復縁できなかった人がやりがちなパターン

 

今回は「復縁できなかった人がやりがちなパターン」というテーマでお届けします。

 

「復縁できなかった人」がやりがちなパターンというのは

絶対に押さえておかなければならないポイント。

 

今復縁するつもりがなかったり、復縁する予定がなかったとしても

タイミングは突然やってくるもの。

 

「復縁できなかった人」にはならないようにしておきましょう。

 

今回は「復縁できなかった人がやりがちなパターン」

というテーマでお届けしますので、ぜひ参考にしてください。

 

復縁できなかった人がやりがちなパターン①けんか別れ

 

復縁できなかった人がやりがちなパターン①はけんか別れという事。

 

喧嘩別れで別れてしまったカップルというのは非常に復縁

しにくいカップルになります。

 

別れたカップルが復縁するために必要な要素は「尊敬」

なんですね。

 

お互いが「好きだけど諸事情でしかたなく別れる」「尊敬したまま

別れた」という状態で別れた場合は復縁しやすいです。

 

喧嘩別れで別れてしまったカップルはお互いの最後の印象が最悪

ですし、「復縁したい」と思える要素がなくなってしまっているのが痛いです。

 

最後の最後で「お互いがお互いを尊重しあえたか」が

重要になってくるという事ですね。

 

復縁できなかった人がやりがちなパターン②悪口

 

復縁できなかった人がやりがちなパターン②は悪口です。

 

別れてしまったときのイライラから、ついつい相手の悪口

や悪評を広めてしまった場合は復縁は無理。

 

別れてしまうとついつい相手を下げようと思ったり、

「振った相手を見返したい」と思うあまり悪口を言いがち。

 

「振られた」という事実に腹立ち、恥ずかしいと思うあまり

相手を貶したりしてしまいがちですがやめましょう。

 

「相手への尊重」が全くなっていませんし、悪口を言う事自体

少しあり得ません。

 

「人として尊敬される」事が前提なので、最後の最後まで

相手の批判や悪口を言うのはやめましょう。

 

むしろ、最後まで相手のことを思っていた、

最後まで相手を尊重していたという事の方がかっこいいですよね。

 

最後の最後まで余裕を見せる事がいいのです。

復縁できなかった人がやりがちなパターン③そもそも好きでない

 

復縁できなかった人がやりがちなパターン③はそもそも好きでないという事。

 

世の中にはいろいろなカップルがいますが、「好きだから付き合っている」

カップル、「好きでないけど付き合っている」カップルの2パターンいます。

 

お互いの好意の意識に差異があると、やはりなかなか

復縁は難しいと言わざるを得ません。

 

片方が「復縁したい」と思っていても、そもそも好きでないのに

カップルであったために復縁は難しいでしょう。

 

せいぜい友人止まり。

 

復縁できたとしても、相当な努力や労力が必要になってきます。

復縁できなかった人がやりがちなパターン④一方的なアプローチ

 

復縁できなかった人がやりがちなパターン④は一方的なアプローチです。

 

復縁は「双方の認識共有」「お互いがお互いに復縁を望んでいる」

事が大前提という事です。

 

「一方のモチベーションがそこまで高くないのに」片方の人が

相手に一方的なアプローチをすると逆効果です。

 

片方の熱量に、もう片方の相手のモチベーションが

ついていかないという事。

 

「私、復縁したいと思っていないのだけど」「なんでそんなに

グイグイ来るわけ?」と迷惑がられます。

 

常に「認識にずれはないのか」「一方的ではないか」という

視点や考えを持ち続ける必要があります。

 

お互いの認識のズレを整理することが大事です。

 

 

復縁できなかった人がやりがちなパターン⑤別れた理由を考えてない

 

復縁できなかった人がやりがちなパターン⑤は別れた理由を考えてないという事。

 

「復縁したい」という気持ちばかりが先行してしまい、「なぜ別れたのか」

という原因の究明を怠ってしまうのが最悪です。

 

「なぜ別れたのか」という事に考えを向けないままでいるというのは

「失敗を繰り返す」という事を意味します。

 

「いざ復縁しようとしたとき」、過去の失敗をまた繰り返してしまい

「復縁は無理」だと相手に判断されてしまうのですね。

 

「別れ」は多くの場合、どちらかに問題があったために起こります。

 

性格であったり、振る舞いが原因で別れてしまったのに、その

原因を解決しないままに再度付き合おうとしては成功しません。

 

まとめ

今回は「復縁できなかった人がやりがちなパターン」という

テーマでお届けしました。

 

「復縁」というものは「お互いの同意」「認識の共有」

が必要という認識を持つことが大事なんですね。

 

少しでも参考になれば幸いです。