職場の先輩の好意を感じる・・・4つのサインを見逃すな!

この記事は約3分で読めます。

 

今回は「職場の先輩の好意を感じる・・・4つのサインを見逃すな!」というテーマでお届けしたいと思います!

あなたは「職場の先輩の好意を感じる」と思ったことはありませんか?

この記事では代表的な「好意のサイン」について深く掘り下げていきたいと思います。

職場での好意を感じる時ってありますよね。今回はそういった好意のサインについて深堀りしていきたいと思います。

 

この記事を書いた人

 

職場の先輩の好意を感じるサイン

 

職場の先輩の好意を表すサインについては下記を参考にしてください。

自分の状況と照らし合わせて、「どれが当てはまりそうか」を考えてみましょう。

サインとしてはこの中に必ず存在するので、「客観的に」サインを読み取るように心がけることを考えてみましょう。

視線

 

職場の先輩の好意を感じるサイン①は、視線です。

人間は自分の関心のあるものや、興味のあるものに無意識的に視線が向いてしまう習性があります。

そういった心理からあなたに良く目線がいくのです。

気が付いたら見られていた、あるいはよくあなたと目が合うといった場合は好意があるサインです!

ふとした時に目が合ったり、ふとしたときに見つめられていたなんて時はおそらく「好きなサイン」だと言えるでしょう。

相手の好意が気になるときは「視線」を意識してみるのが吉。

あなたにだけ優しい

 

職場の先輩の好意を感じるサイン②はあなたにだけ優しいというサインです。

あなた以外の人と話している際は、つんつんしていたりそこまで優しくない先輩があなたと関わるときだけは優しく接してくれるのであれば、ほぼ間違いなく好意のサインだと考えて良いでしょう。

あなたが可愛くて、愛おしいから優しく接するのです。

あなたに「だけ」優しいというところがポイント。

「他の人と比べて自分がどのような扱いを受けているか」という事を認識してみると良いでしょう。

勘違いの可能性も

 

ここまでサインを紹介してきましたが、まず念頭においてほしいのは「あなたの勘違い」の可能性もきちんと認識しておくべきという点です。

期待していたけど、実は自分の勘違いだったなんてことにならないようにあくまでサインであることを認識しながら観察しましょう。

相手の好意や関心を冷静に捉えるためには、「他の人と比較してどうなのか」「優しいのはその人元々の性格ではないのか」「困っているときに助けてくれるか」が判断ポイント。

上記の3点を軸にして、「自分が本当に好意を持ってもらえているか」という事について考えてみると良いでしょう。

まとめ:先輩の気持ちをしっかりと理解する

今回も記事を読んでくれてありがとうございました。

また、この記事では「分からなかった彼の気持ちに気が付けた方法」について実体験に基づいた話を紹介しています。

「彼の気持ちがなんだか分からない」「なんだかあの人とすれ違ってしまう」と悩んでいるあなたはぜひ参考にしてほしい内容となっています。

「なんだか彼の気持ちが分からない」「なんだかモヤモヤしてしまう」と少しでも思っているのであればぜひ一読してみてくださいね。

→気が付けなかった彼の気持ちに気が付くことができた秘訣はこちら

タイトルとURLをコピーしました