年の差がある場合の正しいアプローチって?

2020年4月16日

今回は、「年の差がある場合の正しいアプローチ」についてお届けします。

年の差カップルは非常にポピュラーなカップルの形です。

 

年の差カップルにあこがれのある方、または年の差の恋愛を望んでいる方に

正しいアプローチをお伝えしたいと思います。

ユウジ
ユウジ
年の差がある場合のアプローチを知っておくことで、余計なトラブルを回避できるぞ。
思い当たる方はぜひ参考の一つにしてくれ。

年の差があるからと言ってアプローチができない事はありません。

 

コチラもチェック→好きな年下男性は諦めるべき?勝利を勝ちとる3つのコツ!

年齢が男>女の場合

年下女性が年上男性にアプローチする場合

年齢が男性の方が高く、女性からアプローチする場合は

相手の男性の自尊心をくすぐるような戦略か、可愛がってもらえる

ような戦略を取りましょう。

尊敬」がキーワードです。

年上男性が年下女性にアプローチする場合

年上の男性が年下女性にアプローチする際は、

包容力」と「余裕」を武器にアプローチしましょう。

若い人にはない「渋み」や「包容力」を武器にする必要があります。

年齢が男<女の場合

年上女性が年下男子にアプローチする場合

年上女性が年下男子にアプローチする場合は、

母性」を前面に押し出してあげましょう。

可愛がってやる感じを出し、徹底的に愛でましょう。

若い子にない魅力をアピールすることが効果的なのは男性の

場合と一緒ですね。

年下男子が年上女性にアプローチする場合

年下男性が年上女性にアプローチする場合は、

若々しさ」を前面に押し出すと良いです。

人間は自分にないものを持っている人に好意をもつため、

素直さであったり、純粋さ筋肉溢れる健康的な身体

アピールしましょう。

 

年の差がある場合の正しいアプローチ①相手を尊重する

年の差がある場合の正しいアプローチ①は、相手を尊重することです。

男女関係の基本的な原則ではあるのですが、年の差カップルはなお重要です。

 

特に男性の場合はプライドが高い生き物であるため、自分より年下の女性に

尊敬を感じられない言動や態度をとられることを非常に嫌います。

 

裏を返すと、きちんと尊敬の念を心から持ち、常日頃から接している事で

絶対的な信頼関係を築くことができます。

 

年上男性はある程度のキャリア、仕事に対してのプライド責任をもっている

のでそういった文脈で相手を尊敬するように努めるのが大事なポイント。

ユウジ
ユウジ
年上男性の場合は絶対にやっていけない地雷を踏むことを避け、
尊敬の念を抱く努力を続けよう。尊敬の念が伝わればそれ相応のものが返ってくる。

年の差がある場合の正しいアプローチ②積極的に褒める

年の差がある場合の正しいアプローチ②は積極的に褒めるということです。

相手のやっている仕事だったり、考え方に対して共感する姿勢を見せましょう。

 

積極的に褒めることによって好感度が増すだけでなく、「自分のことを理解してくれてる」

という安心感を相手が得る事ができます。

 

また、年上の人間は指導的立場に就いている場合が多く「褒める事はあっても

褒められることが少ない」タフな環境に身を置いています。

 

そういった環境にいる彼ら彼女らに対して一言でも褒めてあげる事が

できれば、非常に印象に残る事ができるでしょう。

ユウジ
ユウジ
注意しておくべきポイントは、「お世辞」だと思われないようにすることだ。
ただのおべっかで八方美人なやつだと思われてしまったら効果が半減どころか最悪評価を悪くしてしまう。
常日頃から観察し、常日頃から苦労を共にすることで「本当の賞賛」ができるようになる。
ユウジ
ユウジ
「いつも隣で見させてもらってましたけど、こんな大変なことをOOさんがいつもなさっていたんですね」
「こんなに大変なことはOOさんしかできないです」
こういった「きちんとあなたを見ている」というアピールとともに賞賛を練り込むようにしよう。
なるほどです!
マナミ
マナミ

年の差がある場合の正しいアプローチ③優しくしてあげる

年の差がある場合の正しいアプローチ③は優しくしてあげることです。

相手の立場に立ち、尊敬し、賞賛し、優しくすること。この3つさえ

心がけていればよほどのことがない限りは嫌われることはないです。

 

年上の人は忙しく、どうしても人にやさしくしてもらう経験が少ない

ので優しさに飢えています。

ユウジ
ユウジ
「やさしさ」といってもあなたが考えるやさしさと、相手が考えるやさしさをきちんと把握していなければならない。
相手が考えるやさしさとはなんなのかを事前にシミュレーションしておくべきだ。

具体的には、相手の普段の言動だったり周りにいる人の会話

や雰囲気を察することでその人に対する適切なコミュニケーションを学べます。

相手はどういった場面で「やさしさ」を感じるのか、何を「やさしい」と

考えるのかを想定したうえであなたなりの「やさしさ」を提供しましょう。

マナミ
マナミ
相手の立場に立って考えてあげることが大事なのですね。
独りよがりな善意はやはりいけませんね。
ユウジ
ユウジ
その通り。相手のニーズをきちんと把握してあげよう。

まとめ

今回は「年の差がある場合の正しいアプローチって?」というテーマで

お届けしました。心当たりのある方はぜひ参考の一つにしてください。