彼氏の連絡が減ったのは別れのサイン?対処法はこれだけ!

2020年9月11日

 

今回は「彼氏の連絡が減ったのは別れのサイン?対処法はこれだけ!」

というテーマでお届けしたいと思います。

 

あなたは「彼氏の連絡が減った」と悩んでいませんか?

 

なぜ「彼氏からの連絡が減ってしまった」ようになったのか、

対処法についてどのようにすればいいのかという事について説明します。

 

この記事では「具体的な対処法」について説明しているため、

読むことで対処法やメンタルの保ち方について把握できます。

 

ユウジ
ユウジ
「何が問題なのか」という事がはっきりとしていれば、おのずと答えは見えてくる。しっかりと一歩一歩頑張ろう。

 

 

少しでも心当たりがある方はぜひ参考にしてください。

 

上手くいかない恋愛から脱却し、あなたが「理想の恋愛」を手に入れる方法クリックして確認してみる

 

彼氏の連絡が減ると不安な理由

 

彼氏からの連絡が減るとどうしても不安になってしまうもの。

だからこそ、「自分がなぜ不安感を抱くのか」という事にフォーカスしましょう。

 

そもそも「彼氏の連絡が減って不安になる」という事は、心のどこかであなた自身が

「良くない事」を想定してしまっている証拠。

 

もちろん、良くない可能性も考えられますが、まず大切な事は「ネガティブ」

になりすぎない事。あなた自身のメンタルを正常なものにしてください。

 

ユウジ
ユウジ
そもそもあなた自身の「メンタル」が調子悪ければどうあがいても良い方向に向かう事はない。
なぜならば、「物事を良くするのも悪くするのもあなた次第」だから。

「思考は現実化する」という考え方があります。要するに、あなたの考える事が

良い事も悪いことも実現してしまうという事なんですね。

 

「捨てられたくない」「振られたくない」「もしかして浮気しているかも」

そんな風に考えてしまうと、結局あなたの考える通りに物事が進んでしまうのです。

 

したがってまず行うべき事は、「いかにしてポジティブであり続けるか」

という事に尽きます。

 

あなた自信がとてもポジティブであれば、なんの問題もなく物事は進みます。

 

「悪い考えは悪い結果を呼び寄せる」という事をしっておいてください。

 

マナミ
マナミ
なるほどです。常に前向きで居続ける事が大切なのですね。
ユウジ
ユウジ
他の事は考えなくていい。
とにかく「前向き」「ポジティブ」で居続ける事。
それ以外に必要はない。

 

こうしたマインドをしっかりと身に着けたうえで具体的な

「対処方法」などについて考えていきましょう。

 

彼氏の連絡が減ったのは別れのサイン?対処法

 

さっそく、「彼氏の連絡が減った」と感じたときに行うべき対処法について

解説していきたいと思います。

 

対処法についてそれぞれのメリットや注意点を考えつつ、

何をするべきか、どういった対処法をしたらベストなのかを考えましょう。

 

①落ち込まない

 

対処法①は落ち込まないという事。

 

「連絡が減った」といっても、別れのサインとはいいきれません。

 

純粋に彼氏が忙しいかもしれなかったり、なにかの理由があって連絡が

減ってしまっただけかもしれません。

 

ユウジ
ユウジ
「悪い事だと思っていたけれど、実際は大した事はなかった」という事は多々ある事だ。
だからこそ、あなた自信がそこまで落ち込む必要性は全くないといっていい。

 

たしかに、連絡が減ると不安ですよね。

しかし「悩んだところで解決しない」という事を認識しましょう。

 

いくら悩んでも悩んでも、結局解決するかどうかは行動しだいなのですから。

まずは前向きに捉える事から始めましょう。

 

②理由を調べる

 

対処法②は理由を調べるです。

 

どういった理由で彼氏の連絡頻度が減ってしまったのか」という

部分をきちんと把握しましょう。

 

さまざまな観点から連絡頻度が減ってしまった原因を調べるように努めてください。

 

「最近、連絡の頻度が少なくて寂しい」「最近忙しいの?」などと声掛け

してみたり、友人に協力してもらいリサーチしてもらいましょう。

 

ユウジ
ユウジ
どういったことにも必ず「理由」が存在する。
だからこそ、常にあなたは「なぜ相手が自分の期待したように動かないのか」という事に気を付けないといけない。

 

男性の連絡頻度が少なるのは以下の理由が挙げられます。

 

