仕事を褒める男性の心理って?実は意外な理由

2020年7月12日

今回は、「仕事を褒める男性の心理って?実は意外な理由」というテーマで

お届けします。最近仕事を褒められる事が多いのはなぜなのか、

心当たりのある方はぜひ参考にしてみてください。

 

マナミ
マナミ
最近よく男性に仕事を褒められるのだけれど、これってどういう理由があるのかしら?

 

ユウジ
ユウジ
いくつか理由が考えられる。早速いってみよう。

 

コチラもチェック→職場の先輩の好意を感じる・・・4つのサインを見逃すな!

 

仕事を褒める男性の心理①あなたに好意がある

仕事を褒める男性の心理①は、あなたに好意があるからです。

 

あなたの事が好き付き合いたいと考えているため、褒めること

によってあなたの気を引こうと考えているのです。

 

仕事上での褒めは誰でも行いやすい好意の伝え方であり、

多くの男性が使う手法です。

 

ユウジ
ユウジ
注意点としては、あなただけによく褒めているのかあるいは他の女性にも積極的に褒めているのか否かを判断する必要がある。
他の女性にも褒めているようであればそれはあなただけに対する好意ではなく、ある種打算的な処世術としての褒めかもしれない。
褒めが自分ばかりなのか、他の女性にも褒めているかどうかをきちんと判断しないといけないということですね!
ポン太
ポン太

 

男性の場合は特に関心のある人に対しての態度が非常にわかりやすいです。

 

女性の場合は「建前」を使うのがとても上手でコミュニケーション

能力に長けていますが、男性の場合は「好きな人は好き」

「関心がない人は関心がない」というあっさりした単純な考えなんです。

 

よほどの人でない限りは「関心がない人にはそっけない」

という原則が男性に働いているというメカニズムを頭に入れておきましょう。

 

もし社内恋愛に発展する場合はいろいろな落とし穴があるので注意しておくこと。

 

 

[↓恋愛を上手くいかせたいなら必見の記事↓]

恋愛が上手くいかない時はどうすればいい?

 

周囲の視線が気になる

基本的に社内恋愛は「バレます」。どんなに隠そうとしても

無理です。必ずどこからか漏れることを意識しましょう。

 

なので社内恋愛する際は「知られている」ことを意識し

「知られていること」を覚悟してください。

 

知られていても恥ずかしくないと思えるメンタリティが必要です。

うまくいかなくなった場合に気まずい

落とし穴の2つ目は「うまくいかなくなったら悲惨」という事。

 

どんなにうまくいっているように見えても、たいていのカップルは

必ず別れます。

 

会社の外で恋愛していれば別れても顔を合わせる必要はありません。

心の中で相手の顔がちらつくなるかもしれません。

けれど、実際に会う頻度は少なくなるか、無くなるのです。

 

けれど社内恋愛はそう上手くいきません

必ず社内のどこかで顔を合わせるし、一緒にいたくなくても

一緒にいなければならない場面というのが存在しうるのです。

 

もちろん、別れたことも社内の人たちに知られます。

そういったリスクを覚悟できるのであれば社内恋愛も良いでしょう。

 

 

仕事を褒める男性の心理②あなたに期待している

仕事を褒める男性の心理②は、あなたに期待しているからです。

 

純粋にあなたに期待しているからこそ、仕事で成果が出たときには褒めたり

あなたのモチベーションを高める目的で褒めるのですね。

 

マナミ
マナミ
実際褒められるとうれしいですし、やる気にもつながりますからね。
このパターンも非常に多いんだ。特に部下の指導が上手く、人望のある人ほどこういったあいての長所を伸ばすような手法を好んで使う。あなただけではなく、他の人たちにも褒めているのではないだろうか。
ユウジ
ユウジ

 

例えば相手が先輩や上司といった役職が上の男性の場合

「ほめて伸ばすタイプ」の可能性があります。

 

「仕事をもっと頑張ってほしい」「もっと伸びる」という思いの元、

あなたに対してほめることで業績を伸ばすことを期待しています。

 

見極め方は「褒め」のベクトルが「あなたに向かっているか」

それとも、「あなたの仕事に向かっているか」で見極められます。

 

もしあなたの普段の勤務態度や仕事内容に関して相手が

褒めているという事であれば、それはきっとあなたに期待して

「褒めて伸ばそう」と考えている可能性が高いです。

仕事を褒める男性の心理③ただのお世辞

仕事を褒める男性の心理③はただのお世辞の可能性です。

日常的にお世辞を言う人というのはどんな社会にも存在します。

 

