遊び人が最後に選ぶ女性ってどんな人?正解はこちら!

2020年7月8日

今回は「遊び人が最後に選ぶ女性ってどんな人?正解はこちら!」

というテーマでお届けしたいと思います。

 

遊び人というのは多くの女性と付き合ったり、浮気を平気でしたりする

男性のことを指します。

 

結婚とは程遠いような遊び人が最後に選ぶ女性は

一体どういう女性なのか、今回はきっちりと分析していきますね。

気になっている方はぜひ参考してください。

 

マナミ
マナミ
あの遊び人のあの人があんな女性と結婚したの?!っていう経験はありますね。不思議というか、どういう心理なのかが気になってました。
ユウジ
ユウジ
こういった点を気にする方は多いだろう。ぜひ参考の一つにしてほしい。

 

コチラもチェック→子供は欲しいけど結婚したくない彼氏の心理って?どうすればいいのか徹底分析!

遊び人が最後に選ぶ女性①家庭的である

遊び人が最後に選ぶ女性①は、家庭的である女性です。

遊び人は遊んでいる事に特化していたため、家事や子育てでつまずく

事が多く、そういった短所を補ってくれるような女性を選びます。

 

また遊び人は感性が豊かで子供好きが多く、いざ結婚し子供が

できると一気に子煩悩パパ(親ばか)に変化する場合があります。

 

その際に家庭的な母がいると家庭としてのバランスがとれ、

子供にとっては良い家庭を作りやすいだろうと考えているのですね。

 

マナミ
マナミ
遊んでいる人って家庭のこととか考えるのですか?
実は若いころに遊んでいる男性ほど、家庭的であったりする場合が多い。「遊びはもういいや」となって、一気にイクメン化する話は良く聞く。
逆に学生時代に真面目で遊んでいなかった男性ほど、大人になってある程度のカネを持つようになると青春を取りもどすが如く遊ぶようになる。家庭があるにも関わらず浮気をしたり、帰ってこなかったりする場合が多いんだ。
ユウジ
ユウジ
ちゃらちゃらしていて何も考えていない風に見えて、実はきちんと考えているのが遊び人男性だ。
いざ結婚すると意外な家庭的さに好感をもつ人も多いはず。
ユウジ
ユウジ
マナミ
マナミ
なるほどです。意外なそのギャップが素敵ですね。

遊び人が最後に選ぶ女性②遊んでいない女性

遊び人が最後に選ぶ女性②は、遊んでいない女性です。

以外かもしれませんが遊び慣れた男性が最後に選ぶ女性は遊び慣れていない女性なのです。

 

ちゃらちゃらしていた女性とばかり付き合っていたあの人が、いざ結婚するとなると

地味で清楚な女性を選んでいたというのは良くある話。

 

ユウジ
ユウジ
①と重なる部分があるが、要するにバランスを保とうとする本能が働くわけだ。

遊び慣れている男性にとっては同じく遊び慣れている女性というのが新鮮味を感じず、

長期的な関係になる結婚というシーンにおいては自分とは正反対のタイプを選びます。

 

また、遊び慣れていない女性も遊び慣れている男性と交際することで自分が

知らなかった世界を知ることができ、お互いにとって長続きする関係を築き易いのですね。

 

ユウジ
ユウジ
もしあなたがあまり遊んでいない女性で、なおかつ「遊び人の男」に少しでも関心があるならそれは良いことだ。

変な偏見に惑わされることなく、しっかりと相手の内面を観察することを心がけてほしい。

 

自分と異なるタイプの異性ってなんだか付き合いにくいような気もしますね。
マナミ
マナミ

 

「磨けば光る地味女性」「地味だけど綺麗で素敵な女性」という方は世の中に

沢山おり、なおかつそういった女性は男性から非常に人気が高いという点がメリット。

 

あとは出会う回数をどれだけ増やすかという事が重要になってきます。

 

 

遊び人が最後に選ぶ女性③高学歴の女性

遊び人が最後に選ぶ女性③は、高学歴の女性です。

 

遊び人は学生時代遊んでばかりで、勉強をおろそかにしている場合が多く(中には器用に勉強もこなす人もいます)

低学歴であることが多いです。

 

遊び人がいざ家庭を持つことになると、自分の家庭をより良いもの

にしようとするために勉強ができる女性を希望する場合が多いです。

 

