好意を伝える方法!ストレートに伝えるべき?好意の返報性とは!?

 

今回は「好意を伝える方法!ストレートに伝えるべき?好意の返報性とは!?」

というテーマでお届けしたいと思います。

 

「好意を伝えたい」と考える方は数多くいますよね。

今回はそんな方に向けた内容を提供したいと思います。

 

ユウジ
ユウジ
「好意の伝え方」は正しいやり方を知っていないと逆効果になって嫌われてしまう可能性がある。
今回はきちんとした「好意の伝え方」を伝えるぞ。

 

好意を伝える方法!ストレートに伝えるべき?好意の返報性とは!?①匂わす

 

好意を伝える方法!ストレートに伝えるべき?好意の返報性とは!?①は匂わすという事。

 

「好意を伝える」のではなく、「好意を匂わす」というのは効果的です。

むしろ直接「好き」と伝えるよりも、「あの人あなたの事好きらしいよ」と示唆する方が良い場合もあります。

 

いきなり「好き」と伝えてしまってもいいですが、「好きかもよ」と伝える事で

付き合う雰囲気を醸成するテクニックもあります。

 

あえて好きだと伝えず、「好きなのかも」というあいまいな状態を続けることで

あなたに関心を向けようとする作戦ですね。

 

実際、「好き」と直接告白するのは恥ずかしいと考える人も多いことでしょう。

そんな方には「好意の示唆」が効果的かつ実践的なのでおすすめ。

 

この方法が優れている点は、「探りをいれる」事ができるという点。

 

いきなり「好き」と伝えてしまっても構わないのですが、「探りを入れる」

事により相手の反応を得ることができます。

 

「あなたに好かれている」と感じた相手が、その情報を聞いて「嬉しがっているのか」

「嫌がっているのか」どうかを判断することで実際に告白しようかどうかの判断材料にもなります。

 

「好き」を示唆したら相手がどんな反応をするのかという所に着目してみてもいいでしょう。

上手くいきそうであれば、この後に告白してみましょう。

 

好意を伝える方法!ストレートに伝えるべき?好意の返報性とは!?②直接伝える

 

好意を伝える方法!ストレートに伝えるべき?好意の返報性とは!?②直接伝えるという事。

 

直接「好き」と伝える事によるメリットは以下が挙げられます

上手くいけばすぐ付き合える

まず挙げられるメリットは、「上手くいけばすぐ付き合える」という事。

 

「好きです」と伝えた後に「私も好きでした」「じゃあ付き合いましょう」といった

流れになる事もしばしば。

 

上手くいけば好意を伝えた後すぐに仲良くなれるのが最大のポイントです。

好意の返報性で好きになる

「好意の返報性」というポイントも見逃せません。

 

人間は「好き」と言われると言ってきたその人に好意を抱く

習性があります。

 

「告白はいったもん勝ち」という言葉があるように、一回「好き」

と伝えてみると好意の返報性からあなたが気になってしまうのです。

 

「何かもらったらお返ししたくなる」という気持ちですね。

そこをうまくつくのが「告白」なんです。

 

「最初は振られたけど何度も好きと伝えていたら付き合えた」

という方は実は多いです。

 

この場合はまさに好意の返報性が良い方向に向かった

パターンと言えるでしょう。

 

何度も好きと伝えていくうちに徐々に気になってしまうのです。

好意を伝える方法!ストレートに伝えるべき?好意の返報性とは!?③友人に伝えてもらう

 

好意を伝える方法!ストレートに伝えるべき?好意の返報性とは!?③友人に伝えてもらうという事。

 

①と②の中間のような方法になりますね。

あなたが直接伝えるのでもなく、なんとなく伝えるのでもない方法です。

 

相手の友人の協力が不可欠。相手の友人がキューピットになってくれるか

どうかがポイントになる方法です。

 

したがって、可能な限り好きと伝える相手の友人と仲良くなっておきましょう。

また協力してもらう友人選びも慎重に行うようにしてください。

 

あまり周りに知られたくないのであれば口が堅い人を選べばよいですし、

むしろ周りに知られてほしいとおもうのであればおしゃべりな人を選びましょう。

 

協力してもらう友人が相手とそれなりに仲が良いという事も重要です。

ユウジ
ユウジ
協力してもらう友人は「それなりに仲が良い」人をきちんと選ぶこと。そこまで相手と仲良くない人を選んでもコミュニケーションがうまくいかない可能性がある。

 

好意を伝える方法!ストレートに伝えるべき?好意の返報性とは!?④lineで伝える

 

好意を伝える方法!ストレートに伝えるべき?好意の返報性とは!?④はlineで伝えるという事。

 

こちらはあまりおすすめしない方法ですが、選択肢の一つとしてはありかなと思います。

 

純粋にあなたの好意をlineで伝えてみましょう。

lineコミュニケーションの難点は顔が見えない事。

 

相手の反応だったり、こちらの気持ちが伝わりにくいというデメリットがあります。

恥ずかしい人は使ってみると良いでしょう。

 

 

好意を伝える方法!ストレートに伝えるべき?好意の返報性とは!?

 

まとめ

今回は「好意を伝える方法!ストレートに伝えるべき?好意の返報性とは!?」

というテーマでお届けしたいと思います。

 

少しでも参考になれば幸いです。