これは様々な理由があるのですが、「処世術」として相手に

なんとも思っていなくともお世辞を言う人は多いです。

 

てきとうにお世辞を言っておけば、なかなか喧嘩やトラブルに発展

することはありませんし、悪い評価もされにくいでしょう。

 

このパターンの場合は、あなたに心を開いてはいないので

あくまでも話半分に聞いておき、そのうえで後述する

「褒められた時にどうすればよいのか」という項目に

沿って対応するとよいでしょう。

 

ユウジ
ユウジ
「お世辞」も悪いことではない。
相手が行うお世辞がどの程度お世辞なのか、本当に思っているのかどうかを確かめるためには普段のその人の態度であったり、

周りに対する態度、裏表があるかないかを見極めよう。

 

仕事を褒める男性の心理④気分がいいから

仕事を褒める男性の心理④は、気分がいいからです。

人は気分が良いときは他人に対して寛容になれるし、優しくなれます。

 

気持ちに余裕があり、気分が良いときには普段褒める事がないような人でも

他人を褒めてしまうのです。

ユウジ
ユウジ
このパターンの場合は、一過性で終わる事がほとんどだ。
こないだ褒めてくれたと思ったら翌日には何もなし、といった具合だ。気分の浮き沈みが激しい人であるとこういった事が起こりうるという事を認識しておこう。

実際に男性に仕事を褒められたら

仕事を褒める理由は様々ですが、実際に男性に仕事を褒められた

後にしておくと良い行動もご紹介しておきましょう。

マナミ
マナミ
あらかじめ褒められた後の対応を決めておくと楽ですね!

相手を立てる

 

「相手を立てる」という行動は特に相手が男性である場合、絶大な威力

発揮します。男性は非常にプライドが高く、自分の名誉を傷つける

ような行為は絶対に避けようとする生き物です。

 

一方で、自らを褒めて称えてくれるような人に対しては男性は悪い

印象を持ちません。自分が褒めた人に対して、褒めた相手から

「OOさんのお陰です」といった言葉が返ってくると喜ぶはずです。

 

また、複数の人がいる目の前で相手を立ててあげるような発言を

するとなおさら好感度が増すでしょう。

 

ユウジ
ユウジ
「目上の人を立てる」というのはめちゃくちゃ最強の処世術だ。
特に職場においては人間関係で人事が決まることも多いので、
役職が上の人に対しては「立ててやる」という振る舞いを身に着けよう。

 

とはいえやりすぎも危険。思慮深い男性の場合は「ほめすぎると逆効果」

なんですね。

 

褒めすぎは「俺に取り入ろうとしてるのではないか」「利用しようとしているのでは

ないだろうか」と思われてしまいます。

 

あくまでも褒めの頻度は相手がどういうタイプの人間なのか、

褒められて不快に思うタイプなのかどうかを見極めること。

褒め返す

褒められたら即座に褒めて返すのも良い手法です。

 

特に日本人は相手を積極的に褒めるような習慣がなく、

お互いがお互いを認めあう雰囲気を作れる人間は

非常に好感度アップに繋がります。

 

一方で、相手に迎合していると思われないように

あくまで常識の範囲内での褒め返しをするように留めましょう。

「媚を売っている」と思われてしまうと逆効果です。

 

心を込めて、本当に思っている感謝を伝えましょう。

ユウジ
ユウジ
「こいつ、俺に媚び売ってんのか?うぜえ」と思われないように。

 

成果で返す

 

男性からの仕事の称賛をお返しするには、「仕事の成果」

で返してあげるのもとても喜ばれることです。

 

「成果」というのは非常に定量的なのでだれが見ても

理解できる指標なため、成果と合わせて「OOさんのおかげです」

と相手に伝えてあげることができればあなたの株も相手の株も上がるはず。

 

人間は「承認してほしい」とどこかで考えているもの。あなたを応援してくれる

人に対してはそれ相応の承認を与えてあげることによって良好な関係が築けます。

 

まとめ

 

今回は「仕事を褒める男性の心理って?実は意外な理由」

というテーマでお届けしました。

 

男性が他人の仕事を褒める理由というのは意外と多岐に

渡るという事が理解いただけたかと思います。

 

あなたが想定していた理由と、紹介した理由とを

見比べてみて実際に現実的なのかどうかを

ぜひ判断してみてください。