとは異なる態度をとるようになりますよね。

 

 

「アピールしていた時」とは異なり、肩に力が入っておらず、自然でリラックスしている状態で好きだった人と接する事ができるのです。

 

 

自然体で接する事ができるようになることで、相手の関心や好意をむしろ惹きつけることができるようになる場合もあります。

 

アピールしていた時は「相手の気を引こう」と少しかっこつけてしまったり、いつもとは違う態度をとってしまいがち。それがマイナスにつながることもあります。

 

打って変わって、自然体で相手と接することにより本来の自分の姿を相手に見てもらえるようになり、相手もリラックスしてあなたと付き合えるようになります。

 

ユウジ
ユウジ
「好きな人」に対して自然体で付き合えるというのはとても良いことだ。
相手にとっても自然体でいるあなたは印象が良いだろう。

 

特にあなたが男性で、相手が女性の場合は「追いかける事」が無くなることで好印象につながる傾向があります。

 

 

「女性を追いかける男性」というのはモテません。モテる男性は「追いかけない」からこそ、相手に余裕感を与えることにつながり、安心感を与えることができます。

 

 

自然体で「諦める」ことにより、相手にグイグイといかずに余裕感を与えてあげることができるのがポイント。

 

確かにグイグイ来る男性ってちょっと苦手かも。
それよりも余裕のある人のほうがいいですね。
マナミ
マナミ

 

まとめ

今回は「好きな人を諦めた途端、道が開ける理由とは?」というテーマでお届けしました。

 

「好きな人を諦めた瞬間になんだか上手くいき始めるのって何なの?」と思う方は多い事でしょう。

 

「諦める」という事であえて相手との距離が近くなったり、関係が改善することも多くあるため、ぜひ参考にしてみてください。

 

ユウジ
ユウジ
「諦める」ことを後ろ向きにとらえない事だ。
メリットもたくさんある。