彼氏と喧嘩したあとの「正しい」関わり方!

2020年9月3日

 

今回は「彼氏と喧嘩したあとの「正しい」関わり方!」というテーマでお届けします。

 

あなたは「彼氏と喧嘩」してしまって、その後にどのようにして関わろうか

悩んでいませんか?

 

カップルには「喧嘩」はつきもの。大事なのは「喧嘩」の後なんですね。

喧嘩の後のあなたの振る舞いであなたとあなたの彼氏との関係が決まります。

 

この記事では「彼氏と喧嘩したあとの正しいかかわり方」について

具体的に説明しています。

 

この記事を読むことで、あなたは「どのように彼氏と関わるのが適切なのか」

が分かるようになるはずです。

 

心当たりがある方はぜひ参考にしてください。

 

上手くいかない恋愛から脱却し、あなたが「理想の恋愛」を手に入れる方法クリックして確認してみる

彼氏と喧嘩したあとの「正しい」関わり方!

 

早速、「彼氏と喧嘩した後の正しい関わり方」について説明していきたいと思います。

まずは下記にある内容を参考にしてもらったうえで、具体的な対策を行っていきましょう。

 

ユウジ
ユウジ
大切なことは「危機意識」を持つことだ。「なんとかしたい」と思っているのであれば必ず道は開ける。

 

①相手を責めない

 

彼氏と喧嘩したあとの「正しい」関わり方!①は相手を責めないという事。

 

喧嘩した後、ついつい相手の批判をしがちですがここはこらえてください。

特に喧嘩した後すぐはお互い神経質になっており、相手への怒りでピリピリしているはず。

 

そんな緊張状態の時に少しでも相手への批判や悪口を明らかにして

しまうと相手からの怒りが一気に増加します。

 

まずは「落ち着きを取り戻す」という事。喧嘩したときのテンションを

そのまま引きずらないという事がめちゃくちゃ大事。

 

ユウジ
ユウジ
「怒り」という感情はとてもパワーがある感情だ。
注意するべきはそういった「負のパワー」に巻き込まれない事。一歩引いて、冷静になれるように心がけよう。

 

仮に相手が何か批判してきても、こちらは無視をしましょう。

あなたが大人な対応をすれば長期的にはあなたが得をすることになります。

 

喧嘩が沈静化した後は「そういや喧嘩した後、彼女から何も批判されなかったな」と

あなたの彼氏が思うようになり「ありがとう」と思ってもらえます。

 

ムカつくだろうし、悪口を言いたくなるかもしれませんが

「貸しを作る」感覚で少し大人の対応をしてやりましょう。

 

ユウジ
ユウジ
あの時、あんなこといわなければよかった、悪口なんていわなければよかったと後悔するカップルは多数。
喧嘩後の悪口の応酬で破局。そんな事例は沢山ある。「後悔は先に立たない」のだから。

 

相手の負の感情に巻き込まれてしまったらいけないのですね。
マナミ
マナミ
たしかに、怒っても何も良いことはないですよね。
しっかりと相手と向き合ってあげるのが大切なのかも。
ポン太
ポン太

 

②距離を置く

 

彼氏と喧嘩したあとの「正しい」関わり方②は距離を置くです。

基本的に喧嘩してしまったカップルがとるべきことは「冷静になる事」なんですね。

 

しかし、喧嘩した後に別れてしまうカップルは非常に多い。

なぜならば「冷静になれていないから」なんです。

 

冷静なるための一番簡単な方法が「距離を置くこと」。

これほど簡単で効果的な方法はありません。

 

ユウジ
ユウジ
冷静に考えてみると「なんで自分たちは喧嘩していたのか」「なんであんなことで喧嘩していたのか」と思う事はあるはず。
したがって重要な事は「前向きに物事を捉えること」だと言える。

 

一度喧嘩した彼とは距離を置くようにし、連絡などもとらないようにしましょう。

 

距離を置くことで冷静になる事が出来、あなた自身のストレスがなくなり

喧嘩の反省などができるようになります。

 

③分析

 

彼氏と喧嘩したあとの「正しい」関わり方③は分析です。

距離を置いた後の時間は「喧嘩の分析」を行うように心がけましょう。

 

