彼氏の愛情表現が減った!原因は?対処は?

2020年8月11日

 

今回は「彼氏の愛情表現が減った!原因は?対処は?」というテーマでお届けします。

 

あなたは「なんだか最近、彼氏の愛情表現が減った」と悩んではいませんか?

 

この記事では「愛情表現が減る原因と対処法」について細かく具体的に説明しています。

 

今回紹介する「愛情表現が減る原因」と「対処法」を抑えておく事により、

あなたはきっと彼氏との関係を改善する事ができやすくなるはずです。

 

なんだか最近、「彼氏の愛情表現」が減ったと感じる事ってありますよね。
マナミ
マナミ

 

ユウジ
ユウジ
様々な理由が存在する。男性の心理を把握することは
きっとあなたにとっていいことだろう。

 

「彼氏の愛情表現が減る」という事には必ず理由があります。

この記事を参考にして、しっかりと対策を行って下さい。

 

 

[本気で恋愛を上手くいかせたいならこの記事↓]

恋愛が上手くいかない時はどうすればいい?

 

彼氏の愛情表現が減る理由

 

 

①慣れ

 

彼氏の愛情表現が減る理由①は慣れという事。

 

慣れてしまった場合、彼氏はあなたとの関係に落ち着いている状態です。

いわゆる「マンネリ」状態に近いですね。

 

マンネリも悪いことではないのです。マンネリ期を乗り越えたカップル

はより深く付き合うことができる傾向があります。

 

問題は「どうやってそのマンネリを乗り越えるか」という事。

慣れ自体は悪いことではないですが、別れにつながる要因でもあります。

 

[↓恋愛を上手くいかせたいなら必見の記事↓]

恋愛が上手くいかない時はどうすればいい?

 

マンネリを乗り越える対応方法

 

香水や服を変えてみる

香水やいつも着ている服を変えてみるというのも良い手段です。

 

特に男性の場合、「外見」を重視する傾向があります。

つまり外見が変われば、相手の気持ちも変わる可能性があるのです。

 

したがって、一番簡単な対処方法としては「外見を変える」

「雰囲気を変える」のが楽です。

 

ユウジ
ユウジ
下着を変えるのもいいね

 

肉体改造

外見を変えるという意味で同じですが、「肉体改造」もおすすめ。

 

服や香水といったファッションを変えるという事に加え

生身の肉体を改造することも効果的。

 

ダルダルの肉体の女性より、腹筋バキバキで引き締まった

肉体の女性のほうが間違いなく需要があります。

 

特に「お尻」の張り具合や引き締まり具合はアピールポイント。

 

スクワットなどでとことん追い込み、お尻を鍛えましょう。

 

運動を行うことで「フェロモン」の分泌が期待できるので、

本能的な部分に働きかけることもできます。

 

やっぱり「努力」なんですね。
マナミ
マナミ

 

ユウジ
ユウジ
あなたがどうしたいか、あなたがどれだけ行動できるかという事にかかっている。

 

デメリットをあげると、「肉体改造」という行いはかなり

労力と忍耐力が必要なうえにリバウンドなどのリスクもあります。

 

結局「メンタル」が大事になってくるうえに短期的に効果は

見えないことが多いため、挫折する人は枚挙にいとまがありません。

 

最後まで「継続」できるかどうかが重要であり、なおかつ

どこまで突き詰めて努力できるかにかかっています。

 

他の男をちらつかせる

 

劇的な効果があるのが「他の男をちらつかせる」という事。

 

男性は非常に嫉妬深いものです。自分の彼女が他の

男に口説かれていたり「奪われそう」と思うと必死に取り返そうとします。

 

友人や知人に協力してもらい、あたかも「他の男に口説かれてる」

というシチュエーションを作り上げると良いです。

 

ユウジ
ユウジ
ナンパされている様子なんかを見せてやるとすげえ効果あるぞ。

 

自分の彼女がナンパされてたらすげえ悔しいですよね
ポン太
ポン太

 

この方法も一長一短があるやり方です。

 

メリットとしては「絶大な効果」が期待できること。その上に

手軽に行えるという事や、「精神的な優位」を保てます。

 

デメリットとしては「不信感」を買ってしまう可能性がある事。

 

