連絡くれない彼氏とは別れるべき?連絡をくれない男性の心理とは

2021年5月9日

 

今回は「連絡くれない彼氏とは別れるべき?連絡をくれない男性の心理とは」というテーマでお届けしたいと思います。

 

「彼氏が連絡をくれない」「連絡がこないので不安」と悩んでいる女性は少なくありません。

 

自分の彼氏があまり連絡をくれないと、やっぱり不安になってしまいますよね。

 

今回はそんな女性に向けた内容となっています。

 

ここで紹介している内容をしっかりと把握し、「自分に何が足らないのか」ということを意識してみてください。

 

連絡をくれない男性の心理

 

連絡をくれない男性の心理とはいったいどのようなものなのでしょうか。

 

多くの場合、下記のどれかに当てはまることが考えられます。

 

自分の状況と合わせて考えてみて、「当てはまっている部分はないか」「どこかに自分の状況と合致していないか」を考えてみると良いでしょう。

 

必ず1つか2つ、あなたの状況と合致する項目が見つかるはずです。

 

ただ漠然と「連絡をくれない」ということを恐れないで「どういった理由で連絡をくれないのか」を具体的に把握しましょう。

 

連絡をくれない男性心理①純粋に忙しくて連絡ができてない

 

こちらは意外と多いパターンで、「純粋に忙しくて連絡できない」ということが考えられます。

 

この場合はとくに気に病む必要はなく、忙しくて連絡できないのは仕方がないと割り切りましょう。

 

彼氏の状況をしっかりと見極め、「本当に忙しいのか、忙しくないのか」を理解することが何よりも大事です。

 

また忙しくて連絡をくれない彼氏に対しやってはいけない事は「攻める事」です。

 

「なんで忙しいのに連絡をくれないのか」「連絡が欲しい」なんていう風に追い立てるのは絶対にNG。

 

あなたが連絡を欲しいことはわかるのですが、彼氏にも彼氏の事情があることを理解してあげましょう。

 

忙しいときに「連絡をくれ」といってくる女性は非常に印象が悪く、関係をこじらせてしまう恐れがあります。

 

焦らず、相手の状況などもしっかりと理解してあげるそぶりを見せる事。

 

忙しいということは多くの場合、「相手には余裕がない」と考えられます。

 

そんな中、あなたが相手を責めるような勢いで迫ってしまうと相手は「なんでこんなふうに言われないといけないんだ」と怒ってしまうでしょう。

 

「相手主体」で行動する

相手が忙しい場合は絶対に「相手優先」で行動してあげましょう。

 

相手主体で行動してあげる事で相手はあなたに対して「忙しい俺の状況を理解してくれている」「ちゃんと労わってくれている」と思うはず。

 

「忙しいときに連絡できない事」を理解してくれる女性は男性にとって非常に貴重で、とても重要な存在となることができるはずです。

 

男性は「仕事優先」になりがちな人間であり、「仕事を優先しているからといってパートナーをないがしろにしているわけではない」ことを理解しておきましょう。

 

工夫次第で「忙しい男性の好感度を上げることはできる」事を押さえておいてくださいね。

 

相手の職業をよく調べてみる

「職業によって繁忙期がある」ことは誰でも想像がつくかと思います。

 

職種によるのですが、ほんとうに忙しいときにはトイレに行く暇さえないような繁忙期の仕事もあり、そういった職業についている人はかなり神経質になっています。

 

相手がどういった職種なのかをしっかりと把握し、「実際にどれくらいの忙しさなのか」を同業種の友人や知人に相談してみると「本当に忙しいのかどうか」がわかるはずです。

 

この場合「忙しすぎて連絡をするのを忘れてしまっていた」、なんてことはよくあることなのでへこむことなく向き合いましょう。

 

せかすのは絶対に絶対にNG

「忙しくて連絡ができない」という状況の相手に対してあなたがやってはいけないのは「連絡を催促してしまうこと」。

 

男性は仕事に対しては非常にシビアにとらえている生き物のため、せっかく頑張って作業しているにも関わらず構ってほしいという連絡を相手にあなたがしてしまうのは非常にまずいです。

 

カップルの破局理由の一つに「すれ違い」というものがありますが、これはつまり相手の立場を尊重し損ねてしまった時に起こりうる事。

 

特に忙しいときは人間イライラしやすいものですし、余裕もなくなってしまうもの。

 

そんな時にあなたが一方的に連絡を求めてくるのは相手にとっては不愉快でしかないのですね。

 

そういった危険性を十分に理解したうえでしっかりと相手と向き合う事を忘れないようにしましょうね。

 

まずは「本当に相手が忙しいのか」という確認をしたうえで、「相手に対して連絡をしてみる」事が何よりも大事になってきます。

 

焦らず、じっくりと相手の様子を観察すること。

 

あなたが相手を尊重しているということが相手に伝わればむしろ好感度を上げるチャンスですよ。

 

連絡をくれない男性心理②あなたを好きではなくなった

 

忙しいわけでもないのに「連絡をくれなくなってしまった」男性の場合、もしかするとあなたを好きではなくなってしまったのかもしれません。

 

男性は考えている事と行動が一致する生き物。

 

関心がなくなってしまったものに時間を使おうとはしません。

 

さいきん連絡が減っているだけではなく、なんだかそっけないように感じたり、なんだか冷たく感じる場合はもう好かれていない可能性を考えるべきです。

 

下記の選択肢を利用してみてください。

 

第三者に相談する

困ったときには第三者に迷わず相談しましょう。

 

ここでおすすめなのが「電話占い」です。

 