喧嘩したときは気が付かなかったけれど、冷静になってみて

気が付くことはきっと沢山あるはず。

 

「あの時は言い過ぎたかもしれない」「あの部分は彼が悪かった」

「今度からこういう癖を直そう」

 

ユウジ
ユウジ
一番重要なことは「なんで喧嘩したのか」という事に対しての分析だ。「相手が悪かったのか」「自分が悪かったのか」という分析をきちんとできているかどうか。
裏を返せば、こうした分析をすることでこれからの人生に生きてくる。

 

こういった前向きな分析が喧嘩から学ぶことができます。

 

「喧嘩」と聞くと見な嫌なイメージをしがちですが、

喧嘩をすることでお互いの心のうちを見せ合う事ができるし、改善もできるのです。

 

「喧嘩」ができないカップルは別れるともいいます。

 

分析した結果はメモなどに残しておくように心がけましょう。

都度そのメモを見返すことで、仲直りした後はさらに良好な関係になれますよ。

 

上手くいかない恋愛から脱却し、あなたが「理想の恋愛」を手に入れる方法クリックして確認してみる

 

④良いイメージを持つ

 

彼氏と喧嘩したあとの「正しい」関わり方!④は良いイメージを持つという事。

 

喧嘩した後はついつい嫌な雰囲気になりがち。けれど、大丈夫です。

喧嘩した後はきちんとした対処をすればむしろ「仲良く」なります。

 

「お互いの心のうちをさらけ出す」事は長期的には関係を良くするんですね。

 

あなたの仲の良い友人について考えてみてください。

なんでも話せるし、喧嘩もしますよね。

 

ユウジ
ユウジ
逆説的だが「仲良くなるには喧嘩をすること」が大切。
喧嘩=本音を見せ合うという事。したがって、とにかく相手と良い喧嘩をしてみよう。

 

なので「喧嘩の後は仲良くなる」事を強くイメージし、

「なんとかなるっしょ」という気持ちを強く持つこと。

 

実際なんとかなるし、仲良くなるので大丈夫です。

「もう一回喧嘩したいな」と思うくらいの気持ちで。

 

逆に「相手を貶めてやろう」「相手をディスってやろう」なんて不純な

気持ちで喧嘩をしてはいけません。喧嘩していても常に「相手をリスペクト」すること。

 

リスペクトの気持ちさえ忘れなければ、大きくミスをすることはありません。

 

リスペクトを持ちながら喧嘩をするということはなかなか難しそうですね。けれどリスペクトを忘れなければ最終的にうまくいきそう。
マナミ
マナミ

⑤自分を持つ

 

関わり方の⑤は自分を持つという事。

 

喧嘩した後、怒りに燃える方は多いですが、同時に「自信を失くしてしまう」

人も少なくありません。

 

彼氏との喧嘩のショックから立ち直れなかったり、喧嘩の責任が

すべて自分にあると思い込んでしまったりしてふさぎ込んでしまうのです。

 

もし彼氏と喧嘩して自分を責めてしまう人がこの記事を読んでいる

中にいるとしたら「あなたは悪くない」という事を知って欲しいのです。

 

ユウジ
ユウジ
もちろん。「自分の振る舞いを反省する」という事は大切。「自分にも非があった」「自分のここはまずかった」という意識を持っていれば、のちの人生にも必ず生きてくる。

 

あなたは彼氏にとってかけがいのない存在であり、相棒であり、

この世の中に1人しかあなたは存在しないのです。

 

そしてあなたを好きになる男性はこの世にいくらでもいる

という事も知っておきましょう。

 

あなたがふさぎ込む必要はなく、自信をもって生活してください。

 

喧嘩してひどい言葉をかけられたりしてしまうと、思わずふさぎ込んでしまいますよね。
マナミ
マナミ
ユウジ
ユウジ
「世界は自分を中心に回っている」という意識を持つこと。横柄に振る舞えといっているのではなく、「自分軸を大切にすること」を意識してほしい。

 

まとめ

今回は「彼氏と喧嘩したあとの「正しい」関わり方!」

というテーマでお届けしました。

 

喧嘩していても大切なことは「常に相手をリスペクト」

することが一番ということを意識してください。

 

怒りに身を任せて思わず相手を下げるような言葉をかけてはいけません。

 

少しでも参考になれば幸いです。