職場の先輩の好意を感じる・・・4つのサインを見逃すな!

2020年12月12日

 

 

今回は「職場の先輩の好意を感じる・・・4つのサインを見逃すな!」というテーマでお届けしたいと思います!

 

あなたは「職場の先輩の好意を感じる」と思ったことはありませんか?

 

この記事では代表的な「好意のサイン」について深く掘り下げていきたいと思います。

 

職場での好意を感じる時ってありますよね。今回はそういった好意のサインについて深堀りしていきたいと思います。

 

ユウジ
ユウジ
職場での好意は誰でも経験があるはず。
この記事では好意のサインについてまとめたよ。

 

職場の先輩の好意を感じるサイン

 

職場の先輩の好意を表すサインについては下記を参考にしてください。

 

自分の状況と照らし合わせて、「どれが当てはまりそうか」を考えてみましょう。

 

サインとしてはこの中に必ず存在するので、「客観的に」サインを読み取るように心がけることを考えてみましょう。

 

中にはあえて「女を匂わせたりする」ような遊び人もいます。すぐに「愛してる」なんて言ってきたりも。

 

 

そういった軽い男性はあなたの事を平然と「キープ」にしてきたりするので注意しましょうね。

 

 

職場という文脈で考えるのであれば、「仕事を褒めてくる男性の心理」についても知っておくことで上手に立ち回ることができます。

 

そもそも「あなたが相手とどのような関係を築きたいか」という観点も大切です。

 

興味ない人に好かれるのが気持ち悪い」と考える人も多いはず。

 

合わせて「男性の恋愛対象サイン」と「男性の好意が冷めるサイン」も押さえておきましょう。

 

友人や知人と相談しながら「公平に」考えてみることが大切なんですね。

 

第三者に相談してみるのもベスト

困ったときには第三者に迷わず相談しましょう。

 

ここでおすすめなのが「電話占い」です。

 

プロの占い師による占いは当たると評判で、占いによって人生に大きな転機をもたらした人達が大勢います。

 

気になる方は「電話占いランキング」をまとめたのでこちらを参照してみてください。

 

一人で考えてしまうとどうしても極端になりがちなので、冷静に物事を捉える癖を身に着けましょう。

 

 

本当はサインではなかったのにサインだと勘違いしてしまう事も。

 

ユウジ
ユウジ
「本当にそれは好意のサインなのか」「一人で勝手に思ってるだけではないか」という視点が重要。

 

①視線

職場の先輩の好意を感じるサイン①は、視線です。

 

人間は自分の関心のあるものや興味のあるものに無意識的に視線が向いてしまう習性があります。

 

そういった心理からあなたに良く目線がいくのです。

 

気が付いたら見られていた、あるいはよくあなたと目が合うといった場合は好意があるサインです!

 

マナミ
マナミ
これはよく聞くサインですよね~!

 

ユウジ
ユウジ
非常にわかりやすいサインだな。あわよくば付き合いたいと考えているはずだ。

 

ふとした時に目が合ったり、ふとしたときに見つめられていたなんて時はおそらく「好きなサイン」だと言えるでしょう。

 

相手の好意が気になるときは「視線」を意識してみるのが吉。

 

 

②あなたにだけ優しい

職場の先輩の好意を感じるサイン②はあなたにだけ優しいというサインです。

 

あなた以外の人と話している際は、つんつんしていたりそこまで優しくない先輩があなたと関わるときだけは優しく接してくれるのであれば、ほぼ間違いなく好意のサインだと考えて良いでしょう。

 

 

あなたが可愛くて、愛おしいから優しく接するのです。

 

ユウジ
ユウジ
注意すべきは「本当にあなただけにやさしいのか」どうかを見極める必要があるという点だ。
誰にでも優しくふるまう八方美人タイプの先輩があなたにやさしくしていたりしても、それは好意ではなく処世術の一環である可能性が高い。
あるいは純粋に気分が良いときにあなたが接しているだけかもしれない。

 

本当に特定の人だけにやさしいのかそうでないかはきちんと判断する必要だあるという事ですね!
マナミ
マナミ

 

あなたに「だけ」優しいというところがポイント。

 

他の人と比べて自分がどのような扱いを受けているか」という事を認識してみると良いでしょう。

 

③気にかけてくれる

職場の先輩の好意を感じるサイン③は気にかけてくれるというサインです。

 

常にあなたのことに関してフォローしてくれたり、何かがあった時に一緒になって親身に相談にのってくれたり、ある時はかばってくれたり・・・

 

そういったことをしてくれる人はあなたに気がある可能性が高いでしょう。

 

この世界にはわざわざ他人のために身を犠牲にしたり、時間を使ったりするような人はほとんどいません。

 

