彼氏の愛情表現が減った!原因は?対処は?

この記事は約9分で読めます。

今回は「彼氏の愛情表現が減った!原因は?対処は?」というテーマでお届けします。

あなたは「なんだか最近、彼氏の愛情表現が減った」と悩んではいませんか?

この記事では「愛情表現が減る原因と対処法」について細かく具体的に説明しています。

今回紹介する「愛情表現が減る原因」と「対処法」を抑えておく事により、あなたはきっと彼氏との関係を改善する事ができやすくなるはずです。

「彼氏の愛情表現が減る」という事には必ず理由があります。この記事を参考にして、しっかりと対策を行って下さい。


この記事を書いた人

彼氏の愛情表現が減る理由

なぜ、あなたの彼氏の「愛情表現」は減ってしまうのでしょうか?

その主な答えをこれから紹介していきます。

基本的には下記の内容をきちんと把握する事により、あなたはきっと「愛情表現が減る理由」を知る事ができるはずです。

①慣れ

彼氏の愛情表現が減る理由①は慣れという事。

慣れてしまった場合、彼氏はあなたとの関係に落ち着いている状態です。

いわゆる「マンネリ」状態に近いですね。

実はマンネリも悪いことではないのです。マンネリ期を乗り越えたカップルはより深く付き合うことができる傾向があるからですね。

恋愛はどんなに好きでも飽きる」ものなので、ある程度のマンネリや飽きは気にしないで大丈夫。

問題は「どうやってそのマンネリを乗り越えるか」という事。

慣れ自体は悪いことではないですが、別れにつながる要因でもあります。

香水や服を変えてみる

香水やいつも着ている服を変えてみるというのも良い手段です。

特に男性の場合、「外見」を重視する傾向があります。

つまり外見が変われば、相手の気持ちも変わる可能性があるのです。

したがって、一番簡単な対処方法としては「外見を変える」「雰囲気を変える」のが楽です。

多くの場合、男性は付き合っている女性に対して慣れを感じると愛情表現をしょうとする人が少なくなるもの。

したがって「慣れ」を感じさせず、「変化」を相手に常に感じさせることで慣れからの脱却を図る事ができるようになります。

「なんかいつもと違うね」「また雰囲気変わったね」と言ってもらえるような心がけをするようにしましょう。

第三者に相談してみる

自分が他人からどのように覆われてるか困ったときには第三者に迷わず相談しましょう。

ここでおすすめなのが「電話占い」です。

プロの占い師による占いは当たると評判で、占いによって人生に大きな転機をもたらした人達が大勢います。

気になる方は「電話占いランキング」をまとめたのでこちらを参照してみてください。

肉体改造

外見を変えるという意味で同じですが、「肉体改造」もおすすめ。

服や香水といったファッションを変えるという事に加え生身の肉体を改造することも効果的。

ダルダルの肉体の女性より、腹筋バキバキで引き締まった肉体の女性のほうが間違いなく需要があります。

特に「お尻」の張り具合や引き締まり具合はアピールポイント。

スクワットなどでとことん追い込み、お尻を鍛えましょう。

運動を行うことで「フェロモン」の分泌が期待できるので、本能的な部分に働きかけることもできます。

デメリットをあげると、「肉体改造」という行いはかなり労力と忍耐力が必要なうえにリバウンドなどのリスクもあります。

結局「メンタル」が大事になってくるうえに短期的に効果は見えないことが多いため、挫折する人は枚挙にいとまがありません。

最後まで「継続」できるかどうかが重要であり、なおかつどこまで突き詰めて努力できるかにかかっています。

他の男をちらつかせる

劇的な効果があるのが「他の男をちらつかせる」という事。

男性は非常に嫉妬深いものです。自分の彼女が他の

男に口説かれていたり「奪われそう」と思うと必死に取り返そうとします。

友人や知人に協力してもらい、あたかも「他の男に口説かれてる」というシチュエーションを作り上げると良いです。

この方法も一長一短があるやり方です。

メリットとしては「絶大な効果」が期待できること。その上に手軽に行えるという事や、「精神的な優位」を保てます。

デメリットとしては「不信感」を買ってしまう可能性がある事。

「嫉妬心を高めるためにあえてほかの男をちらつかせた」「浮気していた」なんて思われれば一発でアウトです。

相手との時間を大事にする

上記の点を踏まえたうえで、「相手との時間を大切にする」という事が重要になってきます。

「相手との時間を大切にしよう」という振る舞いはとても重要かつ、相手にとって良い印象を与えるきっかけになるものです。

「相手と良い関係を築きたい」という思いや感情は必ず相手に伝わりますし、お互いの信頼感を高めることになります。

②好きではなくなった

彼氏の愛情表現が減る理由②は好きではなくなったという事。

「慣れ」ではなく、あなたを好きでなくなってしまったという点でかなり危険なパターンです。

このパターンで重要なことは「なぜ好きでなくなってしまったのか」という点を徹底的に調べること。

あなたに対して好きでなくなってしまったという事はあなた自身にそう思わせてしまう要因があったと思うべきでしょう。

実はそもそもあなたに対して「思わせぶりな態度をとっていた」だけだったかもしれませんし、あなた自身が「相手の好意を冷ます行動」をしてしまっていたかも。

「あの時の行動が良くなかったのか」「彼氏はどういうときに嫌な顔をするのか」という事について考えることが大事です。

友人や異性の知人にあなたのどういう部分に問題があるかを聞いてみるのもいいでしょう。

結局、自分の欠点は自分が決めるものではなく他者が決めるものだと認識しておくことを忘れないように。

「好きではない」という感情には必ず原因があるもの。しっかりと相手があなたに好意を失ってしまった理由を探すことが大切です。

逆にいうと、「きちんと嫌われている理由」を把握することによりむしろ相手との関係が良好になるパターンもあります。