プロの占い師による占いは当たると評判で、占いによって人生に大きな転機をもたらした人達が大勢います。

 

気になる方は「電話占いランキング」をまとめたのでこちらを参照してみてください。

 

数々の恋愛相談を受けているプロに気軽に相談できるチャンスを逃さないで。

 

彼氏の友人を使う

彼氏の友人に協力してもらい、「彼氏があなたをどう思っているのか」についてしっかりとヒアリングすること。

 

「彼氏は今どう思っているのか」「彼氏は私たちの関係をどういうものにしたいのか」ということについて理解しておくことが大切です。

 

相手の感情をきちんと理解することができれば関係をやり直すことも難しくありません。

 

「自分本位」で行動するのではなく「相手本位」で行動することを心がけてください。

 

「彼氏の友人」を味方にすることができればこれほど強力な仲間はいません。

 

とにかく「いかにして彼氏の友人を味方にできるか」を考える事が大事です。

 

過去のやり取りを確認してみる

 

過去のやりとりを確認し、「どういったことが原因で相手は自分に関心をなくしてしまったのか」ということを考えてみましょう。

 

物事には必ず原因があり、あなたが相手に好きでなくなられてしまうのにも必ず理由があります。

 

多くの場合、「過去のやり取り」を参考にしてみるとそのヒントが見つかるはずです。

 

あなたにとっては「問題がない」と思えるような発言ややり取りだったとしても、相手にとっては不愉快に感じてしまっているかもしれません。

 

したがって、可能な限り「第三者視点」でやり取りを観察するように心がけましょう。

 

自分一人で判断してしまうとどうしても判断に偏りがでてしまったり、極端な考えに陥ってしまいがちですので、「他の人と一緒に確認する」ことを一番にしてくださいね。

相手の家族に確認してみる

 

「相手の家族に確認してみる」というのもかなりクリティカルな方法になります。

 

「家族」といえば一番つながりの強い共同体です。

 

したがって、相手の本当の気持ちや相手の思考が手に取るようにわかるのがポイント。

 

「相手の家族と仲良くなり情報を手に入れる」ことを意識しましょう。

 

この方法の注意点は「相手の家族に悪い印象を与えてしまうと逆効果になる」ということ。

 

相手の家族がどういったことに対して嫌な反応をするのか、相手の家族はいったい何を求めているのかをきっちりと把握する必要があります。

 

迎合するのではなく、自分の意見を伝えながら相手の立場に立った行動や考えを示せるか否かにかかっているといえるでしょう。

 

付き合いたての時と何が違うか考えてみる

「付き合いたてと今がどう違うか」も大事なポイントです。

 

男性にとって、「付き合いたての関係」というのは非常に良い思い出のもの。

 

しかし付き合っているうちになんとなく「慣れ」が生じてしまい、付き合いたてのころとは違ったかかわり方をしてしまっているのかも。

 

そういった雰囲気の変化を感じたので連絡をくれなくなってしまった可能性があります。

 

連絡をくれなくなってしまったということは「相手は付き合いたての時に戻りたい」というメッセージを発しているのかも。

 

もしも付き合って時間が経ったのであれば、「付き合いたての時はどうだったか」を意識してみましょう。

 

浮気をしていると勘違いされた

 

何らかの行いが原因で「浮気をしている」と勘違いされた可能性もあります。

 

男性は意外と繊細な生き物。

 

とくに相手があまり恋愛経験のない場合はあなたに対して非常に期待しています。

 

何らかの行動が相手のメンタルを傷つけてしまったのですね。

 

自分がとった行動をいまいちど振り返り、「どういった点が相手に浮気だと思われたのか」を考えましょう。

 

連絡をくれない男性心理③もともとそういう性格

 

「もともとあまり連絡をとるようなタイプではない」彼氏の場合もあります。

 

そういった場合はあまり気にすることはありません。

 

「連絡頻度が低いから私を好きではないのだ」などと考えず、「こういうものか」と割り切る気持ちを持ちましょう。

 

性格的に「あまり連絡をとらない」という男性は一定数いるものなんですね。

 

したがって「連絡頻度が少ない」とあなたが思っても、相手にとっては「普通の連絡頻度だ」と思っている可能性があるのです。

 

連絡頻度は人によって異なることを意識しましょう

そもそも「適切な連絡頻度」というものは人によって異なるものであるということを意識すること。

 

ある人にとっては「少ない」と感じてもある人にとっては「多い」ということはよくあることです。

 

だからこそ「連絡頻度をどれくらいにしておくか」という取り決めを二人で設定しておくとトラブルが少なくなります。

 

あなたが相手に対してどのような気持ちなのか、相手にどれくらいの頻度を最低限求めているかを納得してもらう事を意識してみてくださいね。

 

あなたの「心から相手を思う気持ち」が伝われば大きなトラブルになることはまずないといえるでしょう。

 

自分を出しすぎず、相手と調和することを意識してくださいね。

 

まとめ

 

今回は「連絡くれない彼氏とは別れるべき?連絡をくれない男性の心理とは」というテーマでお届けしました。

 

連絡をくれない彼氏に対してはついつい怒ってしまったり、いやな気持ちになってしまったり、たくさんの困難を伴うものですよね。

 

だからこそ「連絡をくれない」のであればいかにポジティブに、いかに前向きにとらえるかが大事です。

 

彼氏の気分や動向に振り回されるのではなく、「どうやったらこの状況を打破できるのか」「いかにして壁を乗り越えるのか」ということを考えましょう。

 

諦めず、相手のことを思い行動していけば必ず良い結果が生まれます。

 

常に前を向いていきましょうね。

 

あなたには成功できる素質がありますから。