彼氏と付き合いたての時にやるべき事とやってはいけないNG行為!

 

 

今回は「彼氏と付き合いたての時にやるべき事とやってはいけないNG行為!」

というテーマでお届けします。

 

「付き合いたてて、何をすれば良いのか、なにをやってはいけないのか」

という事についてお話します。

 

付き合い立ての人はぜひ参考にしてほしい内容です。

 

彼氏と付き合いたての時にやるべき事①相手を褒める

 

彼氏と付き合いたての時にやるべき事①は相手を褒めるという事。

 

特に付き合い立てという事であれば、相手の良い部分を積極的に見るように

し、褒めるように心がけると良いです。

 

相手に迎合しろといってるのではなく、「良好な関係」を保つために

心がけたい習慣の一つ。

 

人は自分を認めてくれる存在によりシンパシーや仲間意識を持つため

あなたが行うべきは彼氏に対して最大限リスペクトを送る事です。

 

また、人には「好意の返報性」という習性があり他人から好意を

与えられると好意を返したくなる生き物です。

 

あなたが彼氏に好意や尊敬を与えてあげれば相手もあなたに

リスペクトを返してくれることは間違いありません。

 

お互いがお互いリスペクトしあう事で正のサイクルが回り、

付き合い立てから良好な関係を築くことができます。

 

彼氏と付き合いたての時にやるべき事②応援してあげる

 

彼氏と付き合いたての時にやるべき事②は応援してあげるという事。

 

彼氏が何かに打ち込んでいたり、頑張っている様子をみたら応援しましょう。

こちらから積極的にエールを送る事で彼氏も喜んでくれるはず。

 

「俺の彼女、応援してくれるんだぜ」という風に彼氏が思ってくれれば

周りにも言いふらすでしょうし、あなたのために頑張ろうと思うはず。

 

あなた自身も何かに打ち込んだり、彼氏と同じ目標を掲げて一緒に

高めあったりするなどが良いでしょう。

 

お互いがライバルであり、お互いが高めあえる仲間というのが理想です。

 

彼氏と付き合いたての時にやるべき事③一緒に悩む

 

彼氏と付き合いたての時にやるべき事③は一緒に悩むこと。

 

人間、悩みの一つや二つは誰だってあるものです。

彼氏が落ち込んでいたり悩んでいる時は一緒に悩んであげましょう。

 

「励ます」のはもちろんなのですが、「一緒に悩む」事も重要。

結局励ましても「他人目線」と思われるので「悩みを共有」することから始めましょう。

 

とはいえ、一緒に悩むのもほどほどに。

相手のネガティブさに引っ張られないように注意しましょう。

 

ユウジ
ユウジ
続いてはNG行為だ

 

彼氏と付き合いたての時にやってはいけないNG行為①わがまま

 

彼氏と付き合いたての時にやってはいけないNG行為①はわがままです。

 

わがままにも様々あり、大きいものから小さいものまでありますが、

「相手を尊重しないわがまま」だけは絶対に避けるようにしましょう。

 

わがままを言っても「どこかで相手を尊重している」程度のわがまま

であれば構いません。

 

しかし相手から迷惑におもわれるようなわがままは印象最悪です。

 

 

彼氏と付き合いたての時にやってはいけないNG行為②尊敬しない

 

彼氏と付き合いたての時にやってはいけないNG行為②は尊敬しないという事。

 

どこかで見下すような態度や発言をしたり、相手を思いやらない行動を

することだけは避けましょう。

 

「カップル」だからといって、自分が好きなようにふるまっていいというわけ

ではありません。

 

「親しき中にも礼儀あり」の精神を忘れず、常に相手を尊敬する心を持つように

すること。意識が重要です。

 

特に男性はプライドが高いため、自分を尊敬してくれない人には

非常に嫌う態度を示します。

 

「迎合しろ」と言ってるわけではなく節度ある対応をしましょう。

彼氏と付き合いたての時にやってはいけないNG行為③悪口を言う

 

彼氏と付き合いたての時にやってはいけないNG行為③は悪口を言う事。

 

悪口は極力さけるようにしましょう。相手からみるとあなたが悪口を

言っている様子というのは非常に醜悪に見えるもの。

 

付き合い立てはあんなにラブラブだったカップルも、悪口を言いまくる彼女

に「冷めてします」事は本当によくあります。

 

「悪口ばっかりいうなよ」「悪口ばかりでうんざり」こういう風に

彼氏に思われてしまいますよ。

 

仕事の愚痴やバイトで嫌なことがあった時など、悪態をつきたくなる

場面は沢山あると思います。

 

そんな時は多少愚痴のように彼氏に話をしても構わないですが、

常に自分の中で「言い過ぎていないか」と自問自答してください。

 

「悪口」が癖になっている人は要注意。

人は自分では自分の癖に気が付きません。

 

普段から悪口を言っている人は自分で「言い過ぎている自覚」

がないですし、友人も似たような人が集まるので直す機会がないのですね。

 

そんな癖を放置したまま男性と付き合ったりすると、「こいつ悪口ばっかだな」

と思われ別れを切り出されるでしょう。

 

自分で原因が分からないため、次の彼氏もその次の彼氏にもどんどん

振られ、付き合っては振られを繰り返す負のループに陥る危険も。

 

まとめ

今回は「彼氏と付き合いたての時にやるべき事とやってはいけないNG行為!」

というテーマでお届けしました。

 

少しでも参考になれば参考です。