「マイナス」から「プラス」にすることは難しいことですが、しっかりと相手と向き合う態度と姿勢を見せることで好感度が上がるのです。

彼氏の動向を探る

まずは「彼氏の動向を探る」事から始めてみましょう。「彼氏が他の人を好きになっている振る舞い」を見つける事。

あなたが知らない間に誰かとやりとりをしていたり、知らない間に他の異性と一緒に交際しているなどがあれば「あなたを好きでなくなった」可能性があります。

他の異性やあなたとの約束を破ったり、優先順位をさげているのであれば「あなたを好きでなくなった」可能性が高いといえるでしょう。

何か「仕方がなくあなたとの関係をとる事を少なくしている」のか、あるいはほかに理由があるのなら注意が必要です。

結局あなたの彼氏があなたに対してきちんとした思いやりを持って行動しているのであれば問題ないという事です。

彼氏を試してみる

「彼氏」を試してみましょう。あなたやあなたの友人と協力し、「彼氏の本気度」を測るような試みを行ってみることをお勧めします。

結局、このやり方が一番確実といえるでしょう。「彼氏の気持ち」を本当に確かめたいのであれば、「彼氏の気持ちを試す」事が何よりも効果的。

実際的な方法は「彼氏を試す方法」で詳しく紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

相手の動きや反応を見てみて、結局「あなたへの愛」がないようであると判断できれば「あなたを好きでなくなってしまった」という事が理解できます。

彼氏を試すうえで必要な事は「あなたが相手を思っているかどうか」にあるといえるでしょう。

結局のところ、あなたが相手に対してきちんとした配慮や気遣いができれば悪い方向に行くことは少ないです。

③性格

彼氏の愛情表現が減る理由③は性格という事。

あえて「愛情表現をしない」という男性も一定数存在します。

愛情表現はしていないけれど「好きである」という事はありえます。

あなたが一人で勝手に悩んでいたとしても、実際は相手はあなたのことを好きで、うまくいっていると考えている可能性は十分にあります。

要するに「貴方の事を嫌いなのではなく、むしろ好きだけど性格的に表現をしないだけ」の可能性が高いという事です。

男性は付き合いたての場合、アピールしようと必死に愛情表現を行う傾向があります。

付き合うことができると、安心感からその愛情表現は必要ないと考えて表現を控えるようになる事は起こりうること。

一見「愛情表現が減った」と思ってもそれはあなたを嫌いになったとか好きでなくなったからというわけではなく、「そういうもの」だと知っておくといいです。

要するにあなたに対して慣れがあるため、「もうアピールしなくていいか」と心の中で思っている可能性が高いです。

これは別にあなたを好きでなくなったわけでなく、純粋に「慣れた」だけであるため問題はありません。

「慣れ」というのはお互いがお互いを信頼しあってこそ起こる事なのです。

お互いが相手を信頼した結果が「慣れ」であるともいえます。カップルがより深い関係を築くにあたっては「慣れ」は絶対必要なんですね。

とはいえ、いきすぎてしまうとマンネリになってしまうので注意。「バランス」が大切なんですね。

セックスしたあとの彼氏の態度に注目すること

付き合い始めた時の彼の性格はどのようなものだったのかを考えてみるとよいでしょう。

付き合い始めた時の彼氏が「もともと愛情表現が少なかった」タイプの男性であれば、あなたを嫌いになったわけではなくもともとそのような性格だったということ。

反対に、「付き合いたての時はとても愛情表現豊かだったのに慣れてきたのか愛情表現が少ない」のであれば少し注意。

またセックスをした後に愛情表現が一切ないというのもかなり危険です。

身体目的の男性はセックスしたあとの態度がとても冷たく、ヤッたら終わりなのが分かりやすいポイントです。

「セックスした後に態度が冷たくなる」ともしあなたが感じるのであれば、相手はあなたに対してただの身体目的だと思っているかもしれません。

セックスした後の彼氏の態度に注目してみるのもおすすめです。

彼氏の愛情表現が減ったと感じたら

彼氏の愛情表現が減ったと感じたのであれば、すべきことを紹介していきます。

「彼氏の愛情表現が減ってしまう事」ってとても辛いことですよね。

だからこそただただ後ろ向きに考えるのではなく、「すべきこと」を着々と行っていきましょう。

「彼氏の愛情表現が減ってしまった」と嘆く必要はありません。淡々と対策を行っていけば悪い方向に向かうことはないのです。

しっかりと相手の様子を見るようにし、お互いの関係性をきちんと把握する事から始めてみると良いでしょう。

ポジティブに捉える

まず大切なのは「ポジティブに捉える」という事なんですね。

「彼氏の愛情表現が減ってしまう」というのは悔しい事ですし、辛いことですよね。

だからこそ後ろ向きに捉えてはいけません。どうかネガティブに捉えるのではなくポジティブに捉えてほしいのです。

結局ポジティブに捉えることができるかどうかであなたが感じるストレスの質も大きく変わってくるはずです。

人生いろいろあります。

「起こった事」に対して「マイナス」にとらえてしまうとそれはマイナスですし、「プラスに考える」ことができれば「プラス」になるものです。

まとめ:愛情表現が減るには理由がある

今回も記事を読んでくれてありがとうございました。

また、この記事では、「絶対に付き合えないと思っていた男性と付き合えるようになった経緯」を告白しています。

好きで気になっていたけれど、どうすればいいのかわからない、どうやったら付き合えるのかという事を悩んでいました。

心の中では絶対に付き合いたいと思っていたけれど、付き合えるようになった秘訣についてぜひ読んでみてください。

絶対に付き合えないと思っていた好きな人と付き合えた秘訣はこちら

タイトルとURLをコピーしました