彼氏に別れようと言われたときの逆転テクニック

2021年2月28日

 

今回は「彼氏に別れようと言われたときの逆転テクニック」というテーマでお届けしたいと思います。

 

「彼氏に別れようといわれた」「彼氏と別れたくないけどどうすればいいのかわからない」と悩む人は少なくありません。

 

彼氏と別れようといわれてしまった場合、やはりどうしても不安になりますよね。

 

今回は「別れを切り出してくる男性の心理」と「逆転するためのテクニック」を徹底的にあなたにお伝えします。

 

もしあなたが「彼氏に別れを切り出されてしまった」のであれば、まずはここで紹介している内容をきちんと把握し実践してください。

 

彼氏が別れを切りだす心理

 

彼氏が別れを切りだしてくる心理には様々な理由があり、その理由によって行う対策も変わってきます。

 

したがって下記のどのパターンに当てはまるかどうかをまずは確認してみてくださいね。

 

「漠然と悩む」のではなく、「どういった心理で彼氏が別れを切り出すのか」という具体的な答えを理解するようにこころがけましょう。

 

①本当に別れたいと思っている

 

まず大きな理由の一つとしては「本当に別れたいと思っている」事が考えられます。

 

男性は発言と行動が一致する生き物なので、額面通りに発言を受け取ってしまって良いです。

 

つまり「別れたい」と言っているということは「本当に別れたいと思っている」ということ。

 

そこになにか隠されたメッセージなどはなく、純粋にあなたと別れたいと感じているのですね。

 

「何か悪いことを言ってしまったのかも」「相手の気持ちを遠ざけるようなふるまいをしたかも」と自分のふるまいを今一度振り返ってみましょう。

 

 

②忙しいので会えない

 

「忙しいので会えない」というのも理由として考えられます。

 

忙しくなってしまい、もうあなたと会う時間が取れないのであなたを思って「別れ」を切り出している可能性も。

 

もう忙しくて会えないのでいっその事別れたほうがあなたのためになると判断しているのですね。

 

このパターンの男性は責任感が強く、優しい思慮深い男であることが多いです。

 

「俺と別れて幸せにやってほしい」という思いの元で行動しているということなんです。

 

相手を責めない事

多くの場合、「忙しくて会えないから別れたい」と言ってくれる男性は非常に責任感の強い「優良男性」です。

 

「あなたのことを思って発言してくれている」ということだけは何としても忘れてはいけません。

 

したがって、ここでいたずらに相手を否定するようなことを言ってしまうと「相手の反感」を買ってしまいます。

 

「なんで俺はお前のために言っていることを否定されないといけないんだ」と思われ、完全に冷められてしまうでしょう。

 

だからこそ「相手の発言」の真意をつかみ、否定することなく「感謝を伝える」べき。

 

そのうえで別れたくないのであれば、「私は大丈夫だからこの関係を続けよう」とあなたが提案してあげる事が大事です。

 

相手は真摯にあなたに対応しているため、こちらも真摯に対応してあげればきっと悪い印象は抱かれません。

 

「ピンチをチャンスに変える」のはあなたの行動次第だということです。

 

③あなたに冷めてしまった

 

最後は「あなたに冷めてしまった」から別れを切り出すというパターンです。

 

「あなたに冷めてしまい、別れを切り出したい」と感じているのです。

 

あなたは「冷められてしまった」のですから「自分のどういったところが冷められる要因だったのか」ということを意識するようにしましょう。

 

男性が女性に冷めてしまうパターンとしては「言葉使い」「立ち居振る舞い」など多くの場合「内面」に起因する事が多いです。

 

自分の言動やふるまいを振り返り「どこかまずかったか」を考えると良いでしょう。

 

あなたを試している

「あなたを試している」という可能性も実は考えられるパターンです。

 

あえて別れを切り出し、「あなたの反応を見ている」ということなんですね。

 

別れを切り出されれば当然、うろたえてしまうもの。

 

そういった反応を彼は観察しています。

 

別れを切り出した後にあなたがどのような反応をするのかを見ているのです。

 

この場合は彼氏があなたに対して冷めてしまっていたり、恋人として見れなくなりつつあることを示しています。

 

それだけでなく、もしかしたらあなた自身も「彼氏と付き合う」事に関して半ば冷めてしまっているのではないでしょうか?