「嫉妬心を高めるためにあえてほかの男をちらつかせた」

「浮気していた」なんて思われれば一発でアウトです。

 

相手との時間を大事にする

上記の点を踏まえたうえで、「相手との時間を大切にする」

という事が重要になってきます。

 

「相手との時間を大切にしよう」という振る舞いはとても重要

かつ、相手にとって良い印象を与えるきっかけになるものです。

 

「相手と良い関係を築きたい」という思いや感情は必ず相手に

伝わりますし、お互いの信頼感を高めることになります。

 

ユウジ
ユウジ
「愛情表現が少ない」と感じるのであれば、あなたからどんどん感情を伝えていけばいい。
きっと相手もあなたの気持ちにこたえようとしてくれる。

 

②好きではなくなった

 

彼氏の愛情表現が減る理由②は好きではなくなったという事。

 

「慣れ」ではなく、あなたを好きでなくなってしまったという点で

かなり危険なパターンです。

 

このパターンで重要なことは「なぜ好きでなくなってしまったのか

という点を徹底的に調べること。

 

あなたに対して好きでなくなってしまったという事は

あなた自身にそう思わせてしまう要因があったと思うべきでしょう。

 

「あの時の行動が良くなかったのか」「彼氏はどういうときに嫌な顔をするのか」

という事について考えることが大事です。

 

友人や異性の知人にあなたのどういう部分に問題があるか

を聞いてみるのもいいでしょう。

 

結局、自分の欠点は自分が決めるものではなく他者が

決めるものだと認識しておくことを忘れないように。

 

ユウジ
ユウジ
「何が原因で好かれなくなったのか」「彼氏が自分のどこに幻滅したのか」ということにフォーカスしよう。
原因さえわかればその原因に対して適切な対処をすればいい。

 

「好きではない」という感情には必ず原因があるもの。

しっかりと相手があなたに好意を失ってしまった理由を探すことが大切です。

 

逆にいうと、「きちんと嫌われている理由」を把握することにより

むしろ相手との関係が良好になるパターンもあります。

 

「マイナス」から「プラス」にすることは難しいことですが、しっかりと

相手と向き合う態度と姿勢を見せることで好感度が上がるのです。

 

③性格

 

彼氏の愛情表現が減る理由③は性格という事。

 

あえて「愛情表現をしない」という男性も一定数存在します。

愛情表現はしていないけれど「好きである」という事はありえます。

 

あなたが一人で勝手に悩んでいたとしても、実際は相手はあなたのことを

好きで、うまくいっていると考えている可能性は十分にあります。

 

男性は付き合いたての場合、アピールしようと必死に愛情表現

を行う傾向があります。

 

付き合うことができると、安心感からその愛情表現は必要ないと考えて

表現を控えるようになる事は起こりうること。

 

一見「愛情表現が減った」と思ってもそれはあなたを嫌いになったとか

好きでなくなったからというわけではなく、「そういうもの」だと知っておくといいです。

 

ユウジ
ユウジ
愛情表現が減ったら不安になってしまうよね。
けど大丈夫。そういう事もあるし、不安に思いすぎることはないさ

 

考えすぎは禁物ってことですね!
適度なポジティブさが大事
マナミ
マナミ

 

要するにあなたに対して慣れがあるため、「もうアピールしなくていいか」

と心の中で思っている可能性が高いです。

 

これは別にあなたを好きでなくなったわけでなく、純粋に

「慣れた」だけであるため問題はありません。

 

「慣れ」というのはお互いがお互いを信頼しあってこそ起こる事なのです。

 

とはいえ、いきすぎてしまうとマンネリになってしまうので注意。

「バランス」が大切なんですね。

 

まとめ

今回は「彼氏の愛情表現が減った!原因は?対処は?」というテーマでお届けしました。

 

「恋愛表現が減る」という出来事には必ず原因があり、理由

あるという点を常に把握しておいてください。

 

原因があるという事は対策も立てることが可能だという事。

悩まずに考えることを念頭にして行動してください。

 

行動しだいでは「マイナス」から「プラス」に転じさせることも

全然できることですし、むしろ逆転も可能。

 

原因に沿った正しい対処法を行う事で改善すること間違いなし。

 

少しでも参考になれば幸いです。