なぜならばパートナーも勉強ができなければ子供も勉強ができない人間に

なってしまうためです。

 

遊び人は何も考えていないようで、実際はかなり現実的に物事を

捉えているのです。

 

高学歴な女性も遊び慣れていない場合が多く、②と同様に

お互い自分にない部分を補完しあって共存する関係を

望む傾向があります。

 

ユウジ
ユウジ
高学歴女性の方が良い企業に勤めていたり、遊び慣れた男性よりも年収が高い場合は多い。
専業主夫として家庭を守ってくれることに力を発揮する男性は多いんだ。
マナミ
マナミ
そういった家庭も現代的で素敵ですよね。

 

 

遊び人が最後に選ぶ女性④落ち着いている女性

遊び人が最後に選ぶ女性④は、落ち着いている女性です。

 

今まで紹介した内容を踏まえて読んでいただくとおわかり

頂けると思いますが、遊び慣れた男性は自分にはないものを

持っている異性を選択するという事なんですね。

 

したがって確認しておくべきポイントは、「遊び慣れている男」

が結婚するうえで本当に求めているのは「安定」だという事です。

 

「変化」を好んでいた彼らは、「遊び」にある種飽きを感じたため

家庭では落ち着きたいと考えているのです。

 

マナミ
マナミ
なんだか、納得できる部分が多いように感じたわ。
人は自分にないものを相手に求めるのね。

 

ユウジ
ユウジ
その通り。お互いがお互いにないものを補完しあってできた子供は
より良い遺伝子をもつという考えが本能的に備わっているのだといえる。
なので遊び慣れている男性と結婚したいと思う方はぜひこの記事を参考の一つにしてみてほしい。

 

遊び人が最後に選ぶ女性⑤身体の相性が抜群

 

遊び人が最後に選ぶ女性⑤は「身体の相性が抜群」という事。

 

やはり遊び人は遊んでいるだけあって「肉体関係」を重要視します。

付き合っている者同士、「肉体のふれあい」は非常に大切なものだと考えています。

 

遊んでいるからこそ、お互いの肉体関係や身体の波長をとても

重要視する傾向があります。

 

お互いにとってとても重要な行い」であると認識しているのですね。

 

セックスを「ただの性欲処理」とは彼らは考えておらず、

ユウジ
ユウジ
日本においては「性」はどこかタブー視される傾向があり、
なかなか表立ってそういった話をする人は少ない。
しかし「性の不一致」は深刻な問題で、セックスレスは結局お互いの心を離す大きな要因になるんだ。

たしかに海外だと性に対してはかなりオープンですよね。
マナミ
マナミ
ユウジ
ユウジ
むしろ性に対して無関心を装うというのはかなり無理な話だ。
性がきっかけで別れてしまうカップルや夫婦は大勢いるのだから、
大切な問題だし、そういったことを真面目に考えられるのは良いことだろう。

「身体の相性の良さ」を確かめる方法は下記の記事を参考にしてください。

 

参考記事→手の感触が忘れられない。その理由って?

 

遊び人が最後に選ぶ女性⑥自分を持っている女性

遊び人が最後に選ぶ女性⑥は「自分を持っている女性」です。

 

「自分を持っている人」というのは男女関係なく好かれる傾向があります。

ポジティブでしっかりと自分を持っているような女性は選ばれやすいんですね。

 

遊び人はフットワークが軽く、柔軟な発想ができる人が多いです。

それは様々な女性と会っているために思考が柔らかくなるからなんですね。

 

相手に合わせたり、雰囲気や状況を読むような「カメレオン」

性があるのが特徴。

 

したがって、「自分軸を持っている女性」というのは遊び人にとって

魅力的に映りやすいのです。

 

ユウジ
ユウジ
人は「自分にないものを持っている人」に惹かれる。

 

まとめ

今回は「遊び人が最後に選ぶ女性ってどんな人?正解はこちら!」という

内容でお届けしました。

 

「無理やり正解に自分を合わせる」のではなく、「自分の特性を把握したうえで

どういったところを正解に近づけさせることができるか」を考えましょう。

 

心当たりがある方や、今回のテーマについて知りたいと思っていた

方はぜひこの記事を参考の一つにし、自分の生活に落とし込んでいってください。