夫婦生活がマジで辛い!どうすればいいの?

2020年4月16日

 

今回は「夫婦生活がマジで辛い!どうすればいいの?」というテーマでお届けします。

夫婦生活が苦痛で耐えられないと感じている方は日本において多いです。

 

今回はそんな方に向けた内容となっています。

ユウジ
ユウジ
夫婦生活が辛い、そしてその対処法を紹介していく。

 

コチラもチェック→付き合うのがストレスに感じる理由と、どのように向き合うか

夫婦生活がマジで辛い!辛い理由①相手を男としてみれない

 

夫婦生活がマジで辛い!辛い理由①は、相手を男としてみれないということ。

結婚当初はあれだけ熱く盛り上がったのに、今では鎮静状態。

 

相手を男性として見れなくなってしまったパターンは

相手に問題がある可能性が高いです。

 

特に外見的な部分や「男性性」を感じないところに問題があるはず。

したがって、このパターンの場合は「男性性」を相手に持ってもらいましょう。

 

具体的には「筋肉トレーニング」を相手に提案すべきです。

筋肉トレーニングのメリットは、「テストステロン値」を高め男性らしさ

を増すことがあります。

 

特に下半身の筋肉を重点的に鍛えると効率的にテストステロンが

分泌されます。食事も精の付く食品を食べさせると良いですね。

 

対処法

対処法としては、相手に「オス」化してもらうという事。

ハードなトレーニング、運動や精の付く食事を積極的に摂取してもらってください。

 

とくに男性ホルモンが盛んな人間は仕事のパフォーマンスも上がる

という事ですので、そういった点でメリットを説明するのもいいですね。

 

ユウジ
ユウジ
筋トレは人生を変える。夫婦関係も変える。
ぜひ提案してみよう

夫婦生活がマジで辛い!辛い理由②忙しい

夫婦生活がマジで辛い!辛い理由②は忙しいためです。

忙しさは人から余裕を奪います。

 

今までは相手のことを考えて行動したり、

ベッドの上で優しくしようとしてくれるのは余裕があるからです。

 

忙しく、明日のスケジュールが切羽詰まっている時や、

締め切りに追われていたり、プレッシャーのある日々を過ごす人に

とっては夫婦の時間が質量ともになかなか確保できなくなります。

 

「忙しさ」はすれ違いを生むことになります。

心辺りのあるかたはその点について注意してください。

 

少しでも時間を作り、夫婦間で話し合う時間を作りましょう。

 

対処法

対処法としては「時間的な余裕を作る」あるいは

「心理的な余裕を作る」、この2点です。

 

時間的な余裕を作る場合は、仕事を早く終わらせて

家庭を優先したり、あるいは二人で過ごす時間を

きちんとつくるようにスケジューリングしてください。

 

日本にありがちなのが、家庭よりも仕事を優先する

人が多いという事です。

海外ではありえない価値観です。

 

スケジュールを見直し、家庭と向き合える時間を

10分でも作るようにしましょう。

 

「心理的な余裕」を作ることも重要です。

ストレスを緩和するように運動を心がけたり、

ストレスに効果のある食事をするように心がけて下さい。

 

 

夫婦生活がマジで辛い!辛い理由③相手をしてくれない

夫婦生活がマジで辛い!辛い理由③は相手をしてくれないということです。

この場合は、あなた自身にも問題がある場合と相手に問題がある場合

2つの可能性があります。

 

あなた自身に問題がある場合は自身の外見を見てみましょう。

ボディラインが緩んでいるだとか、輪郭がぼやけているだとか、

外見的な魅力がなくなっているのではないでしょうか?

 

夫婦関係の冷え込みでよくあるのが「相手を異性として見れなくなった」

という理由がほとんです。

 

あなたが女性であれば、女性らしさを磨いてください。

ダイエットや筋肉トレーニング、スキンケア等、

相手が振り向くような魅力的な女性に生まれかわりましょう。

 

またあなたではなく相手に問題がある場合もあります。

浮気をしていたり、他の女性の所に行っているかもしれません。

 

他の異性に気が向いてしまい、あなたに目が行く余裕がなくなっている

という事ですね。

 

対処法

このパターンの対処法としては、「自分磨き」

を徹底することに尽きます。

 

男磨き、女磨きを死ぬ気で頑張ってください。

 

例えば普段食べているものを健康的なものに

置き換えたり、トレーニングをしたり、

運動をしたりすること。

 

相手の「本能」に働きかけるような

自分磨きを徹底してください。

 

夫婦生活がマジで辛い!辛い理由④気持ちがない

夫婦生活がマジで辛い!辛い理由④は気持ちがないということです。

「好き」「愛してる」という気持ちがなくなってしまい、愛が冷めてしまう

段階です。

 

この場合はかなり危機的なパターンで、可能な限り

避けたいパターンです。

 

対処法

このパターンの場合は、できる事のすべてを

行わなければなりません。

 

相手に「オス化」してもらったり、あなたが女性であれば

女性性をより強調するような行動をとっていかなければいけない

ということ。

 

下着をエッチなものにしてみたり、香水をつけてみる、

メイクを変えてみる、服装を変えてみる、努力して体型を変える

など、できる事はすべて行ってください。

 

男性は「外見至上主義」な生き物なので、「いかに外見を変えるか」

という事にフォーカスしましょう。

 

まとめ

今回は「夫婦生活がマジで辛い!どうすればいいの?」というテーマでお届けしました。

相手を男としてみれない、忙しい、相手をしてくれない、気持ちがない

といった原因が問題という事なのがお分かりいただけたと思います。

 

悩んでいる方はぜひ参考の一つにしてください。