 

彼氏はそういったあなたの気持ちの冷めを感じ取り、あえて別れを切り出すことであなたを試していると考えられます。

 

つまり「お互いがお互いの関係に対して少し冷めてしまっている」時に起こりうるシチュエーションだといえるでしょう。

 

自分たちの関係を振りかえってみて、「冷めてないか」「冷めたと思わせていないか」考えてみる事。

 

別れを切り出された後の逆転テクニック

 

それでは「別れを切り出された後の逆転テクニック」について説明していきたいと思います。

 

先ほど説明した内容を踏まえたうえで、「どうすれば逆転できるか」という部分をしっかりと意識しつつ、下記を参考にしましょう。

 

焦りは禁物です。冷静に相手と自分との関係をよく観察しつつ、実践していきましょうね。

 

①まずは相手がどういう理由で別れを切り出したのかを特定する

 

まず「相手がどのような理由で別れを切り出したのか」を押さえておきましょう。

 

もしあなたの嫌なところを見てしまい冷めたのであれば、「どうやったら信頼を回復できるか」という部分にフォーカスすればいいのです。

 

相手の評価を下げてしまったふるまいとは正反対のふるまいを行えばうまくいく可能性は残されています。

 

第三者に相談

困ったときには第三者に迷わず相談しましょう。

 

ここでおすすめなのが「電話占い」です。

 

プロの占い師による占いは当たると評判で、占いによって人生に大きな転機をもたらした人達が大勢います。

 

気になる方は「電話占いランキング」をまとめたのでこちらを参照してみてください。

 

数々の恋愛相談を受けているプロに気軽に相談できるチャンスを逃さないで。

 

友人から情報をもらう

「友人から情報を貰う」ことも意識するように心がけてください。

 

相手の友人と仲良くしておくことで、「生の情報」「本音の情報」を友人から仕入れることもできる事です。

 

「発言の真意」はなんだったのか、今現在相手はどのような気持ちなのかなどをしっかりと把握し、「どのようにふるまうのが適切か」ということも意識すると良いでしょう。

 

相手の家族に相談する

 

「彼氏に別れようといわれた」ときにかなり強力な手法は「相手の家族に相談する」という手法です。

 

相手の家族を味方につけ、「相手の家族にも働きかける」ということはかなり効果的です。

 

相手が家族と仲が良ければ良いほど効果的であり、なおかつあなたが優位な立場になりやすいのですね。

 

相手の家族はあなたの彼氏をよく知っている存在なので、「どうしたら気持ちが変わるか」「なぜ別れたいのか」を聞き出すことは難しい事ではありません。

 

相手の職場などを調べる

 

「相手の職場などを徹底的に調べる」ことを意識しましょう。

 

人間の心理が大きく動くということは、環境に大きな変化があった可能性があります。

 

相手の職場の環境などを調べてみて「どういった理由で別れを切り出されたのか」ということを考えるのも良いでしょう。

 

仕事が忙しくなってしまったり、職場の環境が大幅に変化したためにあなたと別れを望んでいる可能性もあります。

 

②相手の理想の女性を再現する

 

別れを切り出されてしまった場合、あなたと相手との関係において「相手が理想とする女性像」を完全にコピーしましょう。

 

相手の理想の女性像をしっかりと押さえておけば、かなり評価にもつながりますし逆転もしやすいのです。

 

どういった雰囲気が受けるのか

「相手の理想の女性像を意識する」ということが何よりもカギになってきます。

 

要するに「本命」だと思われるような女性にあなたがなってしまえばまず「別れよう」とは言われなくなります。

 

「相手にとって別れたくない女性」=「本命の女子」「結婚したい女性」ということ。

 

男性は本気の女性に対しては多くの場合別れたいとはおもいません。

 

したがってまずは「どのような性格の女性が好きなのか」「どういった性格の女性を本気になるのか」ということを意識しましょう。

 

どういった容姿がうけるのか

「どういった容姿がうけるのか」を意識することもポイントです。

 

「相手が本命にしたいと思う女性の容姿はどのようなものなのか」「相手が本命にしたいと思う女性はどういったしぐさやメイクなのか」を意識するだけで大きくあなたと相手との関係性が変わります。

 

「いかにして本命になってもらえるか」をしっかりと意識することが何よりも大事になってきます。

 

まとめ

 

今回は「彼氏に別れようと言われたときの逆転テクニック」というテーマでお届けしました。

 

彼氏に別れを切り出されてしまうのは非常につらいもの。

 

しかし、いかに「ポジティブ」に物事をとらえチャンスにしていくかがカギになってきます。

 

ショックを受けるのは仕方がないことですが、いつまでもくよくよせずにしっかりと現実と向き合うことを心にとどめておきましょう。