ほかに好きな人ができた場合の復縁ってどうすれば?損しないための行動

2021年2月28日

 

今回は「ほかに好きな人ができた場合の復縁ってどうすれば?損しないための行動」というテーマでお届けしたいと思います。

 

「ほかに好きな人ができた場合の復縁方法」「他好きで別れた彼と復縁したいけど、どうすればいいのかわからない」と悩んでいませんか?

 

実際のところ、復縁とはいっても「他好きで別れた彼との復縁」というのはなかなかテクニックがいる復縁の一つ。

 

世間ではあまりないタイプの復縁でもあるため、仲間や同じ境遇の人との認識を作りにくく共感をえにくいのが特徴です。

 

だからといって、難しく考える必要はありませんし、これから紹介する方法を丁寧に実践していけばあなたが望む結果をつかみやすいはずです。

 

「後ろ向きに考えすぎない」「常に実践を意識する」「どうやったらできるかを考える」「失敗を考えない」思考を持ち、主体的に行動していきましょう。

 

ほかに好きな人ができた場合の復縁ってどうすれば?損しないための行動

 

「他好きで別れてしまった場合の復縁」に関しては、注意しておかなくてはいけないポイントが複数存在します。

 

まずは「やってはいけない事」をきちんと把握しておき、そのうえで「絶対にすべき事」をしっかりと押さえておきましょう。

 

復縁全般に言える事ですが、復縁で失敗してしまう人はとにかく「やってはいけない事」をやってしまう事なんですね。

 

まずあなたにやってほしいことは「やってはいけない事」をとにかく集中してほしいのです。

 

やってはいけない事①相手を批判する

 

「やってはいけない事」の一つは相手を批判してしまう事は絶対に避けましょう。

 

そもそも「他好きで別れたにも関わらず、復縁したい」という事は相手にとってあまり良い気分になるものではありません。

 

相手からすると「他好きで別れを切り出されたのにも関わらず復縁したいなんて身勝手だ」と思われてしまう可能性も少なくありません。

 

相手の心情は基本的に「良い印象はあなたに抱いていない」とまずは心がけましょう。

 

そのうえで「相手になめられず、なおかつ怒らせない」ことを意識するのが大事です。

 

やってはいけない事②いきなり行動を起こしてしまう

 

やってはいけない事の2つ目としては「いきなり行動を起こしてしまう」ということです。

 

何も作戦を立てず、雰囲気作りも行わずいきなり行動に移してしまうのはかなりリスクが高いといえるでしょう。

 

先ほどを伝えましたが、相手からすると「他好きで別れたにも関わらず復縁を迫ってくる」ということは相手にとってはあまりうれしい事ではないですし、人によっては怒ることも。

 

だからこそまずは「環境つくり」「雰囲気作り」から始め、外堀を埋めたうえでしっかりとアタックすることを意識しましょう。

 

焦りは禁物で、まずは「相手の気持ちをこちらに向ける」「相手が付き合ってもいいかもと思える距離感を徐々に作る」事。

 

 

やってはいけない事③相手の言いなりになる

 

やってはいけない事の3つ目としては「相手の言いなりになってしまう」ということです。

 

他好きで別れたあなたが相手に復縁を迫るというのはたしかに場合によっては失礼だととられかねないのですが、だからといって「相手のいいなりになる」「相手の機嫌ばかりうかがう」のはやめましょう。

 

男性はそういったあなたの気持ちを見抜き、「都合の良い女」として扱ってくる可能性があります。

 

だからこそ「いうべきところは言う」「きちんと自分をもってあいてと接する」事だけはなんとしても医師kするようにしてください。

 

相手の言いなりになった瞬間に主従関係が生まれてしまい、恋愛関係とは異なったものになってしまいます。

 

まとめ

今回は「ほかに好きな人ができた場合の復縁ってどうすれば?損しないための行動」というテーマでお届けしました。

 

「他好きで別れた彼との復縁」はたしかに一筋縄ではいきません。

 

しかし、だからといって挑戦しないのももったいない事。

 

「他好きで別れた彼との復縁」スキルを一度身に着けてしまえば長期的にわたってあなたの強力な武器となるはずです。

 

恐れすぎる事はなく、「相手をいかにして自分のステージに引きずり込むか」ということを意識しましょう。

 

「あなたの世界に引きずりこませることができればすべてうまくいく」ということは何よりも押さえておいてくださいね。

 

逆にやってはいけないのは「相手に合わせすぎる事」。

 

相手の言いなりになってしまえばあなたのブランド力は下がってしまいますし、下手をすると都合の良い女として扱われてしまう可能性もあります。