みんな自分のことで精いっぱいだからです。

 

それにもかかわらず、あなたに対して気をかけてくれるというのは「あなたに恩を売っといておくと後々得をする」と考えている損得野郎か、あるいは純粋にあなたが好きかどちらかです。

 

 

ユウジ
ユウジ
なぜ、あなたに関心を持ってくれるのか、尽くしてくれるのかをきちんと把握しよう。
そうでなければただあなたに恩を売っておきたい損得野郎の餌食に
なってしまう可能性がある。
その点には何よりも注意しよう。

 

いますよね、恩着せがましい人。
そういうのはダメってことですね!
ポン太
ポン太

 

④良く見せようと振舞う

職場の先輩の好意を感じるサイン④は、良く見せようと振舞うというサインです。

 

特に男の場合に多いサインで、男というのは自分を好きな人に対しては良く見せて気を引きたいと考える傾向があります。

 

あなたの前ではかっこつけたり、なにか荷物を持ってあげようとしたり、あるときにはあからさまな行動を起こすことがあるのです。

 

ユウジ
ユウジ
良くも悪くも男はいくつになっても子供のままだ。
見栄をはったり、自分が一番であることを好きな人にアピールする生き物なんだ。

 

なんだかそれはそれでかわいいですね。
マナミ
マナミ
ポン太
ポン太
好きな人に良い所みせようとするのは、よくわかるなあ!!!

 

⑤頻繁に連絡がくる

職場の先輩の好意を感じるサイン⑤頻繁に連絡がくるというサインです。

 

もちろん仕事の連絡ではなく、プライベートの連絡です。

 

あるいはスマホ上のやりとりでも、あなたを気遣ったり、レスポンスが早かったりする場合も好意のサインである可能性が高いです。

 

マナミ
マナミ
嫌いな人だったら連絡するのもいやですしね。

 

ユウジ
ユウジ
連絡のレスポンスや頻度というのはダイレクトに人の好意を映す鏡であるといってもいいだろう。
もし今まで紹介したサインをすべて満たしているということであれば、あなたに好意を持っている可能性が極めて高いだろう。

 

特に男性の場合、「関心のある事に時間を使いたい」と考えている人が大多数なので、基本的に「連絡頻度」は関心度に比例します。

 

わざわざ「関心のない事」には時間を使おうとは思いません。

 

また、「連絡の内容」にも注目したいところ。

 

「会話の話題」が誰なのかを考えてみるとわかりやすいです。

 

もし会話の話題の中心があなたであれば、相手はあなたに対して好意を抱いている可能性が高いと言えるでしょう。

 

ユウジ
ユウジ
「頻度」と「会話の話題は自分なのかどうか」が大切。

 

勘違いの可能性も

ここまでサインを紹介してきましたが、まず念頭においてほしいのは「あなたの勘違い」の可能性もきちんと認識しておくべきという点です。

 

期待していたけど、実は自分の勘違いだったなんてことにならないようにあくまでサインであることを認識しながら観察しましょう。

 

ユウジ
ユウジ
実は勘違いだったという事は少ないが起こりうる。
したがって、入念にチェックし、勘違いではないか、あるいは本当に好意があるかを確認したい場合は相手の周囲の友人や同僚に相談してみるといい。

 

相手の好意や関心を冷静に捉えるためには、「他の人と比較してどうなのか」「優しいのはその人元々の性格ではないのか」「困っているときに助けてくれるか」が判断ポイント。

 

上記の3点を軸にして、「自分が本当に好意を持ってもらえているか」という事について考えてみると良いでしょう。

 

まとめ

今回は「職場の先輩の好意を感じる・・・4つのサインを見逃すな!」というテーマでお届けしました。

 

 

先輩の好意のサインというものが多岐に渡る事がこれでお分かりいただけたと思います。

 

一番気を付けたいところは「自分だけが特別扱いされているかどうか」を考えてみること。

 

 

「他の人と比べてどうなのか」を意識するとわかりやすいでしょう。

 

ユウジ
ユウジ
「一人よがりな判断にならない事」を気を付ける事。
とにかく「客観性」を意識して行動してみよう。

 

心当たりのある方はぜひ参考にしてみてください。

 

また、この記事では、「絶対に付き合えないと思っていた男性と付き合えるようになった経緯」を告白しています。

 

好きで気になっていたけれど、どうすればいいのかわからない、どうやったら付き合えるのかという事を悩んでいました。

心の中では絶対に付き合いたいと思っていたけれど、付き合えるようになった秘訣についてぜひ読んでみてください。

 

絶対に付き合えないと思っていた好きな人と付き合えた秘訣はこちら