忙しい

まず多いのが「忙しい」という理由です。

 

特に日本の男性の場合、仕事を優先する人が

非常に多いため、仕事が忙しいとなかなか連絡しません。

 

仕事が忙しくないのかどうかというのは外から分かりにくく

判断が難しいので友人などに協力してもらい調査しましょう。

 

業界によって繁忙期などがあるため、その部分を判断する事。

 

上手くいかない恋愛から脱却し、あなたが「理想の恋愛」を手に入れる方法クリックして確認してみる

 

関心がない

あなたに関心がない場合も連絡頻度が大幅に減ってしまう要因の一つ。

 

特に忙しいわけでもないはずなのにそっけなかったり、

連絡が少ないというときは要注意です。

 

あなたに関心がないのかそうでないかと

いう見極めが非常に大切。

 

男性は素直な生き物なので、関心がなくなると

そっけなかったり、目を見て話してくれなくなったりします。

 

そういった感じがないのにもかかわらず連絡頻度が少ない

場合は純粋に性格によるものの可能性もあります。

 

性格、慣れ

「性格」「慣れ」という可能性もあります。

 

これはどういうことかというと、「連絡頻度はこれくらいでいい

慣れてきたしそんなに頻度なくていいか」と思っているのです。

 

あなたからしてみると寂しいかもしれませんが、彼氏にとっては

これくらいの頻度がちょうどいいと思ってるのですね。

 

また、お互いの関係に「慣れ」を感じた場合もそっけなくなったり

そこまで連絡をしなくなる傾向があります。

 

「慣れ」で連絡頻度が少なくなるのはむしろ良い事。

仲が深まっている証です。

 

このように、男性の連絡頻度が減ってしまうのは

上記のような理由があるからなんですね。

 

まずはどういったパターンなのかを判断し、

パターンごとの対応を考えていきましょう。

 

③友人に相談する

 

対処法③は友人に相談するという事。

 

友人に相談し、協力してもらうことがあなたを助けるでしょう。

第三者の力を得る事で、一人で悩むよりも有益な時間を過ごせます。

 

まずあなたが一人で物を悩むのは絶対にNG。一人で抱えるのではなく

友人や知人に相談しストレスを緩和して分散しましょう。

 

同じように「連絡が減った彼氏」を持っている友人が、

「どのように問題を解決したのか」を聞いてみるとよいです。

 

SNSや掲示板を見る事で、多くの情報を得る事もできます。

 

④彼氏に相談

 

対処法④は彼氏に相談です。

 

単刀直入に「彼氏に対して連絡をもっとしてほしい」と

いってしまいましょう。

 

「私が寂しいから連絡をよこせ」というのは印象が悪いですから、

あくまでも彼氏の気持ちを考えたクッション言葉を入れたうえで伝えると良いです。

 

「忙しいのかもしれないけれど」「あなたが好きだから」

というポジティブワードを入れたうえで伝えてみる事。

 

ユウジ
ユウジ
結局のところ、彼氏に直談判してしまうのが最も効率的ではある。
あなたと彼氏の関係性にもよるが、基本的に一番効果の高い方法になるといえる。

 

相手の状況を把握したうえで「連絡頻度を増やしてほしい」と訴えることが大切なんですね。
マナミ
マナミ

 

大切なことは「相手の状況をきちんと把握しておく事」「相手の理想連絡頻度」

を把握しておく事の2つになります。

 

あなたが理想とする連絡頻度が、相手にとっては理想ではなかった場合は

お互いの認識にずれが生じてしまう事になりトラブルの原因になりかねません。

 

そのうえで「相手の状況」についてもきちんと理解を示しておく態度が

伝わるようにしておきましょう。

 

相手が忙しかったり、連絡を取る事ができなかったりするような

「どうしよもない理由」がある場合はあまり言い過ぎるのはよくないです。

 

相手からすると「理由があって連絡できないのになんで批判されるのか」

という風に思われてしまう恐れがあるからです。

 

相手の立場にたって考えることが大切なんですね。
ポン太
ポン太

⑤彼氏の家族に相談

 

さらに効果的なのは「彼氏の家族に相談する」という手段。

 

彼氏の家族に相談してしまうことでかなりの確率で彼氏の

行動を変えてしまうことができます。

 

さすがに家族に働きかければたいていの場合、「危機感」を

抱いてくれるため高確率で意識を変えてくれるでしょう。